星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

たそがれに、雨と市音とヤマトの調べ

2014年 08月30日 10:48 (土)

たそがれコンサート2014最終日。
この日は宮川彬良さんが来阪され、ヤマトも。

開始一時間前(五時半)くらいから結構な雨。
行列も先週に比べたら倍ほどの長さになっており、
流石、彬良さんが来るということで!?
(以下、彬良さんのMCは「 」(カッコ)つきで記載します)
「なんとまあ、関西の人はこんなに音楽が好きなんだ、と」

土砂降りの中、入場開始。
果たしてこのまま続行なのか!?というくらいの雨。
市音のメンバーの方々も座る人にはタオルでイス拭きの献身サービス。
「皆さんのご来場前、彼らはイスを拭いていたのであります!」

前半は港区の中学校吹奏楽部の合同演奏。
後半から彬良さん登場してのやや“巻き”の入った進行で。

このあたりですうーッと雨が小雨になり。
一時は本当に止んでしまったというほどの霧雨に。
彬良さん、登場してのまずは一曲目、コスモタイガー!!

このコスモタイガー、2199始まってからワンダバ入りで聴いていたけれども、
先日のサマーフェスティバルでは久しぶりにワンダバなしで聴くことができ。
なんかワンダバも面白かったが、やはり無いほうがいいような気がして。

続いてすぐヤマト主題歌へ。
まわりの皆さんも大きく手拍子。
市音ファンとおぼしき人、中学生の御父兄など様々。
オジオジのようなヤマトファンは少数派だろうけれども、
こういう感じでごく自然にヤマトが演奏されていくことは素晴らしい。
「ヤマトを演奏するたびに、平和のことを考えます」

「みなさん、よく耐えられましたね(雨)」笑←流石、つかみはオッケー
「捨てる神あれば拾う神ありじゃあないんですが」
自分とヤマト、2199公式からもちかけた市音支援の経緯を説明。
でも提案したのは本当は彬良さんだと思う、、、
「このTシャツはね、ヤマト乗組員のデザインなんです」
ここで周りの人からへえーと。←市音ファンか御父兄の方々ですな、きっと。

「もちろんヤマトに乗るときはTシャツじゃあないんですけどね」(笑)

すーだら節、ゲバゲバ、と演奏は続き
(わかっちゃいるけど~♪やめられない~)のくだりは楽器連奏で説明。
このあたりの、ね!音楽って面白いでしょう!?というパートは重要ですな。
フィナーレはマツケンサンバ!!

去年はたそがれで彬良さんを見れなかったので。
さあ、今日も彬良さんだ!
昼から抜錨!
いざ福山へ!

関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント