星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

将棋と2199、待ったなし!

2014年 08月12日 13:33 (火)

「日本史の謎は地形で解ける」文明・文化編。
面白い。武村公太郎著 PHP文庫

後半に将棋の歴史にまつわる話があり。
世界に様々将棋に類似したゲームがあるが、
日本の将棋だけだ相手の駒を取り入れて味方として再利用できるという。
(そうか、それは日本将棋独特のものだったのか)

観るともなく観てしまった、
星巡る方舟のキービジュアルポスター。
そこには御船とともに戦闘空母が背景に。

これだけでもう新たなる旅立ちではないか。
それ以上は特に入り込まないようにしているが、
正しく昨日の敵は今日の友、相手を味方にして新たな敵に立ち向かい!?

まさに将棋のような展開、2199。
そういえばオルタとアナライザーは将棋していたな。
(この時の将棋の駒数が実際と合わないというツッコミがあるようで)

昔流行ったシミュレーションゲームで、ベルリン陥落後のドイツ軍と
西側連合軍部隊が迫り来るソ連軍を共同で迎え撃つというのもあったな。
弱体化したガミラスは滅びずとも、最期は“大砲”で「やってくれた」ヤマトと伴に。

その構図は懐かしくもあり、素晴らしくもあり。
果たしてどんな展開になるのか!?

ふさがれた波動砲に、
頼りになるガミラス艦隊同伴は頼もしい。
メルダ、どう絡むのかなあ、ディッツのオヤジ船に行く前なのか後なのか。
初めからいてトリサンのシーンは別にいつでもいい本編だったのか。

やはり気になる。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント