雑種系の!?偉大なるガミラス艦隊に栄光あれ!

ガミラス艦←メカコレ名称、
ガミラスで最も一般的な戦闘艦。
同型艦が多数大量生産されている。と資料。旧作パート1では、
ドメル貴下3000隻の大艦隊出現など超メジャーなガミラス艦達。

ヤマト2199を観ながら、ひおあきら先生の漫画旧作パート1を。
読み返しているとこれがなかなか附合するところもあり面白く。
物語に関するところはまた別で綴るとしまして。

“緑色の剣”(りょくしょくのつるぎ)ガミラス艦隊にスポットを。
(緑色って平和とかエコとかいいイメージもありますが、実は病名とか
いろいろ多く、敵のイメージ。緑=敵もヤマトで定着化しましたな)

旧作では、デストロイヤー・クルーザー・ミサイルの各タイプ。
以前から気になっている病院船や新型駆逐艦というバリエーションも。
2199では、デストリア級・ケルカピア級・クリピテラ級へと衣替え。
これからどんなバリエーションが出てくるか楽しみですが、第三章PV、
観ておりますと何やら水中のようなところでヤマトと正面にらめっこ!?

次元断層のくだりだと思いますがひょっとしたら、“ヤマトよ永遠に”の
暗黒星雲のように「水ほどの濃度」的なオマージュも期待のシーンか。
そのヤマトの正面にいるガミラス艦、どうも既出の3クラスではないような。
砲身も出ているように見え。

無骨な感じはひょっとしたらガミラス艦・ラフデザインの再現か!?
旧作パート1で確か決定稿に至る前にラフ稿であったアレですかな!?
同じ第三章PVで迷彩色のガミラス艦も確認出来ておるのを考えると。
=迷彩色ガミラス艦はTV局売込用の企画書?などに登場しており

そんな遊び心的にいろいろ出してもらえるなら、
どうですか、ひおあきら先生版オリジナルガミラス艦も映像化で!!
漫画版を見ると二種類確認可能。=漫画版終盤で登場
(旧作パート1:本編でのアステロイドでの作画ミス!?は除外しますYO)

一種はゲル艦隊(ゲールでなくゲル、本編より更に“下品な男”ですが笑)所属。
戦艦級の大型艦ですが、ボディはデストロイヤー+艦橋はシュルツ艦、
といった風貌で。舷側の武装が簡素化されてますな。

もう一種はロメル艦隊(ドメルではなくロメル、このヒトも名将扱い)所属。
前項の艦橋のデザイン違いといったかんじ。幼心にフルスクラッチではないですが、
立体での再現も夢見たことも。(今ならできる!?いや、ムリ笑)

これら、本編映像では登場していない、雑種系ガミラス艦や、
あとヤマトⅢの総統閣下回想に登場したガミラス艦とかも是非。。。
勝手な妄想か(笑)いや、ガーレ・ガミラス愛!?

緑=ラフ稿版
赤=ゲル艦隊
青=ロメル艦隊
(いずれも色は不明=勝手解釈、
 ひお先生は同じスクリーントーン使用されていたので、基本緑と思われ笑)
宇宙は海、ガミラス艦はお魚さん♪
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント
◆ようおこし♪
ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…

…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)
◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
◆カテゴリ
◆航続距離(光年)
◆リンク
◆波動コアキー
QR