第三章オープニングで“別バージョン”ついに登場!!

12日(金)は歓送迎会。
酔い覚めあらぬまま第三章へ出撃。
はじめての劇場限定版BDゲットを狙い。
数的には余裕があったようで今後も大丈夫そうかな。
(大阪ステーションシネマ、うむ、新しく広くて綺麗やな)

限定版特典は絵コンテ付とのことで、
あの岬百合亜ちゃんの絵柄はその絵コンテの表紙だった。
てっきり過去のユリーシャやユキもBDパッケージだと思い込み。
別パッケージでなく、絵コンテの表紙やったんね。。。
(この絵コンテ、一話分ですが全話分でないかなあ笑!?)

劇場には30人くらいの同年代。(ほとんど男性、たまに女性)
劇場が増えたことで分散したかな、従来の初日の満員感はなく。
(特に今回のスクリーンは巨大で500人相当入れるのでは!?)

そんな中、隣の指定席に座った男性が上映直前うたたねを始め、、、
これは目覚めない時は起こしてあげないと。と思いつつ無事覚醒され。
(良かった)数組若い世代も居たかな、観終わったあとは親子連れも。

グッズ展示が凄いことになっており、皆さん大人買いも。
真剣にリストとにらめっこする少年も居ました(^^)
私は劇場のお姉さんから二度つけ禁止ならぬ“二度買い禁止”
予告を受けながらその限定版BDのみを買い。(プラモは次回か他で)

っで!
上映中流れたオープニングは今までになく余韻が長くなっていた!

ので、帰宅後すかさず、BDでチェック。
(そうか劇場限定BDを買うということはこうしてすぐ観られるということだ)
すると第十話でそのロング余韻バージョンが登場!!=しかもイントロあり!!

旧作パート1は(ヤマト大事典によると)16タイプものオープニングが存在。
(イントロの有無や歌詞表示の挿入タイミング、効果音有無などの組み合わせで)
その踏襲というかこれからいろいろ数タイプやってくれるのではないか!?

あの“余韻”で大マゼランに吸い込まれていくヤマトの後ろ姿はいい!
旧作では暗黒の宇宙空間にスーッと消えていくように透明感もあったけど、
あの雰囲気がようやく甦った!(第二章まではけっこうブッタギリで余韻なく)
となるとやっぱりオープニングは“あの歌”でないといけないと改めて。
とにかく最低でもイベント上映期間中はあくまで現状主題歌維持でお願いします。

さて、初の限定版BD入手状態ですが、
やはり一章につき三回のノルマは果たしたく。
来週末に一回、それまでに平日どっかで一回かな。

関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント
◆ようおこし♪
ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…

…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)
◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
◆カテゴリ
◆航続距離(光年)
◆リンク
◆波動コアキー
QR