星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

インターステラ― 雑感

2015年 01月03日 23:01 (土)

三時間と聞いていたのでまず気合。
トイレもしっかり、小腹もしっかり準備万端。
いざっ!っで乗り込んでみた、見た、観た、、、

最初は三時間もどうなることか!?
と思ったけれども非常にSF的で面白かったと。
(以下、ネタバレ的なコメントもあります)

地球を救う為に旅立つ
アポロ計画は嘘だった
ラザロ計画(しかもプランA、Bがある)
メッセージを求めて第二の地球を探す
人類は滅亡の危機にある(その元凶は具体的にはあまり語られないが)
必ず帰る、愛、がキーワード
相対性理論、量子理論が交錯する
次元、時間、空間、ブラックホール、ワームホールなどドキドキワクワクの切り口
人間を補佐するロボットがいい
人の業もあり
冒頭のシーンがラストに繋がっていく
同様に理解不能な現象が差し込まれる部分は、
後半一気にそこへ事象が集約していく(時空を超えていく)このあたりは凄い
ワームホールやブラックホールの表現がいい
2001年やその他様々なSF映画へのオマージュもあり
宇宙=真空=無音の表現がリアル
一時的に絶望するが最後は救われる内容なのでいい
このように、
ヤマト的な類似点もいくつかあり、
かといってそれとは全然違う表現で、、、

次元と時空の描き方に驚嘆した。
三時間の長丁場だが面白かった。
雑感にも至らないがひとまず鑑賞メモかな、、、

監督のクリストファー・ノーランは、
かのカール・セーガンの科学ドキュメンタリー、
COSMOSに感銘を受けたという、、、素晴らしい。。。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント