星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2014-08-18 [ Mon ]
毎年行われているというリーガロイヤルホテルのサマーフェスティバル。
今年はそのコンテンツの中にヤマト2199がエントリーすることに。
三日間のフォトを中心に全七章で劇場版のようにご紹介。
さあ、今振り返る真夏の祭典!!ヤマト祭り!!
今回はメインの御船に絞って。。。


京阪中之島駅改札すぐにホテル入口。エレベータを登ればそこは一階ロビーへ繋がる回廊。
その手前に早くもこのような案内掲示。


玄関は荘厳。ホテルマンが車を出迎えているがこの扉を開ければそこはロビー。
荘厳なロビー階、初日は既に“戦隊ショー”目当ての家族連れが大行列。
オジオジにとっては、“船体ショー”のほうが気になるわけであり。


入口は事前の段階で展示もあったロビー奥の一階反対側スペースにあるエレベータ、
まさにここはヤマト祭へ向かうゲシュタムゲートと言えよう!!


2階の奥に奥ゆかしく、、、ヤマトワールドスペース。ハッキリいってわかりにくい!!
が、本能で辿り着き。初日最初は一階ロビーでショコラ待ちのヤマ伴さんをまず発見。
(なんと整理番号1番、2番!しゅ、主砲だ!)オジオジも一つお願いしてから突入していった。

艦種識別票。BBYは戦艦ヤマトの意。

子供心に不思議だった宇宙戦艦の文字の書体。
そうそう、これって手描きだったという事実はつい最近知ることとなり。


白色彗星!?いやバランの太陽と御船!!
上質な空間のホテルという一室に静かに佇む御船ただ一隻。
シャンデリアの光受け、照り返す艦橋構造物、艦体の稜線、ヤマトよ君はかくも美しい。


ヤマト発進!見上げて似合うその姿。。。


いやーん、お腹丸出し~ぃーん


公式製作の百分の一、全長3・3メートルのヤマト。
ディティールは2199バージョン、砲身が意外と太く力強い印象。


このあたりの後ろ姿が最もセクシー。
ご一緒したヤマ伴さんも、この角度が一番好きなんですよ、と一言。
そう前パースもいいが遥か彼方へ飛び去るようなどこか哀愁を感じるこの後ろ姿こそ、
宇宙戦艦ヤマトの真骨頂であり。


最後は“星巡る方舟”のポーズで。

ゲール閣下には美しくないと言われた御船だが、
そのプロポーションは限りなく美しく、史上最もエレガントなテロン艦といえよう。
「一つ確認したい。これはテロンの艦か、ヤマトとかいう。」
(え?使者なのに曖昧なまま来たん?メルダ…親衛隊めぇっ情報隔離したか笑)

次回 第二章 展示物との葛藤へ続く
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2017-07

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

◆航続距離(光年)

◆拙画廊

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
366位
アクセスランキングを見る>>