星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2015-03-17 [ Tue ]
これまでのあらすじ。
自由浮遊惑星カッパドキアに暮らす、宇宙クラゲ(イカ?)家族。
彼らの生命線は宇宙エネルギー、それをたっぷり含有した巨大宇宙船が数隻、
突如として彼らの星にやってきた。家族総出で確保に向かう宇宙クラゲたちの運命は!?


家族と村の住人!?は総出で宇宙船に取りつく。
「とうちゃん、おいちい」
「こんなの久しぶり~、たっぷりあるぅ~」
「今のうちよ、どんどん食べなさい!!」
グレーとレッドのツートンカラーの巨大宇宙船はしかし、その速度を上げていた。
しかもぐるぐると回転し、まるで自分たちを振り落とそうとしているようでもあった。

「んぬぅ!させるかっ、このぉ~」
しがみつく、必死でしがみつく、、、振り落とされてたまるか!!
と、その時、今度は回転が止んだかと思うと、物凄いスピードで加速し始めたのだ。
「な、なんじゃあ、何をする気じゃあ~!!」
すると前方にはブラックホールのようなものが出現し、
巨大宇宙船はその中へ、(物理的には不可能なはずなのに)どんどんめり込んでいく。
それは船の先端から、あっという間に真ん中あたりにまで達した。

「む、むぎゅうー、、、ぎゃーーーーーーっ」
必死でしがみ付いてた宇宙クラゲ(イカ?)はついにその限界を迎え、
はるか後方へ吹き飛ばされてしまった。
「あ…あ、あんたーっ!!」

妻の叫ぶ声が一気に遠くなっていく。
子供達も他の友達らと一緒に次々と吹き飛ばされているようだ。
その悲痛な叫びが時空間のなかへ溶け込むように消えていく。

(これは、、、遠い記憶の彼方、、、青いガルガンティアの伝説のような、景色が、、、)
それは遠い昔、人間と呼ばれていた頃のDNAの記憶なのか、そこまで思ったところで、
時空の裂け目から通常空間へ絞り出されるように吹き飛ばされて戻ってきた、、、

さっきまで一緒に暮らしていた家族や村の仲間達とは
もう二度と会うことはできないのか!?

ここは自由浮遊惑星カッパドキア、
今一匹の宇宙クラゲの胸に去来するものは!?
「待ってろよ、必ず助けにいくからな!!」

この宇宙のどこかで生きる、家族が再びひとつになる日はいつか!?
時に西暦2199年、自由浮遊惑星のとある日々。。。
(完)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2017-08

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1007位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
492位
アクセスランキングを見る>>