FC2ブログ

中トリ総括 今の現状…その悲劇と絶望 屍

まんが映画をアニメというジャンルにし、
かつ、同時にどのジャンルにも属さない唯一無二、
宇宙戦艦ヤマトというカテゴリー、、、

そして御船はガンダムに引き継がれ、
エヴァンゲリオンが孫となって生まれ出て、
御船はその一時代と共に役割を終えたのであった、、、

それは時代の健全は趨勢、これには何の嫌悪感もなく。

カンタンに唯一無二を考えてもいい。。。

例えばガンダム。
似て非なる類似型がいくら派生しても結構。

例えばウルトラマンや仮面ライダー、戦隊ものでもいい。
毎シリーズでよく似た少し違う主人公デザインが延々と何世代も続く。

駄菓子菓子、
我らが御船:宇宙戦艦ヤマトが、
毎回よく似た少し違うデザインでちょいちょい出てきても!?
それはありえないでしょう、、、、

四半世紀待ち、
やっと観たのが復活篇、、、
四半世紀待ってこれかよ!?と正直思ったが、
これは新しい御船なのだと言い聞かせ(違うよな)と思いつつも全力応援!!
今思えばこれが狂信的・盲信的な状況とでもいうのか、、、

さらに強まる世間の目から、
ここで奇跡ともいえる、これにすがる!これなら大丈夫!
そう思ったのが、ついに登場した2199だったのであり。。。

以下畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
かつて、火中の栗を拾うとブッチは言った。
あのタイミングで進めなければ今、この世に2199は無いであろう。
ブッチの2199には感じるものがあり。

1:決して続編を想定しない、ヤマトを終わらせるための物語
2:ヤマトはイスカンダルに行って帰ってくる話が全てであるという信念
3:旧作当時、ジャンル全体をランクアップさせた圧倒的な存在感を、
  この目の肥えた時代にどう再現するか!?といった創意工夫
4:固持、妥協、改変、踏襲の葛藤、苦心からの現出
5:自らの趣味と実益を兼ねた(笑)拘りの発露

しかしそこには、
旧作スタッフ陣が、世間の続編批判にもめげず、
プロとしての最大限の仕事で成し得た遺産に対する敬意があり。
作品が始まる前にも、そのように立ち居振舞ったのであり。

駄菓子菓子、、、
今はどうだ!?これはなんだ!?
ほぼ半世紀に近くなろうとしている間、
一日たりとて忘れたことのない御船への想いを、
めげずに続け、ついに2199でその実に久しぶりの発露を愉しんだ生粋が、
(事前に復活篇や実写版の存在でジワジワをキテいたのは確か)
敢然と完全にバカにされているとしか思えぬ数々の、、、、、

1章 幼児向け戦闘演出
2章 支離滅裂旅路開始
3章 公開心中と意味不明禅問答
4章 詐欺設定と教祖降臨

ラブラブ古雪でお涙ちょうだい~
行け行けロボ登場でほらイマドキアニメに!!
デカいペイント戦艦大量コピペで無限物量大作戦~
(おいおい、御船の物語を何か取り違えてないか(笑))

こんな薄っぺらい、
旧作、前作のウケの良さに胡坐をかいた、
作り手の好き勝手で御船知識も無い、勘違い解釈をして、
わけのわからない複合体のような薄気味悪いモドキ御船、、、

そんな次章、第5章はもう目の前にその後悔を控えており。

関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント
◆ようおこし♪
ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…

…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)
◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
◆カテゴリ
◆航続距離(光年)
◆リンク
◆波動コアキー
QR