星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

響け夜空に!主題歌「宇宙戦艦ヤマト!」

2013年 07月28日 08:49 (日)

「宇宙戦艦ヤマト!」が主題歌なのであり。

大阪市音楽団たそがれコンサート。
毎年夏の週末行われる無料の音楽イベント。
去年は一度訪れたけれども悪天候で中止となり。

一昨日は喜連中学の奏楽部と海上自衛隊呉音楽隊。
呉ならば、真夏の夕暮れ、暮れなずむ。。。(涼しくなった?)

呉の音楽隊ならば!やるでしょう!やりますよねえ!
きっとヤマトやってくれるでしょう!!と勝手に独断と偏見で!!

行きますか?行きますよね?
前半は喜連中学の奏楽部演奏会。
コンクールの出場曲も披露され(実に上手!)前半終了。

後半は呉音楽隊の登場!
紹介役の女性団員がさながらプロのアナウンサーレベルでトーク。
そして一時間くらいをたっぷりといろいろ聴かせていただく中で。

いよいよ四曲目。たそがれの時、波高し!
ついに来た!我らが御舟賛歌“宇宙戦艦ヤマト”!!
主題歌バージョンで低音の男性団員が朗朗と歌い上げ。

なんでも、呉では出航する艦船を見送る際は、
この“宇宙戦艦ヤマト”を演奏し思いを込めるのだそうで。
進行役の女性団員が言っていて特に印象的だったのは、
「必ずここへ帰ってくると」の歌詞に特別思いがこもるとの事。

真夏の夜空の下で、、、
宇宙戦艦ヤマトがナマ演奏されている。たそがれには飛行機雲。。。
素晴らしくまた泣けた。。。

場内手拍子で一番、二番を盛り上げて。

こんなヤマトの伝統OP主題歌だ。
なぜこうもいとも簡単に、唐突に急に、
この偉大な主題歌を変えてしまったのだ!!

あれだけ劇場版で変更問題の時に反対意見があったではないか。
わかります、わかります、そりゃあ、、、、、
よいろいろ作品ネタにしていろんなアーティスト売るの。
だけれども、それで作品の世界観を破壊するような露出は避けてほしい。

今度の“UVERworld”というアーティスト自体に文句はない。
彼らは仕事としてオーダーを受け、それをプロとしてまっとうしただけ。
(ただオーダーの中身が問題かもしれんが)

オーダーは知る由もないが、
ヤマト音楽のピラミッド構造を全く理解せず、
世界屈指の楽曲ヤマトサウンドとは無関係な指示だったと推察。
でなければあんな曲にはならないだろう、、、

今度のことでアーティストのキャリアを汚してはいかんし、
彼らからもヤマトファンを悪く勘違いされるのも避けたい。
おっちゃん達はそんなつもりで文句いってるのではない。

素早く入れ替わるカットは曲にあわせてビュンビュン映る。
映像素材としてだけ観ればこれはこれであり得るが要は世界観が、、、
かつまだ登場していないカットもあってそんな編集映像でいいのかな?とも。

違う!断じて違う!(今のOPは)間違っている!
と、まずは速報で感じたところを記事にしてみた。
(この件はちょっとじっくり考えて続記事にしないと)

たそがれの野外会場は雰囲気抜群。
この景色で主題歌「宇宙戦艦ヤマト」の演奏は最高のひと時!!

プログラムと即席団扇。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント