星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

Project "Apre-Guerre 22XX"プロジェクト・アプレゲール22XX

2015年 07月04日 09:02 (土)

1974-2199宇宙戦艦ヤマト とはず語り
すでにリンクさせていただいている、やまとがわさんのブログ。
そこでWebアンソロジーなる活動開始されたと聞きつけ参加してみる。

永久戦線(短編草案)第一話

「こちら、ガミラス太陽系兵団第17連隊、救援を乞う!」
「ホントに直ってるの!?それ」
「の、はずだ」
「どうせ上は俺たちの事なんか忘れちまってるんだよ」
「ゲルツ!」

時に西暦2199年、いやここではデスラー紀元103年というべきか。
ザルツの旅団とそれを監視統括するガミラス太陽系兵団は、テロン星系に居た。
噂の新型艦が大砲を発射したのはもう一年近くも前になる。

「ったく、こんな狭いところでザルツのヤツらと共同生活かよ」
「それを言うなゲルツ、彼らだって俺たちと同じガミラス軍人だ」
「なーに言ってるんですか少佐~ぁ」
「ゲルツ!上官に失礼だっ、、、すみません、腹が減るとアレなもんで」

冥王星前線基地が壊滅してからというもの、残存ガミラス軍は何とか集結し、
テロンへの攻撃の機会を狙っていた。しかし戦力は乏しく、
強襲揚陸艦数隻の他はL型巡洋艦一隻と地上戦力、
残った基地所属の後方支援部隊などがすし詰め状態で勤務していた。
(L型巡洋艦はガミラス兵器開発局がザルツの軍事産業と共同開発した艦艇である)

「救援は来る、最後まであきらめるな!」
「テロンのやつら、いい気になりやがって」
「しかしあの新型はジャンプ性能もあるらしい、ヤツらも俺たちに追い付いたってわけだ」
「けっ!信用できるか、怪しい話だ」

その圧倒的な軍事力と版図拡大政策は、辺境の部隊には多くのひずみを生んでいた。
補給線は伸びきって、テロン艦のニュースは瞬く間に支配下にある星々の蜂起を促した。
遠い辺境で、まさに置いてけぼりになったガミラス&ザルツの混成連隊。

彼らに明日への希望はあるのだろうか。
つづく

※独自性に乏しいですが、そこはご愛嬌で(笑)
 またボチボチと綴ってまいりやす

関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

tag : PAG22XX

コメントの投稿

非公開コメント

2015年07月05日 08:02

おはようございます!
そうですよね、ガミラス&ザルツの残存勢力。ザルツ星が消滅したわけでもないですもんね。ゲルツって、ゲールの親戚とかでしょうか (^^)?次の掲載をまってま~す♡

2015年07月06日 10:35

さっそくPAG22XXにご参加賜りましてありがとうございます!
お話はまだ始まったばかりのようですね(^^)/
つづき楽しみにしております。
そして私はまだ何も手を付けていません(←

Re: タイトルなし

2015年07月07日 00:56

ザルツってどこにあるんやろうか!?と。地球人がガミラスと思っていた相手は実はほとんどがザルツ人の旅団ということになりますよね、、、最初にザルツ人と接触していたら!?ゲルツは思いつきですが笑名前的に何か使えそうです!!

Re: タイトルなし

2015年07月07日 00:58

> そして私はまだ何も手を付けていません(←やまとがわさん、面白すぎます!全体構成も何も考えず、、、昔の太平洋で取り残された日本軍ってのが浮かんで、、、方舟とリンクさせていきたいです~