星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

紺碧の系譜 その青、藍、蒼

2015年 07月05日 00:37 (日)

12日(日)まで個展が催されており。
泉 はるか

ハンドメイドの話題が盛り上がる社内部署の一員で、
年齢は私の半分くらいなのでもう娘のような歳の差ですな。

会社での本業の傍ら、趣味が高じて創作活動も活発化。
そんな彼女の創作活動も三年目!?のギャラリーでの個展にお邪魔。

深〜い深〜い、青の世界。
きっかけは三月(やったかな!?)のハンドメイドフェスティバル。
相方が行ってみたいというので行ってみたら彼女もブースを出していた。

その手法は主に水彩、アクリルやペンもディティール補正では活用。
水彩の濃淡の繊細な線と面の交錯が醸し出す素晴らしいイラストの世界。

人は星の子、星は宇宙の子、人は宇宙の孫になる。
赤もいいものだ、の差し色がいいね!

場所はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27052757/
ママがギャラリーを前提に作った場所、その名もカフェ華(HANA)。

マスターの料理は絶品で、例えばレスカはその場でレモンを絞ってから作る。
モーニング(といっても一日食べられますが)サンドイッチも関西最強の旨さの噂。
今回は食事する暇が無かったが、是非次回訪れたい。

入口のグリーンと壁の土色と什器の茶色がナチュラルな、グレートハーモニー。
道端の角に遠くからも見える緑のアーケードをくぐればまずは金魚がお出迎え。

今日明日は終日ギャラリーにも居る本人と。
聞けば彼女の学生時代の美術講師がヤマト民族で、
自己紹介の時に黒板左右一杯に宇宙戦艦ヤマトの側面図を描いたらしい、、、
と、いうヤマト談義もしこたまやって。

今回はこの作品がオジオジ的には最もお気に入り。

今回は結晶=創生=星=宇宙がテーマだそう。
お時間あれば是非、観にいってみてください。
(大阪市営地下鉄御堂筋線:昭和町駅徒歩五分)

ここは大人気で、展示の予約は向こう一年埋まっているそう。
同じハンドメイド井戸端会議のメンバーであるシニア社員は、
今日場所を実際に訪れ、早速来年九月!の予約を取り付けたとも。

資金さえあればなあ。
いやなに、自分で料理や接客はできませぬ。
上映や同人ギャラリーや模型製作もできるレンタルスペースもある、
勿論美味い軽食と喫茶は腕利きのシェフを雇い、店内は艦内を模して。

所蔵の図書館や模型展示もしたいなあ。
BGMは勿論一日中ヤマトかけっぱなし。
(経営手法は著作権利に触れないようにしないと笑)
ファンが集える素晴らしい拠点になればいいなあ、、、
資金さえあればなあ。

そうだ!宝くじ、当てよう!

そんな勝手なのんびりオーナーやりたいなあ。
という話もした。(笑)
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント