星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

絶望的と希望的の狭間

2016年 01月10日 07:00 (日)

救援がもっと早ければ、壊滅しなかった!
斉藤始は土方司令にそう言った。
が、がであるよ、、、

旧作以来、
地球軍の光線砲はことごとくガミラス艦のその装甲に弾かれ。
自らの武器が全く通用しない、圧倒的に不利な状況におかれ。

しかもアウトレンジに切り替えたと言われた、
遊星爆弾攻撃により、その星としての生態系さえ破壊されつつ。
こりゃあ、全く絶望的な状況なのであり。

しかし、旧作と比べると火星の戦いでガミラスに一矢報いたという。
キリシマタイプと巡洋艦タイプにある艦首衝撃砲=ヤマトの主砲一門に相当
で、待ち伏せ戦法でガミラス艦隊を撃退、これがもとでガ軍もアウトレンジ戦法へ。

同道巡りだが、新型魚雷がユキカゼに積まれていたり(ヤマトの艦首艦尾魚雷)
なんとかまだこの先、希望がある状況でもあったのか!?

救援(艦隊)さえ来てくれればなんとかなる!?
と思えるような状況でもあったということか!?
なので、あの斉藤の台詞のテンション。

うーむ、2192というか、前史が見たい。
そんな補完情報公式ででないかー。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

はい見たいです!

2016年01月10日 08:21

桐生さんも生きて帰っていれば「壊滅」とは違う言葉を使ったのでしょうか、ね?ユリーシャファーストコンタクト時のことや、火星との内戦のこととか、知りたいです!!あ、ガミラスの前史もです。

Re: はい見たいです!

2016年01月10日 21:52

ユリーシャの件は知りたいですねえ、あとヤマモトの過去も関係する火星内戦、別のスピンオフではそうです、ガミラス建国史ですよねえ~そういう意味では2199はネタの宝庫ですよねえ~

ガミラスの実態は…。

2016年01月11日 10:27

これは旧作からの推測なんですが、ガミラスの艦艇はビームは弾くのになぜミサイルが効くのか、木星で撃ってきたミサイルにはきちんとした誘導装置がついてないのでは、とかガミラスの兵器には当時はまだまだ詰めの甘いところが多数あったのではとも思います。艦載機や空母という存在も地球攻略の過程でその存在を知って作ってみたのでは。だから最初の試作のような円盤型とか三段空母も数が少ない。波動エンジンは使っているのに波動砲は開発途上、とか、戦争の歴史を歩んできた地球人の知の蓄積がガミラスに先んじた部分があったのではと思いました。

Re: ガミラスの実態は…。

2016年01月11日 20:48

なるほどー、2199のボスキャラ(総統閣下座乗)は最後、実体弾でボコボコでしたねえ。波動砲は確かにイスカンダルが先行していてガミラスはまだまだって感じで…そういう弱点みたいなものを見抜きかけていたタイミングなんでしょうねえ~