FC2ブログ

ドメラーズの系譜、その一子相伝、秀逸と誕生。

ドメラーズ三世。

かつてパート1(初代宇宙戦艦ヤマト)、
ドメル将軍がバラン星へ赴任した際に使用した超巨大旗艦。

流線型のガミラスデザインは松本御大真骨頂、
ガミラスらしからぬ薄鈍色の艦体色は正に旗艦の証。
その名も、改ガミラス型一等宇宙戦闘艦ときたもんだこりゃ(歓

そのあまりの格好よさに、
メカコレクション化への希望ハガキを何度も出したもの。

以下畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
2199でゼルクードを観た時、
こりゃあ、艦橋分離するわwとは男子メカ好きなら瞬時理解。

ドメル円盤型旗艦をまんまその艦橋デザインとしたのは秀逸、
(元ネタは 新立ち のガミラス戦闘空母かと思われ)

デスラー戦闘空母その艦橋、まさに初代パート1のドメル円盤なり。
そこからの発展再構築が、
今回のゼルクード艦橋ではないかと思われ。

旧ドメラーズ三世は今回ゼルクード級という戦闘旗艦となったわけだが、
御船とのその大きさ比較は旧作よりもかなり大きい。
2199で沖田とドメル最初の対決でお互い艦の舷側をぶつけ合ったあの激突勝負、
そこには男と男の意地とメンツとぶつかり合い!!

このゼルクード艦橋となった、
旧ドメル艦の大きさは2199御船の大きさから計算され。
2199御船の大きさはかつて旧作パート1の初期設定から導かれ。
(2199御船大きさは333メートル全長)

そこから逆算されたゼルクード全長は720メートル相当。
かつての御大デザインをリファインし、艦橋は旧ドメル円盤となり、
(分離、離脱は 方舟の冒頭バンデベルの脱出劇でも再現され)
そのスタイルの秀逸と威風堂々は、2199設定で希少な艦種として成立。

かくして、
ドメラーズ三世という旧作のいわば地味艦だった巨大戦艦は、
ゼルクード級として再生し、ゼーリック、デスラーの暗殺ドラマの舞台ともなり。

見事なる誕生と再生であり。

関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント
◆ようおこし♪
ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…

…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)
◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
◆カテゴリ
◆航続距離(光年)
◆リンク
◆波動コアキー
QR