星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

10月 « 2016年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

もう、戦闘ロケット艦もないのだぞ!!

2016年 11月23日 15:06 (水)

もう、戦士も戦闘ロケット艦もないのだぞ!!
撤退に従わない守兄さんを説得する沖田さんの一言。
(松本零士版漫画)

この戦闘ロケット艦、という響きがなんとも古風。
まだ打ち上げロケットからようやく宇宙戦艦になりきる前の、
発展途上の初期旧式艦ということか、、、

そんな艦(ふね)さえもうないのだぞと。

天空のクラフトフリート
お知らせの11/21を観ると、、、
巨大戦艦登場とあるが、星巡る御船はいずこ。

スーパーロボット大戦V
こちらは鋼鉄の巨人たちの仲間入り。
ま、確かに!?鋼鉄の巨人っちゃあ、巨人だが(笑)
リアルに出るなら、旧作ヤマトよ永遠にに登場した、無人艦隊大型艦と小型艦か!!

どうせなら、 艦これ とか 空想戦記 とコラボしたほうが御船らしいか、、、
「いや、恐れ入った次第」とは総統閣下。(ヤマ2)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

告知とリンクに22Φ2を追加!!

2016年 11月20日 22:09 (日)

22Φ2も一気にニュースてんこ盛り。
うーむ、この時期に、この時期に上映外エリアへ漂流かよ、、、
しかし、追う。追わねばならぬ。。。
2199未購入達も早く保護せねば。。。

広島で2199原画展!22Φ2上映やいかに!?

2016年 11月16日 21:28 (水)

■そごう広島店で「宇宙戦艦ヤマト2199アートギャラリー」開催!!
2016年12月21日~2017年1月3日にそごう広島店で「宇宙戦艦ヤマト2199アートギャラリー」開催!!

松竹系の上映館が無いらしく、
2199時代も広島では一切の上映なく。
なんとか22Φ2は上映できぬものなのか。

それにしても原画展、これは行かねばなるまいて。
当、拙ブログ告知版でも掲載。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

魅惑のユキはそこに居る

2016年 11月15日 21:19 (火)

松本零士幻想イラスト集、
なるムックが昔あったかな。

買っていたのにいつのまにやら行方不明。
もうひとつの、松本零士の世界、は先日イベントでゲットー。
これが凄く状態がいいのにほぼ原価の700円程度ときたもんだ。

森雪(フィギア)発売間近!!

そんな、御大の昔の女性像のイメージそのままに、
宇宙戦艦ヤマト 森雪 が甦る。ジュラ編に出てきたユキのほうがイメーージか。

神秘的や。
これは欲しいなと。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

道後へDO!GO!御大展示販売会開催中!!

2016年 11月14日 21:56 (月)

処は道後、愛媛は松山。
かつて少年時代、疎開してきた御大の過ごしたのは大洲。
その縁あってか、ただいま道後館でプチ展示会開催中との報を受け。


銀河鉄道999の美女メーテル 入浴シーン公開! 松本零士さん原画…愛媛・道後温泉で
記事のタイトルはどうかと思うが、
今回の為の描きおろしに近い原画であろう。
報を発したのはかつて愛媛勤務時代にオタトークを共にした貴重な四国のヤマ伴さん。

持つべきは友(伴)であり。
来月の愛媛出張が中止となり。
うむむ、でなければ絶対同行して訪問し、酒でも酌み交わしたものを。

またの機会を待つのであり。

しかし、御大はここ最近本当に活動的であり。
松本零士オフィシャルサイト
御元気であられるのは何よりであり。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

神戸三態 番外編&予告編

2016年 11月13日 21:37 (日)

港町神戸。
バイキング形式の大型レストランにまずは集合したのであり。
フィッシャーマンズマーケットとかいう、そこかしこにあるようであり。
YIV-626.jpg
やっぱ、鯖す、鯖。
ヤマ伴さんも言っていたガ、
バイキング形式でこのようなダイナミックな姿が拝めるのは大変いいネ。

港町神戸。
帆船形態や周遊船、その他様々な船が停泊しており。
船というのはやはりいいもんですなあ、艦長。
YIV-627.jpg

御大展二回目では、
まだ当時モノのポスターは売っており。
今日はカード入れをゲットー。
新天地での公共交通機関用に使うか。
YIV-628.jpg

そう。
来月はヤマ伴さん集まりの忘年会。
僻地からの参加となるが、宿も取れた。
いざ、ゆかん。

ま、新天地というほど新しい感じはない。
前に一度住んだこともあるし、ま、早速思い出づくりしているつもり。
今回ばかりは短いと思う。二年ないし三年で関西復帰のつもりであり。

かの東京五輪ピックまでには帰還しよう。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

神戸三態 そして三度目の正直、三式戦(飛燕)は翔ぶ

2016年 11月10日 21:36 (木)

その物語は確か、爆裂弾道交差点。
確か陸軍航空隊の飛燕が登場していたと思うが、、、
松本零士御大の戦場まんがシリーズの一篇。

次に知ったは知覧の展示。
実際に行ったことはないが、日本唯一の水冷式エンジン搭載機。
それにより、他に類をみないスマートなその流線型や美しき。

いつか観たいと思ったその姿。
思ったよりもデカい!

川崎重工創立記念展示とか。
YIV-621.jpg
再現にいたる労苦や逸話も展示。
某国営放送のプロジェクト番組さながらのVTRも。

YIV-623.jpg
陸軍制式採用、
一式戦:隼、二式戦:鍾馗、三式戦:飛燕、四式戦:疾風、、、
嗚呼、その翼よ、闘うことを忘れて、飛べよ大空、翔けよ雲間、、、
そう、それは殺人兵器ではなく、ただただ飛ぶだけの雄姿そのものだけであってくれ、、、

YIV-622.jpg
船を観て、翼を観て、幸せな一日だー
その白銀の機体が鋼鉄が、またいつかゼロのごとく天翔ける日は来るか!?

YIV-625.jpg
やはりカワサキといえばバイク。
こちらも近未来モデル!?も展示されており。

ヤマ伴さんらとはこのあとまだプチオフ活動へ突入するのであり。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

神戸三態 つぎに2(に)度目の御大展

2016年 11月08日 20:22 (火)

御大(松本零士氏)と奥様のご夫婦展はまだ今月も。
二度目もありたいと思っていたが、
今回ヤマ伴さんのお誘いで実現。

神戸でヤマト1号を観たあとはそちらへ移動。
二度目の拝観となったわけであり。

YIV-619.jpg
最初訪れたあの日のサインがセンターに。

当ブログでも紹介済だが、
講演にこられたのは9月11日。
約一時間ひとつも噛むこともなくぶっ通しの御大トークショー。

あの日に観た、
漫画版ヤマト第一話のカラーページ、
永遠のジュラ編の冒頭2色カラーページ、
そして謎のセル画=永遠に、っぽいがなぜか沖田艦長がセンターに。

ヤマ伴さん分析によると、
沖田は後で展示用になどで描き足されたようなタッチの違いがある、
真田と太田の二人のポーズや表情は観たことがある、
(が、どのヤマトか思い出せない)
モブの乗組員はパート1ぽいタッチ
(これはオジオジの感想)
など、この謎のセル画に関してはさらに謎が深まった感じであり。

もう一枚の爆炎を上げながら回避行動中の後姿ヤマトは、
永遠に、でグロデーズの無限ベータ―砲の攻撃を受けているシーンと判明。
(東京からこの日来られた新たなヤマ伴さんとこちらのヤマ伴さんの相乗効果で)

YIV-620.jpg
ああだこうだと数人で盛り上がっていたら、
学芸員にお静かに、と注意されてしまい(笑)。

その後はBOXでヤマト2鑑賞大会。
19話あたりから最終回まで一気観となり。
テレサはいいね、、、デスラー総統もいいね、、、
こうした旧キャラの魅力が果たしてどのように22Φ2では描かれるのか。

次回、神戸三態 そして三式戦(飛燕=ひえん)は翔ぶ に続く

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

神戸三態 まずはヤマト1(いち)号

2016年 11月06日 16:51 (日)

文化の日。
なぜこの日が文化の日と呼ばれるようになったのかは!?
戦後のそれはそれは理不尽ないわれによりそうなったという。

ま、それはさておき。

先日告知のヤマト1号。
ついにその展示を終え、撤去されることとなり。
ヤマ伴さんからのジレルの囁きもあり、便乗・相乗り・乗り合わせ。

YIV-611.jpg
この日からの特別直上観覧が可能というわけで。
(いわゆるクレーン車みたいなのにのって観覧できるという)

YIV-612.jpg
ハーバーランドを象徴するタワーと御船ヤマト1号。
ううむ、なかなか素晴らしい眺めじゃ~!!

YIV-613.jpg
地上12メートル(四階相当らしく)からの眺め。
正直、ビビりながら。(安全ベルト=フックをクレーン車に、と、ヘルメットは着用)

その流線型、美しく。
なんでも三菱重工業が開発した実験船だそう。
(ついに夢かなわず空は飛べず、もとい実用化されず)

YIV-614.jpg
超電磁推進機関とか、
そんなカンジの呼称が何とも引き付けられますな。

YIV-615.jpg
もう一隻は川崎製造の疾風(はやて)。
色もタワーとマッチングだが、どう見ても守兄さんのユキカゼにしかみえん!!

YIV-616.jpg
実際この数倍程度の全長だろうとすると、
冥王星までの往復というのは当時のユキカゼ型にとっては至難の業だったのかも。
(ってことはやっぱり波動エンジンは偉大で、その後の地球軍は一気に強力になるわけであり)

YIV-617.jpg
再びヤマト1号の操舵室を。
うーーーーー乗り込みたい~。

YIV-618.jpg
屋号(?)が。
どこかに移設できないのか、とのヤマ伴さんの問いに、
引き取り先の立候補者は居たらしいがこれを運ぶことができないらしい、、、

年内をかけてこの場で解体とのこと。
解体そのものがイベントになりそうだが、、、
かつて新しい推進機関開発の夢にかけた技術者たちの夢と希望よ永遠に。

隣接の海洋博物館ではヤマト1号、疾風に関するパネル展も。
(こちらは時間の都合で立ち寄り出来ず)

次回、神戸三態 つぎに2(に)度目の御大展 に続く。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック