星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2012-10-30 [ Tue ]
むむむ、ムーンライトファンタジー。
白くもやや黄味がかった輝く光の反射。
秋の夜長の月明かり。

昔から月という天体はとても神秘的で。
オジオジがチビの頃から宇宙や天体、自然や科学に興味を持ったのも、
この“月の神秘”を身近に感じてきたからかなあ。

月齢満月の前夜の新聞記事に。
直径三千キロの衝突跡が月面にあると。
39億年前に、直径300キロの小惑星が激突したそう。

月探査機「かぐや」の観測データを、
つくばの研究チームがまとめ、ネイチャー・ジオサイエンスへ発表とのこと。
この衝突のエネルギーで広範囲が溶けたことによる、鉱物の分布で判明。
(らしいですわい)
昔から月の表面で地球に向いた側は海と呼ばれる平らな土地が多く、
裏側(地球と反対側)は丘陵が多い状態だけれどもこれには様々な説が。

昔の図鑑では表側は地球との長年の引力の影響で地殻変動が起こりやすい、
その為、岩石が生成されては熱を帯びて溶け、海という部分が多かったとか。
いまやこの説よりも、今後は小惑星衝突説のほうが有力になっていくのか。

焼け溶けた月の表面といえば、以前このブログでも触れた、「ヤマト2」で
ズォーダー大帝閣下の超巨大戦艦の艦砲射撃で火の玉と化した姿が。(^^;)
「さらば」では下部巨大砲の砲撃で飛び散った岩石がヤマトに雨あられと。

地球再建も大変だったろうけれども、
月面基地とか月面復興もさぞ大変だったことでしょうな。
「ヤマト2」が続編への分岐点とするならば、あれだけ溶けたらツンツルテン。
確かにその後、月面基地とか月に対する描写はほとんど復活篇まで無かった!?

むむむ、ムーンライトファンタジー。
秋の夜長に宇宙戦艦ヤマト考察またひとつ。と。

関連記事

コメント

初めまして

かぐやは月面に眠らされましたのに、彼女の遺したデータは、まだまだ新しい事を示してくれるんですね。
嬉しいです。
私も、月に話しかけるロマンチストな乙女でした(過去形也)。
一番身近な天体ですものね。

ところで、サントラ、良さそうですね!
私はもちろん旧作をLPレコードで所持している世代ですが、2199のも拝聴してみたくなりました!
さっぱり感が今風なんですね?(笑)

これからもお邪魔させて頂きますね。よろしくお願いいたします!!!

Re: 初めまして

ようこそいらっしゃいませ。

月の神秘は長年いろいろと。
28日周期で13回=364日なんですよね。
これに一日記載しない日を足して365日がマヤ暦らしいです。

来年も月食があったりするはずですが、月の神秘は、
古来、人々の記憶とDNAに引き継がれているのかな、、、ですね。

いいですよ2199サントラ!!
是非是非お勧めいたします!
こちらこそまたお邪魔します。
今後ともよろしくお願いいたします!!(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2017-08

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1007位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
492位
アクセスランキングを見る>>