星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2017-12-17 [ Sun ]

昭和の新日本プロレス視聴者なら、
その手があったか、新旧世代闘争の“アングル”、、、
ま、その話はまた折々として今日は、ナウリーダーでもニューリーダーでもない、
フェアリーダ―に注目、、、

これ、とあるヤマ伴さんからいただいた拾い物。
よく研究されており。

フェアリーダ―とは一般情報によると、船舶・艦船のロープなどを、
(港と自らの導線を確保するためだと思うが)保護する金具・装置、とあり。

そんなに船が好きならどうして船に関する仕事につこうとは思わなかったの!?
とは相方、、、

そうオジオジ、自らの人生とか計画的な将来とか、
そんなもんは結婚するまで真剣に考えたことが無かったのであり、、、
もしちゃんと考えていたら、三菱重工業とかで護衛艦建造したかったなあ(笑)

それはさておき。。。

以下、長いので畳みます↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓









まずは第一作。
これはもう、誰が何と言おうと戦艦大和であり。
あのフェアリーダ―のライン、
金の鯱のような伝統の造形美とでも。
その意匠性はとても印象的であり、主人公ヤマトの顔であり。
オジオジ的にはやはりこれが一番か。

続いてさらば~新たなる。
続編になって、綺麗に洗練されたなといった当時の印象。
ただ、第一作のような厳つさがなくなったので迫力不足。
艦体色もグレーの軍艦色からブルーになりスマートな御船に。
(と、当時は思ったもの)

スタジオぬえ の描いたヤマトのフェアリーダ―は、
実は二作目に近く。(艦体はあくまで第一作の筋肉質な潜水艦のようなフォルム)
この、スタジオぬえのイラストヤマトは秀逸、宮武さんかなあ!?

次に永遠に~Ⅲ。
フェアリーダ―の正面から側面に回り込むあたりの角度が、
より直線的になった印象も当時。
(板橋さんがリファインしたので、多分に直線的な全体フォルムに)
しかし当時、この錨マークはいただけんかった、、、

さらに完結編。
錨マークは取れてほっとしたのを憶えており。
完結編は戦艦大和沖縄最後の出撃になぞらえており、
カタチは第一作にもどるべきではあったが、、、夢かなわず山河あり。

ここまでで旧作は終わり。
10年の賦とはよくいったもの。
10年のあいだに御船の姿形も時代の変遷、時の移ろい。

このあたりから長きにわたる地底潜伏期間が始まり。

PSゲーム版は寸詰まりとはよく言ったもの。
小ぶりで少々迫力に欠けるが小さくまとまり。
初の本格的CGヤマトと言ってもよく。

ただし、このPSゲームの前に、
ヤマトCGカレンダーや艦内案内ソフトヤマトが存在し。
ここは当時のチラシを所持していたはずで捜索~発見した折には。

CRヤマト2は二作目の印象。
CRヤマト3は三作目のように錨マークも。
この両方は波動砲砲口がぬぼーっと縦長でちょっとのっぺらぼう。
印象としては観たことのない、新しい解釈とでも言おうか、、、

そして原点回帰!?
復活篇は第一作のように波打つフェアリーダ―も復活。

この復活篇にはその前の数年、エナジオ版の水色な着色のヤマトもあり。
この水色ヤマト、実は戦艦大和に一番酷似したフォルムを持ち。
おそらくKB氏のデッサンではないかと推測しており。
(主砲塔の付け根は布地っぽくいかにも戦艦大和)
そのときの水色ヤマトのフェアリーダ―は第一作以上に大和大和しており。

きました実写版。
かつて松本御大は艦首形状に曲線の砲口はありえない、
直線的な六角形などになる、といっていたが、(確かに御大の漫画版は六角形砲口)
その解釈も取り入れつつ、アニメ版の残像も大事にした、実写版。
(フェアリーダ―そのものは二作目に近い薄い鉄板型)
その融合した波動砲口がなんともリアルであり。

ついに、ついに辿り着いた、
2199~星巡る方舟デザインの御船ヤマトフェアリーダ―。
美しくも力強く、精悍な細マッチョの我らが御船リデザイン。
第一作に敬意・畏敬を込めた、一子相伝・正統後継の御船造詣はこのことぞ。
宮武氏に確認もとり、承認を得た、まさに偉業!!な艦首フェアリーダ―の美術工芸。

最後は22Φ2版。
その2199版をかつての さらば版 のようにスッキリ上だけ可変した、、、
いいとこ取りしようとして、どっちつかず、元デザイン崩壊、承認無視の不細工造形となり。
よわよわしく、恰好わるく、艦体色とももはや合っておらず、、、
どうせなら全く違う解釈でイチからいや、ゼロからデザインやりなおすべしであったと忠告。
あまりにも安易に可変しすぎた、その罪は重大であり。

フェアリーダ―のヤマト世界では20年ほど、
現実世界ではその倍以上の年月の変遷を。
ここに無いバリエーション含めここはひとつまた、HPなどでまとめあげ、提示してゆきたく。
(いつの話になることやら(笑))


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wakayamato2012.blog.fc2.com/tb.php/1611-5838caa2

 | HOME | 

2018-06

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
520位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
249位
アクセスランキングを見る>>