星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

オマージュの果てにあるもの

2016年 12月25日 23:04 (日)

あの“さらば”のビジュアルオマージュであり。
おしりデッカチヤマトちゃん、
古代とユキのツーショット。

どうしても“さらば”を連想し、
その悲惨な終盤と悲しいラストシーンが想起され。


そういえば昔の安彦さんのイラストでは、
古代の目は達観し、ユキのそれはまるで死人のようであった。
(物語はまさしくその通り進行し、衝撃のラストシーンへと)

今回は、セル画タッチの古代と雪なので
まだ生命力が感じられる、そう、血が通っているのであり。
そうだ!ヤマトは生きているのだ!
そして、必ず此処へ還ってくるのだ!

あ、全七章セットも買わないといかん。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ああ、そうか!!

2016年12月26日 20:11

>古代の目は達観し、ユキのそれはまるで死人のようであった。
ああ、そうなのだ。
あれは死人の目だったのかもしれない・・・そうハタと思いました。
まず、
あのポスターの二人は、絵柄が映画と違うなと思って、あまり好きではありませんでした。
それにしても、なんだか好きになれなかったんです。
第一艦橋でのあの時の二人のイメージなんだろうけれど、勘助様が仰ることを聞くと確かにそうですよね。

松本零士さんが描く二人の同じような絵があるのですが、少し微笑んでいるので、そっちの方が希望に満ちた顔をしているので、私は好きでした (。>_<。)。 あ。安彦さんのが好きだったらすみません m(__)m。 

Re: ああ、そうか!!

2016年12月27日 00:29

当時、スタッフや声優には疎くて。

ガンダムを観たあとに、あ、安彦さんの絵だ。
と気づくくらいでしたのですよ。

安彦さんの絵は好きですが、
どうもヤマトには合わない気がします。
ただ、さらば~のラストシーン近くは彼の作画ですし、
なんとなくその古代が可愛くて好きでもあります。。。

松本御大のヴァージョンは、連載の漫画の中で出てきましたね。
安彦さんの絵を観た後だったのでいつもの御大の神秘的な目線が印象的。
でもこれを観た時なおさら安彦さんのユキの目がマネキンのように観えました。。。

そこに来て今回の結城さんデザインのセル画基調、、、
作り手が盛り上がるのはいいのですが、置いてけぼりになりたくないですね、、、
今はとにかく第一章に乞うご期待ってかんじですかねー(笑)