星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

「ジュピター」という名で出ています

2015年 04月20日 21:16 (月)



さよならジュピター、、、
小松左京さん原作の邦画SFありましたな。
あれから三十年、再び木星がその舞台となる。

思えば木星っていろいろ使われる。
1968年の2001年宇宙の旅では主人公が遭難、
1984年のさよならジュピター
あと1981年のショーンコネリー主演のアウトランドも。
身近なところではガンダムの木星開拓団や、
我らが御船の浮遊大陸で波動砲試射などなどなど。。。

太陽=恒星になりそこねた巨大惑星
その渦、雲、姿、色、カタチ、神秘なり。
昔、カールセーガンのCOSMOSでは浮遊生物も想像されたりも。

御船的なところを探すのは、
SF映画鑑賞ではいつものこと。
マトリックスを作った姉弟が再びと。

映像美も凄い。
観ていて疲れた、何度か観ないとわからん。
単純にいろいろ展開もあって面白かったが。
以下、ネタバレもあるのでお気を付けをば。

赤い地球。
半分ほど赤くなっており。
その理由は多く語られることはない。

蒼い星と二人。
地球をバックに宇宙服のカップル。
これはもう2199最高のシーンのあれを思い出し。

タイミングギリギリワープ。
ワープはやはりギリギリで実施してこそ。
爆発からの脱出はデスラー総統ジャンプを彷彿。

豪華装飾の宇宙船。
この金色に輝く戦闘艦!?は、、、
復活篇アマールのパスカル将軍乗艦を連想。

資源化されている人類。
復活篇の解決方法のヒントになりそう。
あの化け物メッツラー兄さんは「使わされただけにすぎない」とかつて。
であればこそ、ここにそのヒントがありそうな映画で。

このあたりが類似点か。

個人的には戦闘艦(イージス軍と呼ばれていたが)の艦長やクルーがいい。
女性黒人艦長の指揮力、決断力と人間味が素晴らしい。
どうしても船=艦、クルーが琴線に触れ。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント