星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

英雄の丘に敬礼を

2013年 03月12日 23:31 (火)

納谷悟朗さんがお亡くなりになりました。
思えば2199発進直後の去年四月、真田さんの青野武さんが逝き。
そのほぼ一年後に今度は艦長が。。。

あまりにも悲しすぎて。。。
正確には五日の日にお亡くなりになっておられ。
ニュースリリースされたのが昨日で。

ああ、艦長、沖田艦長!!
旧作パート1第一話での強烈な印象から、
そしてテロップでは常に最初にクレジットされ、
“実は”の主人公は沖田十三その人であったと言っていい。

絵コンテや作画のテクニックもあるけれども、
旧作パート1の発進前のあのドアップの表情は忘れられず。
=アニメで“目は口ほどにものを言う”を実感した

ルパンの銭形警部、ナウシカの剣士ユパ、
数々のナレーションや吹き替え、舞台などなどなど。。。
数え上げたらキリがない。

思えばヤマトは夕日のイメージ。
旧作パート1:夕日のヤマト
旧作パート2:夕日の英雄の丘
(“新たなる”も夕日の英雄の丘)
2520の先代ヤマトや2199のヤマトカモフラージュも。

夕日を浴びた銅像とともに走馬灯。
そして復活篇の雨に打たれる銅像に真田さんだけの敬礼シーン。
そのお二人は、もうこの一年で永遠の旅に旅立たれたのだ。

納谷さんの御声に、演技に、台詞に、その意気込みに。
どうか安らかにお眠りください。
2012-001.jpg
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント