星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

逆回しの8ミリ、それは過去へのイザナイ

2017年 05月07日 15:41 (日)

とあるヤマ伴さんが第一作とさらばの8ミリを所持しており。
時期的にも8ミリフィルムという映像媒体でヤマトが世に出たのは、
この2作品が最初で最後であり。
(これ以降はビデオにかわっていく)

8ミリといえば、今はもう生産中止の撮影・映像・映写媒体と機器。
オジオジも大学ではこれを駆使して仲間と作品などをこしらえており。
カサカサと音を立てて回転するフィルムに焼き付けられる、
そのセピアな記録と記憶は遠く過去へ逆回しされていく、、、

所持の報を受けて、皆で上映会開催を催促したのは云うまでもなく。
スペックとしては、第一作は三巻セット、さらばは二巻セットだが、
調べれば一巻あたり20分ほどの再生時間たという。

つまりは第一作は計60分、さらばは40分ほどにまとめられており。
またまたここにきて、新たな編集バージョンを再発見というわけ。
(そう、再発見というのは、実は過去に発見したことがわかり)

やりとりをヤマ伴さんとコミュニティにて繰り返すうち、
ふと思い出す出来事があり。。。

確か小学生高学年の折、数十分のヤマト第一作の映像を観た。
(はず)
それは赤い地球から始まり、
ドメル艦隊決戦でいったん幕引きされており。
(遠い記憶では中途半端なところで終わったなと思っており)

そう、、、おそらくこの時観たのはこの8ミリ版ヤマト第一作ではないか。
それも第一巻、第二巻の終わりまでで第三巻を見逃しているということでは。
(なぜ、最後まで観られなかったのかと考えていくうち、またも記憶が覚醒し)

気高き我が故郷のかつてあった地元百貨店(というかスーパー)の催事、
そこでヤマトの展示会をやっていたはずであり。
宇宙戦艦ヤマト ひみつ基地
長年閲覧していいるこちらのヤマトカレンダーのコーナー、
ここにそれらしき記載を発見。

1978年4月6日~11日
長崎屋 宇宙戦艦ヤマト展開催

これであり!!
小学六年生になったばかりだと思うが、
(おそらく、さらば全国公開の前の春ごろ、
全国を巡業していた展示会と思われ)
ガラスケースにセル画の背景などが居並んでいたのを記憶しており。

その会場の奥のほう、
暗幕で仕切られた数畳ほどのスペースで、
この8ミリが上映されたのであり。(間違いない)

第二巻まで観終わった時点で七色星団終了、
いよいよ佳境というところで、帰宅の都合かその場を去ったのか。

公式の展示(イベントともいうべき)に参加したのはこれが初めて。
その後は十数年、三十歳で近鉄あべのの御大来場に参加するまで、
行ったことがなかったのではないか!?

そう考えているうちにまたひとつ、
実はこの翌年の1979年、御船のイベントを訪問していたのであり。
それはまた次回、語ることと。

8ミリフィルム版の記憶が、
過去のイベントとヤマ活(笑)を呼び覚まし。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト2 DVD鑑賞2

2017年 05月06日 21:07 (土)

第二巻には、
第七話~十二話までが収録されており。

◆ズオーダーがアンドロメダの名前を知っている。
(ナスカの偵察の凄さ!)
◆真田サンの説明で、「白色彗星はこのへん」
(このへん!って!!)
◆テレサがヤマト、早く来て的なことを言っている。
(艦名を知っている、そういえば総統とゴーランド禿の通信も全て傍受)
◆アステロイドの回転防御で第一作と同じカットがある。
(煙突情報から爆発の逆行に照らし出される艦橋構造物のカットがある)
◆第10話「危機突破!吠えろ波動砲」で、
「こんなこともあろうと思って」という真田サンの名台詞が聴ける。
こんなこともあろうかと、が決まり文句として有名だが実は唯一この一言だけ。
◆蛍は金属腐食バクテリア
(真田サンの手足は大丈夫だったのか!!)
◆新米君大活躍
(オジオジとしてはやはり、この新米君がヤマト2の象徴的キャラだと)

あとはやはりガミラス戦法というか、
ガトラン蛮族のように数で押す!というのではなく、
戦闘空母が一隻でヤマトを仕留めにきたり、航空戦と仕掛けてきたり、
あの手この手で小惑星に誘い込んで包囲したり、、、
いちいち戦略・戦術にこだわっている!?
ガミラス軍が好きじゃわい。
ガーレガミロン!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

奇跡の八十年代アイドルという軌跡

2017年 05月05日 21:08 (金)

一昨日開催のちょび焼鳥ヤマト。
この二年の間に都合四回開催となった。
次回はまた来年の春ごろかも知れないが、
この世にちょびのある限り、続けていく所存であり。

そのちょびマスター、
焼鳥ヤマトの前々日には明菜さんデーだった模様。
(連日のマニア貸切対応お疲れ様です)
この中森明菜という歌手、オジオジも気高き我が故郷の友とともに、
絶賛応援したものであり。(特にタイプとかそんなんではなく曲がホント良かったね)
近頃は活動も少しずつ再開の方向でこのLP・CDもその一貫と。
YIV-637.jpg


うどん県では今日、
RNCラジオ主催で四国まつり。
スペシャルゲストにはヒロシと早見優!が登場!
おお!ヒロシはともかく早見優は観に行かねばなるまいて。

数曲のミニライブは、
最後の一曲に勿論、夏色のナンシーがエントリー!!
関西の辺境公演の巡業握手会には行ったか、
地方都市の気高き我が故郷のコンサートにも行ったか、
何もかもみな懐かしい、、、

さらばでは久しぶりに映画版サーベラー様の御声を。
(TV版とは違った、随分と可愛らしい印象、声色は可愛く台詞はクール)
その三十数年ぶりと同じくらい久しぶりに、
早見優のボイス、ダンス、パフォーマンスを眼に耳にした。。
そして明菜さんであり。

もういい歳だ、、、
人生最後の二巡目が巡ってきているのであり。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

同志との宴、いと楽し、いと嬉し

2017年 05月04日 20:25 (木)

やきとりヤマト艦載版(関西版)・飛行式(非公式)
宇宙戦艦ヤマト2017 さらば愛の戦士たち、どうなる22Φ2
ヤマトよ永遠なれ!

と、銘打って行われたオフには総勢15名の宇宙戦士が参集。
ヤマト憲法記念日!?に無事開催を決行でき。

序盤の「さらば宇宙戦艦ヤマト」談義から始まり、
中盤の「宇宙戦艦ヤマト22Φ2第一章」談義まで、
数時間に及ぶ談義から終盤の「やきとりちょび」宴会まで大盛況。

ヒミツの第二章以降の展開や、
制作途上の苦労話や裏話やNG話(笑)も。
遠くは北の大地、遙かは南の境地からも多くの参戦をいただいた。

実は前日、
ポピーの沖田艦に人生初のスミ入れを実施。
(ガンダムマーカーでやってみた)

ウオーターシップもヤマトとアンドロメダ二隻を用意。
次回第二章談義があるならば、これにもスミ入れして持ち込みたい。
(素組専用とそうでないのもあるのか、うむむ初心者じゃのう~)

他には、DGシリーズとして出ていたフィギュアや、
広島オフでいただいた無人艦隊フルスクラッチなども同時展示。
さらには去年いただいた古代・雪焼酎や、
ヤマ伴さん自作の沖田レリーフも。(毎回毎回どんどん豪華になっており)

トリタタキはポン酢でいただく。
ハツはタレで串焼きに。
つくねは歯ごたえと香ばしい炭の香も。
トリミンチフライに塩麹焼きも絶品GOO!!
もちろんサラダもドレッシングで。
〆は鶏雑炊ときたもんだこりゃ。

炭火焼鳥ちょぎ ぐるなび
マスターは大のヤマト・スタトレ・プロレス・明菜・宇宙科学ファンであり。
これ、全部オジオジとかぶるのよね(笑)

マスター、また次もよろしくお願いいたします。
YIV-637.jpg
聞けば明菜さんの最新アルバム。
まずLPが出てまさにこの日CDが出たらしく。

そういえば量子力学が今えらいことになっているらしく。
これはまた別記事でUPしたく。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

きりしま リボーン ゆうなぎ

2017年 04月29日 22:53 (土)

原典では、
21741式 宇宙戦艦、地球司令船225号とあり。
オジオジ解釈だが、これは2174年1月か10月に建造された、
地球防衛軍の通し番号でいうところの225番目の旗艦と思っており。

2199では、
2174年に南部重工業より建造された宇宙戦艦と。
同型艦は8艦あり、2199年の時点ではただ1艦の生き残り。
艦首にはヤマトの主砲一門に匹敵する衝撃砲を装備とのこと。
(この段階的というか、リアルな“構築のされ方”がいいんでありんす)

旧作では沖田艦の愛称で知られ、小説では英雄という名前もついていた名鑑。

まだ復活篇もない時期、
このフネ(艦)を基軸に妄想をねっており。
砲身も付き、より強力になったヤマトの留守を守る拡大改良型の沖田艦の雄姿。


2199を観てからは、
かつてパート1の逆を行き、
太陽系残存の弱体化したガミラス軍(正確にはザルツ軍)を、
土方さんの指揮のもと、掃討する無敵新型キリシマを妄想したもの。

ヤマト帰還から3年、
急造防備が必要な地球軍としては、
きっと残存していたキリシマは再利用したに違いなく。

それはおそらく、いや、まぎれもなく、ユウナギのはず。
かつて沖田さんが乗ったフネを古代が引き継ぎ艦長を務めているのであり。。
(2199では正確には艦長は山南、司令として沖田、土方が座乗)

あのユウナギはキリシマなのであり。

2199第一話の地球VSガミラス艦隊戦は衝撃のリボーンであり。
ただ一つ残念だったのは最初の転舵でどっしり感最高だったが、
後半びゅんびゅん飛びすぎ、、、

それが22Φ2ではこれまたびゅんびゅん飛んで、
軽すぎる、、、2199へのオマージュなら百歩譲ってだが、
ちょっと隊列乱して勝手に単艦行動とるユウナギの操艦は理解不能。
モビルスーツぢゃないんだからさぁ…

設定の真実はいずれ、
公式のムック本などで明らかにされるのであろう。。。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

亡霊のダガーム、怨念の岩塊

2017年 04月22日 20:17 (土)

(連邦・帝星共同通信)
パンパカパーン←2199の宇宙ニュースふうに
2202年〇月●日、
8番浮遊大陸奪還作戦が決行されました。

我が地球連邦の防衛軍特別混成艦隊は、
ガミラス軍辺境警備第38任務部隊と連合艦隊を編成、
同要塞を不法に占拠するガトランティス蛮族軍に果敢に攻撃を開始しました。

我が新鋭戦艦アンドロメダの超兵器による攻撃で、
(イスカンダル条約のこともあり、正しく報道されない)
蛮族軍は壊滅、浮遊大陸は再び連邦と帝星のものとなりました。
(実際は捕虜のガミラス軍も大被害、蛮族軍も全滅したわけではない)

では、次のニュースです、、、
(大戦艦の件は省略されて報道されず)

大戦艦、
それは巨大な一つ目の不気味な巨艦、巨漢、、、
かつてヤマッテと初の肉弾戦を演じ、遠き「静謐の星沖海戦」で戦死した、
あの豪傑:雷鳴のゴラン・ダガーム再来か。

隻眼のその怨念は、
死の舞台、静謐の星の門扉のごとく、
神に召された十字の岩塊となって連合艦隊に立ちはだかり。

やらせはせん!やらせはせんぞー!
とはどこかの公国軍の兄弟将軍さながらに、
ほんらっどっこいしょ、と、古代を見降ろした「よくぞ申した、、、」
と同じく、ぐるりんしょっと、前転バーンと一つ目小僧。

「ダガーム都督、生きていたのか!」
と、古代が言ったとか言わなかったとか、、、
後は、じゃんじゃんバリバリ・じゃんじゃんバリバリ花火弾。

「雷鳴だ!これは雷鳴です!!」
と、南部は言ってません(笑)

連邦の新型次元爆縮攻撃、
それにもめげずはあの名調子、
「負けぬー、メガルーダは負けぬ~ぅ!!」
とばかりに針路反転大戦艦!!

あの時に比べれば、
遙かに早く“空間跳躍の航跡”を計算し、
テロン艦を追ってワープだワープ!テロンへワープ!!

それでもやっぱり、
ヤマッテの主砲一撃大命中、、、
大爆発、大四散、大消滅、、、
「栄光を~!!」
大戦艦、アンタはやっぱダガームさんやったのね、、、
(ほんと、22Φ2は大戦艦しか今のところないので(笑))

そろそろ、大一生、もとい大戦艦、
もとい第一章!?感想でもマジメに述べていきましょうわい。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

往き往きて宇宙(そら)、5万5千光年の5年

2017年 04月19日 21:40 (水)

2199が世に出た5年前の春、
この拙ブログも静かに船出を。

その間、
5万5千回のアクセスをいただいた。
(ま、5百回くらは自分のモバイルかも(笑))

往復33万6千光年(旧作なら29万6千光年)
のその旅を完遂すべく、粛々とつづるのみであり。

このペースだと、
あと25年続けることとなり。
あと四半世紀か、ちょうどいいではないか。

人生の愉しみがまたひとつ出来た。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

三本の矢 放てコミカライズ

2017年 04月16日 19:33 (日)

かつて、
そのバリエーションの多さでは群を抜く、
元祖:宇宙戦艦ヤマト(1974)の物語。

TVではスターシャは存命だが、
劇場版では滅びたイスカンダルでホログラム。

ひおあきら漫画版では沖田はガミラス戦の前に死に、
松本御大版では守はキャプテンハーロックとして登場も。
石津版小説では古代と雪は新世代のアダムとイブとなり。

全ヤマト史上、
最も様々な解釈のある、
その物語の楽しみ方は自由自在。

そのバリエーションの一つともいっていい2199。
多くのかつてのヤマトテイストと新たな息吹が織り込まれ。
2199そのものでも、TV版・劇場版・追憶では最終回のユキの立場が違い。

小説でも細かな設定は若干違いも見られ興味津々。
むらかわみちおさんのコミカライズでは漫画ならではのアレンジ多数。
本編を補完したり、時には違う解釈をしたり、その変幻自在は独自の展開で解放。

方舟編も盛り込まれたとしたらあと単行本では四巻くらいのボリュームかなあ!?
更新停滞の状況はいろいろ、、、、
なんとか、無事、地球まで帰還してほしいと。
我々は、コミカライズの、コミカライズの帰りだけを待っている!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

方舟×ヤマト2=!?の方程式

2017年 04月11日 21:58 (火)

昔から、
さらばよりヤマト2だった自分。
先日、ヤマ伴さんが発見した秀逸動画をご紹介。

宇宙戦艦ヤマト 「土星圏総力戦」を再現 再編集版 前編【MMD】

22Φ2の楽しみといえば、
この地球艦隊VSバルゼー艦隊くらいか。

それをなんとまあ、オジオジの中では“シリーズ最高傑作”、
星巡る方舟のオープニングと合体させちまうとは~っ
憎い!憎いぜ!

素晴らしい、、、

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

夢幻航宙艦 あさぎり 佇む

2017年 04月08日 22:06 (土)

うどん県は今朝から濃霧。
港はどうやら停船勧告でフネの出入りはかなり制限。

停船命令ときた日にゃ、
当然無視だ!はフォムト・バーガー。

流石にゲルバデスは来なかったが、(笑)
フェリーのボウ、ボウ、と汽笛も頻繁に。

日本三大水城のひとつで。
この週末が最初で最後の今年のチャンス。
日本人なら花見をせよ、ってか。

HKS-100.jpg
風誘う 花よりもなお 我はまた 春の名残を いかにとやせん
とは浅野の殿様、辞世の句。
家紋も同じオジオジはシンパシー。

HKS-099.jpg
霧にけむ 花に儚き夢思い

霧にけむ 花に儚き夢思い

美しい桜の花も、
霧に煙ってうっすらとしており。
その様子はまるで、
儚く消える抱いていた夢のようであり。

漠然とあったはずの夢。
いつかは自然と辿り着くであろうと思っていた夢。
それはその一ミリも自分の懐に近づいてはおらず。

今年で歳も大台。
一体何をしてきたのか、していたのか、しなかったのか。
そろそろ決めてかかり、夢に向かって生きてみるか、、、
(できるかよ、、、)))

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック