星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

コスモゼロ放浪記

2016年 06月19日 10:42 (日)

ゆきんこ様のブログサイト、ターゲットスコープオープン電影クロスゲージ明度20の記事で、
コスモゼロに関する内容がありましたのでゆるーく考察。
(考察というほど本格的でもありませんあしからず)

旧作パート1では宇宙ゼロ戦として、
形式も52型ということでコスモゼロが設定されており。
(零式艦上戦闘機52型=ゼロ戦が元ネタ)

これが、 さらば~ では登場せず ヤマト2 では登場。
これはイスカンダルの旅と同じ機体のはずで最後は都市帝国に。
ここですっかり認識していないかったのだが、なんとこのゼロは置き去り。
(ゆきんこ様報告によると、古代は出撃時はゼロで帰還時は加藤のコスモタイガー)
=つまりゼロは都市帝国に置いてけぼりになっている

気づかなかった―!!
さらば~ は全滅物語なのでヤマトの物語はそこで完結だけれども、
ヤマト2 は生き残るのでその一ヶ月後の戦い(マゼラン事変とでもいおうか)が新たなる~。

新たなる~では古代は再びコスモゼロに乗っているではないかー!!
となるとこれは二代目コスモゼロということになる。
旧軍式にいうと52型丙とか、改良型!?

そのまた続編である、 ~永遠に をみると
新コスモゼロという名称でコスモタイガーの垂直尾翼が赤いヤツに古代は搭乗。
うむ!? 新たなる~ での二代目コスモゼロは地球で一休みか!?
(イカルスには持って行けてなかったか)

そのまた続編である、 ヤマトⅢ をみると
物語前半で古代がコスモゼロを整備している場面がある(ようであり)。
=ただ、 ヤマトⅢ では艦長になっていたので出撃機会はとうとう無かった。
(25話で打ち切りだったが、52話だったらあったかもしれない、、、惜しい)

そのまた続編である、 完結編 をみると
カラーリングは違うがコスモゼロが再登場しており。
これは果たして何代目のコスモゼロになるのであろうか。

パート1 と ヤマト2 のコスモゼロは同じとしても、
さらば~ では旧式機として搭載さえされなかったとして、、、
新たなる で出てきたのは明らかに二代目と解釈できる。
(都市帝国爆発、超巨大戦艦撃沈の中で残存出来ているとは思えない)

問題はこのあとで、
~永遠に に出てきた新コスモゼロはあくまでコスモタイガーの古代仕様。
(なので、名前だけがゼロ)
~永遠に では、
1:(地球の基地にあったので)暗黒星団帝国に破壊された
2:イカルスに持って行っていたがヤマトに積み込まなかった
3:地球にあったのでヤマトに積み込む手筈がとれなかった
などが考えられ。

1:の場合は、
ヤマトⅢ に出てきたゼロや、 完結編 に出てきたゼロは三代目ということになり。
ただし、完結編のカラーリング違いのゼロはこれは四代目とも解釈でき。
(古代と雪が仲良く乗っているので複座式になっている!?)
パート1 や ヤマト2 は単座式!?=未確認であり

2:3:の場合は、
ヤマトⅢ に出てきたのは二代目ゼロ、 完結編 に出てきたのが三代目!?

しかも、、、ですな、、、
復活篇に出てきたのは(これはカタチも違うので=アニメ的デザインリニューアルとしても)
あきらかに旧作のゼロとは違い。型式も21型となっており。
復活篇は2220年だが、来年制式採用される2221年型のものを急遽搭載した、
と年号で勝手に解釈しており。=非公式見解で(笑)

で、2199では旧作 パート1 を踏襲して52型扱い。
旧軍戦史のように解釈するなら、ガミラス戦初期のころは、
21型や22、32、はたまた64など各派生型があってもいい。
=こんなのが火星沖会戦なんかで活躍していたとかなんとか

復活篇のヤマトはDC版なら銀河系中心部へ航海中なので、
あの新世代21型がそのまま搭載されているはずだが、、、

なんか一覧表にして整理したくなってきており。
そういう“場所”というのもはブログとはまた別のカタチで必要ですな。
 
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント