星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

アメージングモデルエキスポ 2016

2016年 08月14日 08:52 (日)

行ってきた。
灼熱炎の炎天下の中、いざ出撃浪速の街中ど真ん中。
模型、フィギア、コスプレの関西限定イベントとでもいうのか。

目玉企画は松本零士氏と石破茂氏のトークショー。
(なんやか名前聞いた段階では収拾つかなくなるのでは!?と心配に(笑))

数十店舗の展示では、
ゴジラ、他特撮もの、ヒーロー系、ホラー系と様々。
一番奥に松本零士コーナーなるものもありそこへ何度も足運び。
YIV-536.jpg
まずは銀河鉄道系のクリアファイル。
最初のはよく観たし、映画も知っているが。
エターナルファンタジーなる新作にはEDで御船が飛んでいたな。

メーテル物語や銀河鉄道物語はちゃんと観ないといけん。

YIV-537.jpg
開催時間の後半ゲットーはかつて所持していたイラスト集。
これ、同じ体裁で幻想イラストうんぬんみたいなの、黒い表紙でもう一種あったはず。
今回はこちらの白い表紙のほうをゲットー、実家でも残ってないかなーと。
凄く状態がいい、しかもほとんど原価のまま=税抜600円

右側は石津さんの小説、
その初版の装丁本のほう。(上下巻)
ひとつにまとまった文庫本のほうしか所持していなかったので、即買い。
第二巻の表紙や背表紙は松本零士氏のイラストのはず。

以下詳細、長いので畳みます。
YIV-535.jpg
トークショー。
丸投げ、ぶん投げ司会者に半分放置されつつ、
松本零士氏は、かつての創作活動のヒントやら終戦小話やら。
思っていたよりお元気そうだった、おそらく御年79歳、、、
しかし、話が長い、話が繰り返し、話が終わらない(笑)

石破茂氏は、単なるヲタクおっちゃんと化しておりましたな(笑)
(元々モデラーで、ヲタク文化にもかなり造詣も深いと聞く)

「戦争は絶対してはいけない、したらそれは悪、政治の失敗」
(そのリスクを我々は過去の歴史から学ぶべきだとも)

「昔の兵器はするための武器、今は戦争しないための武器」
(抑止力という意味で備えることは必要と暗に示唆)

「もうすぐ終戦記念日です、よく考えていきましょう」
(次世代へ語りかけるような口調であり)

ご自身はとても模型好きで、
場内一周のあとようやくのトーク開始となり。
途中、メーテルのコスプレイヤーとも仲良く写真、来場者にもサイン。

政治家としての活動の側面や狙いもあるだろうけれども、
非常にフランクで心底、趣味を楽しんでいるように見えた。

あとは、「さらば宇宙戦艦ヤマト」を当時から今日までに100回は観たと。
ヤマトファンなのは知っていたが、ひゃ、ひゃひゃ、100回ですか!!!!
愛と平和を貫いていただけるのなら、次期総理大臣としてよろしくお願いします。(笑)

YIV-534.jpg
宮脇のぞみさん。
https://twitter.com/nozomi_ishin/status/764477980529733633/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw
http://oneosaka.jp/member/detail/miyawaki_nozomi.html
政党や市議だかはまおいといて、
そのコスプレは決まっておりましたわい。
(長身なのでかなり似合っておられましたな)
石破茂氏にヘッドハンティングされたして(笑)

YIV-533.jpg
横に置かれていた新旧やまと。
ヤマトは1/350のやつ=ゲームのプロポーション
大和は同縮尺かな!?カメラではわかりにくいがひょっとしたら1/500かも!?

会場には午前中に到着。
幾人かのヤマ伴さんと合流し、ランチオフ。
酢豚定食を掻きこんだ後は上記のトークショー。
夕方会場を後にした次は近くのスタバでコーヒーブレイク三時間。

居心地のいい時間はいつもあっという間に過ぎていき。
追伸
石破氏は「ヤマトはパート1とさらばまで(笑)」と。
2199、是非観てほしいなあ、、、
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント