星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

松本零士・牧美也子 夫婦コラボ展

2016年 09月15日 21:18 (木)

行ってきた。
(9/11・日)

YIV-600.jpg
いたるところに、縦型横型のポスター。
大阪方面からは阪神電車で魚崎まで、そこで乗換。
ポートライナーでアイランドセンター駅までの乗車となり。

YIV-601.jpg
思えばこの 振り向き美人スターシャは二種類あったのね、、、

展示はまずは、
男おいどんや初期SFもの、そして宇宙戦艦ヤマトのコーナー。
数メートルはあろうかという超巨大タペストリーが2種。
(スターシャと、ジュラ編に出てきた冒頭の強制パースヤマト)

セル画も一部展示あったが、
この春だったか東京で開かれた、松本零士展でも同じものがいくつか。
今日観た中ではヤマ伴さんも言っていたが、謎の横長パノラマセル画があり。
絵は明らかに続編(旧作でいうパート1以降)だが、中央には沖田艦長の姿があり。
(ということは完結編だが、どう考えてもあのようなシーンはない)
左右に太田や南部らが居て、何かに驚いているようなカットだったが、、、

あと、売店で売っていた旧作ポスターは7種全部ゲットー。
さあ、これで旧作のヤマトポスターはいくつまで補完できたろうか、、、
(ここでも謎がひとつ、ヤマトよ永遠に のポスターに 永遠にヴァージョンヤマトが追加
されているようであり、、、これもよく調べないといけぬ)

YIV-602.jpg
二時からはとなりのホテル一室で御大のトークショー。
■おいたち
・生まれや育ち、戦時中、戦後の話
■作品の概要
・テーマや、最近でも2、3作が同時進行中
(ハーロックもハリウッドで準備中らしい)

最後は、名前は零=0で、終わりがないですが、
今日は時間となりましたのでこのへんで終わりたいと思います、と上手く。
(御大、最初に拍手に迎えられつつ入場してから、サクッと登壇したと思ったら、
マイクを持って、はい、松本零士です。と言ってから45分間ノンストップトーク!!)

45分の中には時折ジョークも交え、笑いも誘いつつ。
凄い、その気力、体力、充実しきっている、、、お元気そうで何より。

また作品作りますから、あそこが悪かったとか、
是非感想をどんどんお聞かせください。とも言っておられ。
YIV-603.jpg


そうそう、
これも写真は撮れなかったが展示スペースには模型展示も。

ひとつは350分の1、プレステ版:宇宙戦艦ヤマト
あとは、コスモゼロとガミラス急降下爆撃機!そして沖田艦の三種。
この三種はいずれも30センチほどの大きさがあり、
いわゆる既製品のプラモデルではなく展示用の一点ものとして製作されたものを思われ。

というのもコスモゼロならゼロ、
急降下爆撃機ならそれと、いずれもアニメ絵の観たイメージそのままの造形。
かつてバンダイから出ていたヤマトのイメージモデルのような作り込みなのであり。

沖田艦にいたっては、作品展示にもあった地球艦隊のコマに登場する、
沖田艦のように前方パースが長く、艦橋より後ろは極端に小さくされている(ように見える)。
これはいろいろある既製品のどのモデルにも見たことが無かった、、、
珍しい~

11月20日まで開催されており。
もう一度いってみたいが、、、
YIV-604.jpg
コスプレ用に、
車掌さんの制服があった。
見ようによっては旧作の古代守ごっこができるかも!?
と思って着用に挑戦したが、帽子は入らず、服はぱっつんぱっつんで着られず。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

凄い

2016年09月16日 05:29

色々行かれているんですね。セルもあとからあとからいろんな、見たことのないものが出てくるところがヤマトの奥深さです (^^) ね?

Re: 凄い

2016年09月16日 22:28

活動、がんばってます。セルはホント、自分より何倍も詳しいヤマ伴さんがいうので間違いないでしょう。確かに記憶もないのですよ、、、奥深いですヤマト、侮りがたし!