星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2014-04-11 [ Fri ]
風さそうふ 花よりもなほ 我はまた…

桜に想いよせ、
思い至ること多し。

今年はまともに“桜”を観られておらず。
ここ十数年であの咲き誇る生命力の下を歩けない年となり。
天気のローテーションが悪かったなあ。

雨が二回降り、風の日もあった。
さあ満開の週末だというその日は既に葉桜で。
散る花びらも少なくて、桜吹雪もあまりなく。

モノタランなあ。。。
日本人たるもの、春はあけぼの、春はサクラなのであり。
サクラ咲くは合格で、桜散るは死をも意味して。

桜花、さくら弾、なぜこうも切ないネーミング。
死に魅入られた、恐怖うずまく地獄の時代の狂気なのか。

年末年始という一年の終わりと始まり。
仕事人にはもう一つ“年度”というものがあり、
学校の卒業や入学とともにそれは“もうひとつの”年の暮れと明け。

震災の子らも、それぞれの三年を過ごし。
この春に新しい出会いと別れもあったろうねえ。
十代の頃の三年という比重は、それはそれは大きいだろう。

先日、桃柿育英会主催の安藤忠雄さん事務所近くに。
あの基金での活動も四年目に突入した、あと六年続く。
(十年コースだからねえ、伴に歩むか)

去年の大河ドラマ“八重の桜”のオープニング良かったなあ。
最後、桜色の傘が草原に咲いていくカットが忘れられず。
あのように、いつか彼の地にも桜と花見が戻っておくれ。

桜吹雪といえば時代劇の定番だが、
先月の終わりに“松平健・川中美雪特別公演”を観劇。
いやあ、なに、もう10年前になるマツケンサンバⅡ(トゥー!)以来、
愛媛・広島・大阪と合計五回目になるかなあ。

新歌舞伎座も二年振り。
前回は賀来千賀子さんとの共演で。
今回も一部は時代劇、二部は歌謡ショー。
今度は謎の新曲サルサのマツケンサンバ4(ってジャンルが汗)…

「はい、お兄ちゃんこれ食べ」アメちゃんもらう。
お姉さんありがとう。(もうオッチャンです申し訳ない)
「パンフレット買うたん!?ちょっと見して~」
(はい、どうぞ)完全に圧倒されてしまい。(笑)
オジオジくらいの観客は少なく年配のお歴々が多くおられ。

いやあマツケン相変わらず“ザ・レビュー”やわあ。
マツケンサンバⅡ!あの時2004年、まさか同じ宮川彬良さんで
其ののちヤマトが聴けることになろうとはねえっ!!

大阪に戻り、四年が経った。
早いもので愛媛に居たあの八年の、もう半分同じだけ時間が経った。
これからの四年もあっという間だろうねぃ。
そうすればとうとう五十路を突破する。
未知の世界=ハテナ!?

千田琢哉さんという人の本を気づかず二冊買い。
どちらもまあ似たり寄ったりで同じことが書いてあり。
時間=時こそ命、一分一秒たりとも無駄ではなく、無駄にするなと。
確かにエレベーター待ったり、行列に並ぶ時間は人生浪費。
しかーし!御船の為ならばその行為はとたんに正当化。

新しい時代が始まり、
古きしがらみは時間と共に過去となる。
WOWWOWで録画できた第一章を観る。
かすかな希望、そこにブルーオーシャンはあるか!?
辿り着いた女神の星は我が故郷、青い星と同じ、敵も青い種族。

毎月11日は震災関連備忘録として想い寄せて。
イカン、思うところ多すぎ、まとまりがないまま今回は終わるか…。。。

冒頭、雨を嘆いたが、
そうだ“春雨”!濡れていくのもいいけれども、
年末以来すっかりご無沙汰じゃあ!(じつぁ居酒屋で)
いつ行くの!?今でしょ!!

…春の名残を いかにとやせん

翌日追記
原発再稼働へ加速。
70年前は戦争で、今度は原発で…
はぁ~情けない、、、
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2017-07

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

◆航続距離(光年)

◆拙画廊

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
366位
アクセスランキングを見る>>