星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

わが心のアントニオ猪木

2014年 01月08日 19:43 (水)

特集によってはたまに購入。
G spirits今回は「続・金曜夜8時の新日本プロレス」
(ちなみに前回の同特集も購入していた笑)
いやあ懐かしい、夢と男の闘いのロマン。

黒ショートパンツ、黒シューズは昭和の香り。
幼心にプロレスの象徴。よく意識もしなかった幼少。
再びブームでタイガーマスク盛り上がる毎週金曜夜八時。

正直そこで、少年オジオジは素早い光の虎・佐山タイガーマスクより、
数年前に記憶の奥底でどこかに観ていたアントニオ猪木に釘付けに。
あれは猪木だ!アントニオだっ!長い顎!長い揉み上げナックルパート!

バッドニュースアレンにブチ込む“怒りの鉄拳制裁”ダァーッ!
いつぞや週刊プロレスに掲載されたグアムかハワイかの海辺の道端で、
公衆電話をかけているポーズ(を雑誌記者にとらされた!?)写真が格好良かった。

猪木さーん!!
タイガー、維新軍、マシン軍団、ソ連軍、UWF、リングス、平成維新軍、NWO、
藤波無我、Uインター、闘魂三銃士、ああ懐かしや。

旧ソビエトのアマレスラーを招へいしたり、
モスクワや平壌やイラクでプロレスの試合したり、
(中国やハワイかグアムでもやってたなあ)特に平壌でのリックフレアーとの試合。
プロレスファンなら一生に一度は観たい、夢と浪漫の対戦カード。
まさか実現するとは思わず嬉しかったなあ。

タバスコとか超伝導機械とか、
朝鮮政策とかいろいろボディプレスも自爆なことも多いけど。
かつての参議院選挙、スポーツ平和党、よくわからんが二回も投票し。

今回も比例代表では猪木さんに入れたと思う。
党とか政策とかなんとかよりも、猪木さんだからねえ。
でもこれがまた、朝鮮へ単独突撃外交はらしくもあったけど、
ものの見事に今回は外してしまうという、正に闘いのワンダーランド。

猪木さん、それでも貴方を応援し。
かつて馬場さんが亡くなった時、会社を休み。
全日本プロレスの愛と華あふれる世界観もアリはアリ。
一度だけ地方の駐車場での興行でナマの馬場さんを観たなあ。
それもあってか亡くなった時は寂しかった。

逆に猪木さんにもしその時が来ても、多分会社は休まない、不思議と。
だって、そんな時が来ても、猪木さん、ひょっこり「1、2、3、嘘ダ―ッ!」
と、叫んで生き返りそうだし、、、

昔、プロレスごっこをイラストレポートしており、
勢い余って猪木さん艦長の宇宙戦艦の漫画を描きそうになった。
一話完結で最後はいつも白兵戦(というか格闘戦!?)へ。
さすがに設定が荒唐無稽だったので設定だけで辞めたけれども笑


おじいさんになったけど、たまにTVで拝見する、
スーツに赤タオルの御姿は何にもかえられなく恰好いい。
赤コーナーより、燃える闘魂、アントニオ猪木選手の入場ぉですっ!!
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント