星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2014-12-21 [ Sun ]
時は元禄十五年、十二月十四日。
といえば赤穂浪士討ち入りの日ですな。
毎年この討ち入りの話は定番だが大好き。

赤穂浪士のそれに至るドラマは数あれど、
当日の戦術が面白いんですわな、、、

さて今年この日、選挙となり。
最初は行かないつもりでいたが相方が行くべきだというので。
そうだ、数少ない一小市民の唯一といっていい権利を行使するのだ。
とりあえず反対票はいれた。どこの誰だかわからん候補に一票投じた。

しっかし候補が二人しかいなかったらそっちに入れるしかない。
こんな選挙を自国民にさせていてはいけないのじゃあないですかい。
選挙ってもっと楽しく投票させてくださいな、、、
かつてアントニオ猪木さんのスポーツ平和党に投票した数年間が一番良かったなあ。
(って能天気?な問題でもないかもしれませんが笑)

ま、今回のドサクサやったもん勝ち選挙で占拠したいのでしょういろいろと。

センキョといえば御船関連では船渠(センキョ)=ドック
ヤマトではドックといえばまず最初は干上がった地表と地下。
旧作では戦艦大和をくりぬいたような描写があったけれども、
2199では元々地下だったが地殻変動で地形もかわり、むき出しになった上層部を
そこらへんにあった残骸(戦艦大和)で偽装したというのが設定。
(オジオジ的には戦艦大和は2199ではもういらなくて、あれば宇宙戦艦に夕日でいいやん)

旧作続編では、さらばや2の地下ドック、(新たなる~もそうだったか)
ヤマトよ永遠に のイカルス天文台やⅢのアルプスや衛星軌道上の宇宙ドックもあった。
ドック入りしている船というのはなんだか一休みなかんじで観ているこちらも癒される。

仮想戦史では最後まで生き残り、東京湾のドックにつながれた大和の話もあり。
方舟を観ていてなぜ戦艦大和の描写が本編より明確に出てきたのか。
グレートハーモニー、、、それを考えており。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆航続距離(光年)

◆拙画廊

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
451位
アクセスランキングを見る>>