星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

そうや!宗谷観よう!de方舟遊び 死闘篇

2015年 03月07日 21:53 (土)

今回の一泊二日では、
極力の経費削減に努めたのであり。
宿とJR新幹線がセットの格安プランとし、
初日の食事は握り飯を自作・持参・地産地消!?
パックのお茶で水筒も二日持たせ、無駄な飲料や食費を削減。

これだけで東京往復二日もあればすぐ数千円違う。
おかげでそれは新たにポスター付きのDVD予約へと散財したが、、、

さて、方舟遊びの続き。

「レーダー、反応しない!」
「恒星、観測できません!本当です!」
まだ未熟な西条女史、七色の時は頑張っていたが帰路で気も緩んだか。
林君も太田の交代要員で旧作のコーヒー不味いに比べれば相当のドラマイン。
(ヤマ伴さんに教えてもらえましたが、方舟屈指の名シーン、
これはっ!ヤマトですッ!の台詞=防衛軍司令部隊員は林君の声優さんだそうです)


「まるで、ホテルのようね」
階段に古代が一歩踏み入れたその瞬間、
「出た!ヤマトホテル!」と心の叫び!!
昔からずーっと知っていたヤマトホテルがこう表現されるとは。
「あ、ありがとう」
「もう何が来ても驚かないわよー!」
「あー、もう!」
このコンサートでも2,000円ごとにフィルムプレゼント。
なぜか新見がじゃんじゃん回ってきて。(しかも別シーン)
何かここにきて、新見女史がラッシュラッシュラッシュ!!
新見君、it's to late…それはあまりにも遅すぎた(笑)


その新見さんもヘロヘロの階段駆け上り。
「なんだ!」
「艦橋のようだ!」
昨秋か、戦艦大和展を観た時の大和艦橋を思いだし。
最初桐生が上った時はハシゴ、後で古代らが駆け付けた時は階段。
時空のゆがんだジレル世界のなせる業。


「ガミラス艦隊、ヤマトと同行!」
ユキの声は桑島さん。彼女の声の語尾の余韻がしっとり美しい。
とても落ち着いて、聴きやすく、後に少しひく。
コンサートでもナレーションとして本編とは違った言い回しがGOO!


「こんな結末なら!納得できるぜぃ」
舵輪とくればハーロック、バーガー、恰好よすぎるぜぃ。
実はこの直後の「すまねネレディ、、、戻れそうにないわ…」
つーのがこれまたホント恰好ええのよ、、、ん!?どうもバーガーに萌えており。

宗谷見物では、方舟に限らず、
2199などヤマトシリーズに例えられるいろんなモノを他にも。
次回はそれを、、、(の予定)


関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

2015年03月08日 10:15

「これはっ!ヤマトですッ!の台詞=防衛軍司令部隊員は林君の声優さんだそうです」
教えて頂き、ありがとうございます!気になってたんです、これ!!
しかし、これに気が付いた人、凄く耳がいいですね!
次もきっとヤマトは続きます (*^^)!信じたいです!

Re: タイトルなし

2015年03月08日 12:42

テロップとかにヒントがあるのかもしれませんね。
ヤマト2199、、、昨日からはあと福山だけです。
でも12月からだし、三ヶ月、がんばった!!次は果たして!?
ですね~