星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

支援!新たなる旅立ち

2013年 08月11日 07:59 (日)

毎月11日は震災関連備忘録。
東北から避難し関西在住の子らを支援するような、
そういったものがないかと思っていた今日この頃。。。

先日早退をした際にTVで紹介されていた、
“こどもデザイン教室”に興味を持ち。
http://c0d0e.com/cde/
想いとドンピシャではないけれども。

支援が必要な子供達のデザインを世に送り出し、
そのロイヤリティが子供自身の生きる糧になる活動。

海外の里親制度は値上げもあって現在は一人。
震災遺児関連は毎年春の10年積立を今年も済ませ。
そろそろ新たな活動を模索していた折でもあり。

この“子どもデザイン教室 広告デザイン事業部
有限会社 綿屋デザインファクトリー”は市内が本拠地。

オジオジの務める会社とうまくすれば、得意先を巻き込んでの
コラボレーションへ向けてプレゼンテーションが出来るかも!?
それでこそ、この仕事を続けてきたやり甲斐もあろうというもの。

今度是非、事務所に伺おう。
新たなる旅立ちのヒントが舞い込んで来たのだ。
これにはきっと何か意味があるはずだ、“神のお告げ”!?
思い立ったが何とやらだ!いつやるのだ!?今でしょ!!

PS
先日「風立ちぬ」を観た後。
トイレに行く夫婦(60代半ばかなあ?)。
男性は目が不自由で進路もおぼつかず。
右ひじを貸し、誘導をしてあげた。結構これも勇気がいる。

お子さんはいるのかな?オジオジもあっという間にあの歳になる。
子が居ないというのは、こういうある種不安感にもさいなまれる。
でもそれは、自ら選んだ人生だ。
「生きねば」


関連記事

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント