FC2ブログ

三種の神器 瓦解その3 「もう艦(ふね)は無いのか…」

昭和の日によせて、、、
大戦末期の陛下の御言葉をご拝借。。。

ガミラス戦以前のそれは旧式沖田艦。
2199でも見事にリファインされたキリシマ型宇宙戦艦。
それはガミラスとの遭遇で一気に前時代の代物と化した世代に。

それに?!
ワープが可能となった設定と。
どう考えても江戸時代の村上水軍ごとき帆船に、
原子力エンジン搭載したようなものであろうにその世代間ギャップ。
img_mecha_3.png

以下たたみます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ガミラス戦は10年には及ぼうかという長期戦。
その中で多くの人員が失われ、地球艦隊軍人も大消耗したろうに。

その再建がてら、
新型艦船はかなりの自動化が進んだであろうが、
人手不足の中でなんでわざわざ運用に人手もかかる旧式艦を!?
わざわざ手間のかかるエンジン換装などせずとも、
時間断層よろしく10倍時間利用でいくらでも新型艦で楽できように、、、

しかも!?
第一章、第一話でのあの演出ていたらく。
何のために出てきたのか全く意味の解らぬ再登場。
こんなメカ(設定)の使い方をしているようでは第五章の艦隊決戦も知れたもの。

アンドロメダの変態非行もとい飛行も、
大気圏内でのあの高度でのワープなぞ、
観客席全員死亡であろうに、、、

180機搭載!?可能な篇泥空母しかり、
250満席もとい万隻集まって何したいのかわからん無能艦隊しかり、
ミサイルばっかり打ち出して強さのかけらもないミサイル艦、、、
戦車無き陸上を、同じカタチをした火焔直撃型戦艦メダルーザのコピペ再登場。。。

まったく宇宙戦艦ヤマトという物語の、
メカ描写の主幹でもある艦隊群、戦闘艦種の数々の、
思いもよらない、理解不能な、重量感もなにもない演出の数々、、、

ここで格好いい!!
と思わなければどこでそう思うよ、という大事なところは全て失敗中、、、
いよいよ艦隊決戦があろうかという第五章、煉獄変という。

廉酷変といこうか(笑)
その、予告観るや、後半戦の大予想を次回から、、、
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント
◆ようおこし♪
ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…

…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)
◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
◆カテゴリ
◆航続距離(光年)
◆リンク
◆波動コアキー
QR