星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2017-10-08 [ Sun ]

星巡る方舟の結城さん原画集。
いいねえ~実にいい、、、

没カットの原画もあり、
・女子クルーからカメラを取り上げる島
・スターシャが地球の未来を憂い、それを聴くユリーシャとメルダ
・警務艦隊へ命令するガデル・タラン
・目覚める沖田
などなど、、、

嗚呼、これらが入った、
星巡る方舟:完全版が観たい~
(企画もかつてあったと記載)
あるいはディレクターズカット版、、、

叶うわけもない願いを、、、
中秋の名月へ、、、

下巻も期待。
2017-10-07 [ Sat ]
1507183336.jpg
マークーロス♪
マークーロス♪
マあークーロおース♪
チャーンチャチャチャチャチャーン~
(ヤマ伴さん曰く、トマホークという機体に酷似らしく)

2017-10-07 [ Sat ]
大宇宙の災禍、
時空間を超越した冒険、
宇宙の歴史との対峙、、、

よりSFチックに、
単なる戦闘ドラマではない、
それは拡がる渦巻きのように、
永遠に終わることのない大銀河叙事詩。。。

そんな広がり方ができなかっただろうか。

スタートレックのように続き物でもあり、
各々が独立した物語でもあり、
といった連続性連結的な世界観で。

2199の閉じた宇宙論から、
単に血気盛んな暴徒集団?の出発は、
全くもって連続した物語とはとても思えず。

また閉じた宇宙論では、
火星沖会戦前編・後編や、
七色星団決戦二時間スペシャルや、
ガミラス・ガトランティス邂逅の物語や、
様々は視点・観点から2199の奥行きが覗かれる。

できればそんな拡がりが欲しかった。
2199が(星巡る方舟で)いったん区切りとなった時、
その土壌が形成され、さあ、いよいよ新世代ヤマトへ!!

という夢と幻は現実のものとなり、、、
寂しい限りであり、、、
2017-10-02 [ Mon ]
9月26日の記事から。
楽只堂

再開の確約。
まだ一年くらいは先の話だと思い。

ヤマト22Φ2がいまのペースで上映されるとすれば、
最終の第七章は2019年二月と想定でき。

ともなれば、モニターデザインの御仕事は、
来年の晩秋から暮れにかけてまで!?と勝手に予想。
無論、記事にもあるノベライズの挿絵やその他関連グッズの御仕事もあろうかと。

それでも物量的には終息に向かう段階であり、
むこうあと一年はまだまだ待ちの段階かもしれず。

でもご本人から高らかに復活の確約を得たのであり。
楽しみにこの一年を待とうと思い。
2017-10-01 [ Sun ]
9月21日の記事から。
楽只堂

モニターデザインは2199から。

今回は考証や検証があまりなされず、
なんとなく画面で格好よく見えたらそれでいい、
という首脳陣の方針なのか、
むらかわさんの熟考したセンスが活かされていないようであり。

勿体ない。
ちゃんとその道のプロに仕事として依頼しているのであれば、
敬意、誠意を持ってその後のプロセスをこなしていくのは必須必至。

変更なら変更でキチンとクリエイターに伝えるべき。
何の変更訂正指示もないまま、いつのまにか変わってしまっている、
というのは失礼千万ではないか。

現場でぼんぼん省略して、(その場でああだこうだと意見がでて)
いーですねーそれでいーですねーとイエスマンで簡単・安易な方向で終わらせるなYO。
クリエイターというのは、それこそ魂込めて作品創ってるんですよ、監督さん。

愛が無い、これ以上の不幸は無い。
2017-09-26 [ Tue ]
青春もうい~ちど~♪
とはトランザムの歌声とともに完結編。

ちょっとクサかったが、もう最後これで完結だというわけで、
まあ、OKだったあの春の映画館in1983年(笑)

第三章、
とうとうそれが来た!?
いや、違う、断じて違う!!

脳裏をよぎるは機動歩兵の国歌斉唱。

よみがえっれー
よみがえっれー
よみがえっれーヤマトー♪

きみよー
はしれー
まだ映画を観続ける~その気があるなら~
巨大な~スクリーンで観ろよ観ろよ観ろよ~♪

銀河の果てまで~とべよ~ヤ~マ~ト
うちゅう~せんかん~ヤ~マ~ト、ヤ~マット♪

EDはキマリやな。
コダイ~、振り向かないで~、、、
2017-09-25 [ Mon ]
ホビージャパン広告切り抜きシリーズ第二弾。
当時はレジンキットの発売告知であり。
その中ではユキカゼを購入。


これは今もまだ積プラとなっており。
もう多分、一生作ることはないのだろうと(笑)

三段空母は高価すぎて手が出なかったのであり。
しかし今からでも捜索・創作の手段あるや!?なしや!?

2017-09-24 [ Sun ]
いつぞやのホビージャパンか。
おそらく90年代と思われるが、それは閑散期。

復活篇の噂さえない、
松本御大のクレジットが付いた束の間の時代。
その時期の模型専門誌の後半モノクロ広告ページの数々。

先日の発見から少しを置いて改めて垣間見。
後方奥のアンドロメダは今や出自不明だが、、、
宿敵2人のフィギュアは御存じメガハウスから。


オジオジ的にはやはり何と言っても、
【右下の)リバティプラネットの1メートル完成モデル!!
これは一度、ヤマ伴さん所持の実物を見たことはあり。

これは欲しかった、、、
いや、まだあきらめてはいけない!!
「あきらめるな!」とネレディ姐さんも言っていたではないか~
しかし、高い、高すぎる、、、
2017-09-18 [ Mon ]
艦隊戦といえばヤマト、
海もの=ヤマトなメカ描写が歴史。

それが作画崩壊、演出稚拙により、
今や機動歩行兵器の専門外である、
艦隊戦表現にも太刀打ちできない状況にあり。

彼らは陸戦だぞ。
御船は海戦だぜ。
超時空要塞は空戦であり。

その海戦専門店が、
陸戦専門店の海戦メニューに負けたのであり。
ある意味御船物語史上、記念すべき月となったのでは。

機動戦士ガンダムヲリヂン Ⅴ(第五章)
激戦 ルウム戦役

かつては、セル画横滑り、
静止画で光線が交差するだけ、
どっかんぴかぴか破裂光が繰り返し。
(無論モビルスーツの格好よさ速さを表すために、
 艦艇は鈍重でなければならない、、、という事はあり)
それが機動歩行兵器物語の水準であり。

それがどうだ。
今日観たヲリヂンはどうだ。
艦砲射撃、光束の残光、爆発の噴煙、
兵士の所作、報告の緊迫感、指揮官の思惑、
ドラマ、ディティール、台詞、キャラ、動き、表情、
艦隊同士の戦闘シーンという表現では完全に22Φ2は敗北。

別に22Φ2をコケ落とすつもりがなくても、
2199を擁護するつもりがなくても、
ガンダムを応援するつもりがなくても、
これは完璧にその表現レベルにおいて完全に22Φ2は敗北。

完膚なきまでに敗北を喫した。
いや、別に勝負をしているわけではないが、
見比べると明らかに技術的に劣っていると言わざるを得ず。

何度も書くが、22Φ2では、隊形も何もない、ゴチャマゼの
烏合の衆のような静止画の艦艇の群れが移動しているだけであり。
ひとり古代の乗艦だけがウリャウリャと飛び回る、、、
(艦隊決戦としてありえない)
それに比べれば今日のルウム戦役はマトモな艦隊戦だったと。

着弾、爆発も細かい。
もわん、と風船みたいに膨らんで四散するガミラス艦なぞ、
手抜き表現の極みとしか思えぬ、、、

やるなヲリヂン。
おそれいった次第。

いや、これはこれで安彦さんの、
時代遅れも恥ずかしい大げさな人物描写や、
今現在に通用しないギャグのセンスなど問題もあり。
だがそれはまあ、許せるだけの全体のクオリティがあってのこと。
(ヲリヂンは全編をやる、という噂もある、それはそれで恐ろしいものを観ることになり)

2199とて、
第一話後半のびゅんびゅん飛び回る沖田艦はいただけない。
今日観たヲリヂンはいたってフツーのレベルであり、上記を含む、
2199の第一話艦隊戦には到底及ばないのであり。

それにも関わらず、
その程度のヲリヂンにも22Φ2第一話は敗れ去ったのであり。

しかし安彦さん、
(演出の一部過多な個所は除くとしても)
自ら描き起こした原作ヲリヂンをほぼそのままアニメにして、
さぞ大満足な晩年でしょう=幸せでありましょう

そしてガンダムに対する、
作り手の、理解と愛と、やる気と情熱が感じられ。
魂込めて、好きな作品を、素晴らしく取り組んでいると感じられ。

申し訳ないが、
今の22Φ2にはそれは一切感じられない、、、
物語の最初の入り方があまりにもアンチョコすぎたのでは!?
練って練って練って、、、
いや、まだそこまではいうまいて。

さあ、来月。
これを観てからの22Φ2第三章鑑賞ともなれば、
一体オジオジの目には御船物語最新作はどのように映るのか、、、

もはや、これまでか。

ヤマト2最終回:藤堂長官
新たち中盤:デスラー総統(声優、同じ(笑))
2017-09-06 [ Wed ]
プリンプリン物語は人形劇や昔。
記事タイトルの台詞は1980年前後だと思われ。
当時、劇場版やさらば、ヤマト2がリリースされた頃。

台詞では同時に999と思われる、
宇宙を進む蒸気機関車のイラストも一緒に。

フェアリーダ―(艦首上部)の形状からして、
第一作の御船を参考としていると思われるが、
このイラスト元ネタはどのシーンのヤマトかわかるけれども、
このイラスト、一体誰がどこで描いたのか、、、

貴重なり。
ヤマ伴さんがどこからか拾ってきた、
フェアリーダ―の考察については次回、、、
それでは、らた毎週、ガーレガミロン!!

«  | HOME |  »

2017-11

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
437位
アクセスランキングを見る>>