星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

愛と青春の出で立ち

2013年 11月23日 23:47 (土)

目の前に、(アリオ八尾で)
“ささきいさお”大権現が居た。
御歳とは違和感のあるくらい、しっかりとした体格。
「皆さんこんには。ささきいさおです」万雷の拍手・声援!

バックルの大きい輝くベルトに、
真っ黒いパンタロン、シルバーのジャケット。
お馴染みのロカビリースタイルは永遠に不滅。
「ステージ暑いね、水は飲みすぎるとすぐ汗になるから少しだけ」

重低音の御声は健在。
まずは銀河鉄道999(だったかな)から。
続いて銀河鉄道物語。(あんまり歌わないから…と前節で)
「松本先生の続編で鉄郎がメーテルと別れてまだ旅を続けているという」

間違うのはライブの醍醐味であるから、
他のアニソン歌手のようにカンペやモニターは使わないと。
ここで拍手、いやあ流石で。それでこそ御大であられます!!
「メドレーは次がどんな歌詞か思い出しながらやってます」

「ためしてガッテン!」の記憶訓練の話とか、
前回二年前にこのアリオ八尾に来た時の話とか、
「あの時は外のステージだったんだよね」

ロボットメドレー(グレンダイザ―、ダイモス、ゲッター)
巨大ヒーローメドレー(ウルトラマン~セブン~ザ・ウルトラマン)
戦隊メドレー(ゴレンジャー、ジャッカ―、デカレンジャー)
「自分で考えるけどうまくつなげるにはいろいろと苦労するんです」

隣にいた御婆ちゃん。
(といっても大権現と同い年くらいかなあ)
もう大興奮の大声援でしたわ…凄い凄すぎる。。。(負けた笑)
「(お返しに)手を振る余裕がないときは緊張している時です」

観客席は150席が満席。
ショッピングセンターのイベントスペースなので三階にわたる各フロアからも。
総勢で300人くらいは鑑賞できたんじゃあないんかな。
「一曲ごとに温かい拍手をありがとう」

一つキーを間違うと、うまくごまかしてどこで正しいキーに戻すとか、
昔覚えた歌は忘れないけど最近の新しいのは記憶回路ができてないとか、
司会の女性曰く、楽しい脳科学講座も。
「まあ、どうせ俺が一番さきに老いぼれるんだけどさ」

流石百戦錬磨、随所に笑いも多数発生。
手拍子する家族、今知ってすぐCD買う男性。
勿論CD買ってサイン権利ゲットーしており。

最後は“宇宙戦艦ヤマト”一番・二番!!
音楽は全て生演奏ではないけれどもそれでも最高!!
「来年も新作があるようで、ハリウッドもどんなヤマトなのか楽しみです」

サイン権利のチケット持って緊張の一瞬。
「ほとんどヤマトですが、ずっと応援してきました」
「ここ数年で何回か直にお会いでき大変うれしく思います」
「今日はありがとうございました これからも応援しています」
一方的にしゃべってしまった、、、
握手・サイン・会話・目線・邂逅、、、、、

正直なところ、涙腺崩壊している昨今。
ロボソングあたりでもう泣いてしまった。。。
ヤマト主題歌に至ってはもう天にも昇る気持ちだった。
(ああ、葬送曲はやはり、この曲でないとオジオジは成仏できないだろう)

まさかこんな大阪の田舎のショッピングセンターで。
このイベントを教えていただいたマイミクさんに感謝感謝。
これでヤマト2199発進式以来、三回お会いすることができたのかな。
「あとどれだけ歌えるかわかりませんが、頑張りますよ」

元気をいただいた。愛と青春の出で立ち、夢と浪漫の邂逅。

包装やケースでは消えるので、
ジャケットなどでお考えをという。
(司会の女性がヤマトCDは背景が黒いので)
第三艦橋横に。これはお宝、今日から家宝になる。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

2013年11月24日 09:21

こういうイベントは大阪方面が多いような気が・・・?勘助様が行動的だからそう思うのかな?羨ましいです~

2013年11月24日 17:02

2曲目の銀河鉄道物語!珍しい!かなり希少価値~。
実は大好きなんで羨ましい~。
ED曲がいいのですが「銀河鉄道は遥かなり~♪」のOP曲ですよね^^
こっちのアリオにも来ないかな…。

Re: タイトルなし

2013年11月24日 19:44

なんせ無料で一時間ですからね。オイシイですよ~。今後も細目にオッカケしないと笑

Re: タイトルなし

2013年11月24日 19:47

銀河鉄道物語はEDと仰ってました。
なんでもヒカリという漢字が読めない字を使うとかなんとか。
非常に神秘的なリズムでしたねえ。
巻頭でもショッピングセンターに行かれてましたよ~