星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

そうや!宗谷観よう!de方舟遊び 発進編 

2015年 03月06日 21:29 (金)

舞浜のコンサートは先月末日と今月初日。
一泊二日で三回の公演があり、一公演は二部構成。
一部は追憶の航海、二部は星巡る方舟だったこともあり。

舟好きは船を求め、方舟で遊ぶ。
雨の日曜日、一路「船の科学館」へ海岸線伝いに向かい。
着いたはいいがリニューアルで閉館、隣の展示場とその横に宗谷。

初代南極大陸観測船、キムタクでドラマもありましたな。
船=キムタクといえば実写版ヤマトを思いだし。
宗谷を見て、船の生活を実感しよう。


「特務艦を護衛する為に展開していた」…
そう、宗谷はその昔、旧日本海軍特務艦として存在していた。
そういえば、ヤマトが“特務艦”と呼ばれたのは今回が最初ですな。


「めしーめしーっめし~♪」
観測船内や昭和基地の生活では食事が唯一の楽しみとか。
そりゃそうだわなー寒い変わらぬ景色の中で日々の仕事をこなしつつ。
腹がへっては戦ができぬっ!!
戦艦大和最後の食事は握り飯と沢庵とはここでもう何度も書き。


「取扱い注意」
羅針盤といえば今はこれがトレンディ―。
次元羅針盤というデカールが床にある方舟描写。


「こうのとり通信途絶、状況報せ!相原さん!」
船内は天井低く、部屋も小さくいくつもの用途に分けられており。
ロマンスといえば相原は最初岬百合亜に気が合ったようだがのう。
ひょっとしたら、超空間通信開発プロジェクトで市川とイイ感じにならないもんだろうか。


「ここから入れそうでーすっ」
ギイと開けたその中は、殺風景の戦艦内部かはたまた、、、
観測船宗谷は入場無料で、受付では保存募金に少しチャリンと気もすんで。
前方甲板は危険で立ち入り禁止区域、一人方舟遊びは続く。(午前中だけよん)
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント