星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

MY劇場版第一作

2013年 02月19日 19:37 (火)

見返して思うに古代の沖田への不信がない。
そこは割愛されていて淡々と過ぎる二時間半。
(意外と2199的な展開でもあり)
もし自分ならどんな編集にしたかなあ。。。

とにかく二時間半しかないので、
ドラマは沖田と古代+ユキに絞る!
島ごめん、真田さんはピンチヒッターに徹してもらい笑
古代が沖田への不信を払拭し、成長していく物語しかない。

冥王戦での沖田と守のいきさつはもちろん、
「どうして兄さんを連れて帰ってくれなかったんですか!艦長っ!」
まずは、スタートとしては必須ですな。

徳川から窘められる古代も必要、
タイタンでのゆきかぜ遭遇も必要、
冥王星基地攻略の流れは物語上外せないか。。。

太陽圏との別れで沖田との確執が少し雪解け?するシーンも。
(その分、ワープや波動砲はもう台詞一つで済ませるワリキリ!)
古代の両親や昔の守とのシーンも必須。。。これは魅せ方として、
太陽圏離脱シーンの“砂嵐”を観る古代の脳裏に甦るシーンとしてもGOO。

ドメルも七色星団だけになるのだけれども、
沖田の手術や古代の艦長代理へのシーンなどは、
どこかで挿入しないといけまへん。=アルファ星などは位置かえてしまう?

ガミラス決戦は必要だけれども、
イスカンダルのシーンはあえてのスターシア死亡編でもいいのかも。
そのほうが何かリアル、そしてラストは古代のあの一言で。
「地球へ向けてしゅっぱあーっつ!!」

ここでギュインギュインと帰っていくヤマトが延々映るけど、
その先は宇宙空間で。(地球はあえて出さない)帰れた?帰れなかった?
が、ハッキリしないけど“希望”のあるラストシーンで。。。
編集したくなってきた。。。(そんな技術も機材もないけど(^^;))
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント