星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

22Φ2妄想編 発端

2016年 07月30日 21:23 (土)

ダブルネームという前提でスタートする22Φ2大妄想。
その物語の発端はいかなる展開であろうかの。
それはやはりイスカンダルの危機か!?

ガミラスへ襲来するガトラン。
それは、突如として現れた白色彗星により。
遮蔽技術の奪取で、巨大本星がワープ可能となり。
そう、それはまるで水惑星アクエリアスと同じ性質(性能?)を持つ。

イスカンダルを傷つけ、ガミラスへ迫るガトラン。
ユリーシャは冒頭で行方不明になり。
(ヒスは彼女をかばい、その命を落とす)

「俺たちの星を傷つけるとは、、、許さねぇ!!」
旧作 新たなる の総統閣下よろしく、孤軍奮戦する我らがバーガー。
「そうだ!ネレディ、この状況をテロンへも伝えろ、、、古代に伝えるんだ!!」
旧作 新たなる の総統閣下よろしく、ヤマト=古代を待つバーガー。
「俺の打電は受け取ったはずだ!ヤマトは必ず来る!」
「もはや、これまでか、、、」
バーガーはまたもや明確な撃沈シーンなく、行方不明となり。

祈りをささげる テレサ と名乗る妖精からのSOS。
それはマゼランを手中に治め、一気に銀河に向かう巨大彗星の危機。
しかし、ユリーシャは一体どうなったのか!?
(むらかわさんの第八巻の冒頭イラストがその妄想元ネタ)

ここまでが第一話、、、
くらいのなんでもありな展開で!?
断片的に妄想は着想するけれども、全体像がまったく構築されない、、、
大まかな視野から整理していくのがセオリーというか当たり前だが、
先に部品ばっかり思いつくのであり(喜)
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント