星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

逆回しの8ミリ、それは過去へのイザナイ

2017年 05月07日 15:41 (日)

とあるヤマ伴さんが第一作とさらばの8ミリを所持しており。
時期的にも8ミリフィルムという映像媒体でヤマトが世に出たのは、
この2作品が最初で最後であり。
(これ以降はビデオにかわっていく)

8ミリといえば、今はもう生産中止の撮影・映像・映写媒体と機器。
オジオジも大学ではこれを駆使して仲間と作品などをこしらえており。
カサカサと音を立てて回転するフィルムに焼き付けられる、
そのセピアな記録と記憶は遠く過去へ逆回しされていく、、、

所持の報を受けて、皆で上映会開催を催促したのは云うまでもなく。
スペックとしては、第一作は三巻セット、さらばは二巻セットだが、
調べれば一巻あたり20分ほどの再生時間たという。

つまりは第一作は計60分、さらばは40分ほどにまとめられており。
またまたここにきて、新たな編集バージョンを再発見というわけ。
(そう、再発見というのは、実は過去に発見したことがわかり)

やりとりをヤマ伴さんとコミュニティにて繰り返すうち、
ふと思い出す出来事があり。。。

確か小学生高学年の折、数十分のヤマト第一作の映像を観た。
(はず)
それは赤い地球から始まり、
ドメル艦隊決戦でいったん幕引きされており。
(遠い記憶では中途半端なところで終わったなと思っており)

そう、、、おそらくこの時観たのはこの8ミリ版ヤマト第一作ではないか。
それも第一巻、第二巻の終わりまでで第三巻を見逃しているということでは。
(なぜ、最後まで観られなかったのかと考えていくうち、またも記憶が覚醒し)

気高き我が故郷のかつてあった地元百貨店(というかスーパー)の催事、
そこでヤマトの展示会をやっていたはずであり。
宇宙戦艦ヤマト ひみつ基地
長年閲覧していいるこちらのヤマトカレンダーのコーナー、
ここにそれらしき記載を発見。

1978年4月6日~11日
長崎屋 宇宙戦艦ヤマト展開催

これであり!!
小学六年生になったばかりだと思うが、
(おそらく、さらば全国公開の前の春ごろ、
全国を巡業していた展示会と思われ)
ガラスケースにセル画の背景などが居並んでいたのを記憶しており。

その会場の奥のほう、
暗幕で仕切られた数畳ほどのスペースで、
この8ミリが上映されたのであり。(間違いない)

第二巻まで観終わった時点で七色星団終了、
いよいよ佳境というところで、帰宅の都合かその場を去ったのか。

公式の展示(イベントともいうべき)に参加したのはこれが初めて。
その後は十数年、三十歳で近鉄あべのの御大来場に参加するまで、
行ったことがなかったのではないか!?

そう考えているうちにまたひとつ、
実はこの翌年の1979年、御船のイベントを訪問していたのであり。
それはまた次回、語ることと。

8ミリフィルム版の記憶が、
過去のイベントとヤマ活(笑)を呼び覚まし。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック