星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

2199を観なおす 第一章

2016年 05月04日 08:27 (水)

先月のファミリー劇場一気放映を録画。
ようやくこのGWに鑑賞の時間を得たので。

地球艦隊パネルの 概知 は昔のむらかわさん同人マンガから!?

ガミラス艦隊、地球艦隊のアングルや動き、ものすごく新鮮だった初見を思い出す。

古代守と沖田の台詞の旧作との逆転やりとり、何度聴いても面白い。

ユキの語りで、地球防衛艦隊 といっている。
=2199では国連宇宙軍のハズ、旧作への敬意をこめて 地球防衛艦隊 か!?

古代は一章=二話分で 三回 これは!? という。

加藤の おい待て!そいつはッ! の声が旧加藤にそっくり。

ユキの次章予告で、 そして艦(ふね)は行く(第七章副題) と言っている。

当初乗艦予定の人員がまだ死亡する前から、ヤマト計画搭乗員名簿に古代と島が居る。

サーシャ宇宙船シェヘラザード(ヤマトクラスの大きさ)を追う火星偵察機のカットは大きさが合わない。

劇場公開は四年前の今頃。
何もかもみな懐かしいが、この連休中、観なおしていく。

■劇場版の特徴
次章予告がユキ(TV放映時は次回予告は沖田)の声で桑島法子さん
前章あらすじがある(ハズ、まだ第二章を鑑賞していないので未確認だが、、、)
無論、CMが無いので四話(第一章のみ二話)ぶっ通しで鑑賞、映画状態で観ることができる

などがある。
厳密に言うと2013年当時のTV放映版は時間の関係からカットされている箇所あり
=たとえば七色星団の回などはわかりやすい

続けて観ていく。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント