星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2013-04-28 [ Sun ]
パート1・TVシリーズと2199比較入門編。
ブロ伴さんからアドバイスあり=後半しんどいですよー!
(た、確かに!!)

新作第四話:氷原の墓標
旧作第六話:氷原に眠る 宇宙駆逐艦ゆきかぜ!
初回以来、一話分同士でボリューム的にイコール。

1:舞台の星
新作はエンケラドゥス。旧作はタイタン。
どちらも土星の衛星。氷の星。タイタンは活火山もあることが、
旧作放映後にボイジャー探査などで科学的に判明しているので、
氷原を表現する為に衛星変更か。

2:立ち寄りの目的
新作はエンケラドゥスからの救難信号と修理用のコスモナイト90採掘。
旧作はコスモナイト採掘。(こちらも修理用=波動エンジン伝導管損傷)
新作では以前作業された跡地。旧作はガミラスの作業跡ぽい!?

3:ガミラス戦力
新作はパトロール艇104号にヤレタラが乗組み。戦車一台。
新作は強襲揚陸艦デラメヤ級、戦車は二種で数台、しかも自動兵士。

4:ヤマト側編成
旧作は古代・ユキ・アナライザーと真田チームが競争する。
新作は古代・ユキ・原田が救難信号探索、真田・榎本らが採掘へ。

5:ユキカゼの状況と戦闘
旧作は外観のみでコンタクト。(やったかな)
ヤレタラの戦車と格闘戦、アナライザーも大活躍。
新作は艦の中まで捜索、一名の遺体を発見するも無論絶命。
この状況でガミラスの襲撃が始まる、山本玲も出撃し、ピンチを脱す。

6:古代とユキと、ユキのポテンシャル
旧作でのユキは生活班ということもあり、“兵士”ぽくない。
新作ではガミラスの自動兵士を蹴り倒して脱出などユキ強し。

7:古代と沖田そして真田
生存者無し報告と沖田の無念と古代の想いの交錯は新旧ともに。
真田の敬礼とそれを見る新見の姿は、中盤戦への大きな伏線に。

2199TV放映を観て思うのは、
20分少しを目いっぱい使っての凄い情報量なので、
余韻の“間”が無く、旧作のような“しっとり感”は皆無。

開始の五時前に、沖田艦長の声で2199このあとすぐの予告あり。
TVCMは沖田艦長バージョンで、「バカめ!」が面白くアレンジ。
今回も次回予告は無し。あと何日も無し。

冒頭のナレーションよりも、
(あまりにも簡単にまとめすぎている内容なので)
次回予告やあと何日をやってもらったほうがいいなあ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2017-10

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1064位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
504位
アクセスランキングを見る>>