星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

溶け込み、染み込み、きっと200年後

2014年 07月01日 20:28 (火)

今ここに、平成の世に、宇宙戦艦ヤマトという楽曲あり。

それは本編で奏でられ、
多くの人の耳と心と脳裏に残像と…。
それは繰り返し本編で流れ、映像と共に流れゆく。

プロアマ問わず、多くの場面でそれはの“宇宙戦艦ヤマト”。
韻聞けば、「ウチュウセンカンヤマト」~うちゅうせんかん…やまと。
そのなんと透明感ある語呂廻しであろうか、響きであろうか。

今や誕生から数十年。。。
最初の出だしが高貴な管弦楽であったこともあり、
ついには吹奏楽の定番となり、合唱の定番ともなり。
最近ではFOESTAのDVDにも収録されることとなり、
BS-TBSの合唱でもつい先日取り上げられたばかり。

こうして歌い継がれ、聴きつがれ、
それはきっと数世代のち200年後の世界でも…
きっと古典として演奏・合唱・合奏されていると信じて。

出来る事なら…
その時にまた生まれ変わり、ヤマトあるその時代に接したい。
その時まさに昔想像の2199年!まさにその時であるならば!!

次のヤマトリメイクは、2199年にやってもらいたい。
200年も未来なら、諦めもつくというものであり。
そう、オジオジは2199こそヤマト完結編だと思っているが、
それは単に自分の知らないヤマトがこの先作られることに我慢できないだけ、
かもしれない、、、

そう、これから先、あと何年生きるかわからない。
自分の知らないヤマト新作が出来るのが我慢できない。
ヤマトがあるならそれは全て知っておきたい小さき狭きこころ。
ヤマトよ、どこまでこのオジオジに取り付いているのか!?

ひおあきらさん漫画の第一作最後の見開き最後の一行コピー、
これこそ“~宇宙戦艦ヤマトの物語…宇宙戦艦ヤマト”そのもので。

あと生きて数十年、いつか息絶える。
ヤマトよ200年後にもまた会えると信じて!!
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント