星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

06月 « 2016年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

22Φ2妄想編 発端

2016年 07月30日 21:23 (土)

ダブルネームという前提でスタートする22Φ2大妄想。
その物語の発端はいかなる展開であろうかの。
それはやはりイスカンダルの危機か!?

ガミラスへ襲来するガトラン。
それは、突如として現れた白色彗星により。
遮蔽技術の奪取で、巨大本星がワープ可能となり。
そう、それはまるで水惑星アクエリアスと同じ性質(性能?)を持つ。

イスカンダルを傷つけ、ガミラスへ迫るガトラン。
ユリーシャは冒頭で行方不明になり。
(ヒスは彼女をかばい、その命を落とす)

「俺たちの星を傷つけるとは、、、許さねぇ!!」
旧作 新たなる の総統閣下よろしく、孤軍奮戦する我らがバーガー。
「そうだ!ネレディ、この状況をテロンへも伝えろ、、、古代に伝えるんだ!!」
旧作 新たなる の総統閣下よろしく、ヤマト=古代を待つバーガー。
「俺の打電は受け取ったはずだ!ヤマトは必ず来る!」
「もはや、これまでか、、、」
バーガーはまたもや明確な撃沈シーンなく、行方不明となり。

祈りをささげる テレサ と名乗る妖精からのSOS。
それはマゼランを手中に治め、一気に銀河に向かう巨大彗星の危機。
しかし、ユリーシャは一体どうなったのか!?
(むらかわさんの第八巻の冒頭イラストがその妄想元ネタ)

ここまでが第一話、、、
くらいのなんでもありな展開で!?
断片的に妄想は着想するけれども、全体像がまったく構築されない、、、
大まかな視野から整理していくのがセオリーというか当たり前だが、
先に部品ばっかり思いつくのであり(喜)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

蛮族とアマゾネスとジレルの血縁

2016年 07月28日 20:21 (木)

22Φ2妄想 ガトラン族。

確か方舟に出てきたサーベラーは耳が尖がり。
あれはジレルと同族かもしれぬ。

出てきたのはフォログラム映像なので実際の肌の色は不明。
緑が設定ではあるが、ジレルとの混血ということも考えられ。
レーレライとは年恰好は同じくらいだが。

筋肉隆々の女子プロレスラーみたいな、
女巨人みたいなキャラも出てきてほしい。
蛮族が(大人の事情で?)ガトラン全体でないとするなら、
一部種族や女蛮族がスポット的に出てきてもいーじゃないかっ!!

また、ハーロックに出てきたマゾーンのように、
アマゾネス大軍団が居てもいい、、、その手下がバラガス艦長とか。

あと、あのミル。
ミルは是非、女性で出してほしい。
総統閣下を監視するうちに総統閣下を好きになってしまうとか。
なぜかそれにサーベラー様が嫉妬するとか、、、

オジオジ二部構成妄想の中では、
実は総統閣下は一切登場しないことになっており。
残念がるファンも多いかもしれぬが、2199の総統閣下に旧作のキャラは無理。
違うカタチでどこまで引きがあるか!?
旧ガミラスと総統閣下が秘かに立ち上げた、ガルマンが争うというのもありか、、、

うーむ、止まらん。
一度、整理してみるか!?
到底ストーリーは無理なので、
メカ編、キャラ編、舞台篇、戦闘編、その他、くらいでラッシュしてみるべし。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

地球艦隊の行方と銀河十年戦争

2016年 07月27日 21:05 (水)

22Φ2妄想、地球艦隊。

1:ヤマト帰還からまだ2、3年
2:地球人口は(おそらく)100億から10億など激減
3:再建資材などはままならない

などの理由からして、

1:波動コア(ビーメラで奪取したもの、あるいはユリーシャやサーシャが来た
 宇宙船のもの)の複製に成功、大量生産へ
2:当面は残存艦艇の波動エネルギー化でのりきる
3:国連宇宙軍から地球連邦軍への昇格

物語前半は、新旧入り混じった艦艇の混成チーム。
物語後半は、かつてのパート2のような大艦隊が登場するが、
中身は、

1:人間(数少ない)
2:オルタを元にした、アンドロイド兵
3:CRSを元にした、自動艦隊=(永遠に の無人艦隊)
の三者三様が入り混じった混成艦隊になるのではないかと。
どうせならパート2から完結編まであらゆる地球艦を総登場させてもらい。

22Φ2の二部構成により、
そのあいだの10年にわたるイザコザはまた別の物語として保留される。
(ガトランと10年戦うのか、違う敵なのかは不明=まだ妄想・起想できておらず)
これをヤマトⅢチックに 銀河系大戦 というのか、2520風に 銀河10年戦争 というのかw

何か昨日のハイパーウエポンに触発されて、
久々に地球艦隊メカに興味がわきあがりつつあり。
果たしてオジオジ数十年ぶりにヤマトプラモ製作か!?(笑)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ハイパーウエポン 2016よりサルベージ 22Φ2情報

2016年 07月27日 00:02 (水)

去年は出なかったか。
復活篇の後あたりから、毎年買い続けており。
いつもこの秋ごろのはずであったと。

我らが地球防衛艦隊(MJ様)の情報を得て早速買いに。
(今回はあえて密林での購入をせず、ちゃんとリアル書店:ジュンク堂で買い)
そう、密林ばっかり頼っているようではダメだ、書店業界よ立ち上がれ。

さて、
記載の中から、22Φ2に関する断片的なものをサルベージ。
(なにせ、この小林誠氏の世界観、とても字が小さいのであり)

模型とイラストが絶妙に融和したイラストレーションが多いのだが、
その誌面デザインそのものも作品世界として構成されているため、
なにせ、誌面の文字が小さいのであり、、、ローガン!?読むには一苦労。。。
(もっと抒情的に綴りたいが、老眼鏡+虫眼鏡片手にPC入力と作業環境から、
 箇条書きにてのお届けとなること、どうかご勘弁いただきたい)))


以下オジオジの独断と偏見の解釈と妄想、、、

続きを読む

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

今年もたそがれコンサート de ヤマト

2016年 07月23日 23:29 (土)

もう一週間前となり。
高校の合同吹奏楽隊と海自の呉音楽隊。

呉ならやって呉るはずと。
発表されたプログラムにはなかったが、
999→ヤマト→映画版999というメドレー曲が。

やった!
これだ!こうでなくてWA!
YOG-026.jpg
このメドレーでの合奏を聴くのは二年ぶり。
(去年は呉隊は都合で来れなかった)
また、無料だが9月にシンフォニーホールで呉隊の演奏があるという。

行かねばならぬ。
そうそう、来週7月29日は、たそがれはいよいよシオンの登場。
ヤマトも組曲から序曲と主題歌が演奏予定。
いつぞやの宮川さん最近のアレンジのフルートからのイントロではじまるアレ。

あのヴァージョンでの演奏を強く望む。。。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

夢☆ 年の瀬に 宇宙戦艦ヤマト1229 in大和国

2016年 07月21日 23:27 (木)

今やレンタル映画館なるものあり。
偶然、その情報を得、早速予約を取り。

それは年末、年の瀬に。
大和の国でヤマトを観、宇宙の まほろば に想い馳せ。

ビジター予約として1枠なら9千円。
(10人集まれば一人900円でOKとなり)
ホントはオーナー予約して、毎週でも方舟みたいものよのぅ。。。

続きを読む

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

EP版、そのジャケット浪漫

2016年 07月18日 00:00 (月)

とあるヤマ伴さんから。
一枚数百円で今は中古販売と。

YGD-068.jpg
絵は 永遠に だが、収録曲は 新たなる ですな。

当時、ばんばん発売されるEP版。
(シングルレコードってやつですねぃ)
それには小学生の分際でなかなか手が出ない。
一枚買ったらそれだけで一ヶ月の小遣がふっとぶ時代。

ああ、いまこそジャケットコレクションとして全て揃えねばならぬ。
カセットテープ派という御仁も居る。
そうだ、両方だ、両方揃えるのだ。

YGD-069.jpg
比率がー!!
ってその前に絵柄が作品ゴチャマゼやろー!!

それが自分自身の使命でもあると。
まずはコツコツと通いし店に。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

宮川彬良×オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ

2016年 07月10日 15:50 (日)

初秋の調べに、彬良さんを。

宮川彬良×オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ

2202への参加が公表されてから、
本格的な公演としては最初になるのでは。
(たそがれコンサートでは7/29にヤマトも演奏予定ではあり)

秋に名古屋であり。
連休やし、ここは行くべきか。
ヤマト在る処、そこに陶酔のひと時を得る。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

それはサーベラー様と供に

2016年 07月09日 15:23 (土)

ティザーズグッズ。
広告手法の一つとしてのティザー、
あらゆる業界で取り入れられてからもう幾年。


画像としては全く魅力もなく、
次が始まるのだという新鮮味もない。
いったん販売締切までとうとう躊躇したまま放置していたが、
先日販売再開していたのでここはやはり、お布施ということで買いに。

十日の日夜を経てようやくの着弾。
供に来たカードはなんとサーベラー様ではないか。
新作は2199のようにイベント上映方式で全七章、二十六話構成という噂。

それが一番御船にはあっている。
ヤマト伝統の詰め込みぎゅうぎゅう展開だろうから超高密度のはず。
問題はどこまでをやるのか?今回では暗黒星団くらいまでにしておいて、
さらに数年後、ヤマⅢ+完結編中心のリメイク第三弾はやらないのか!?

どうせ続編作るなら、リメイク三部作でいいんじゃ!?
(そのほうがいっぱいヤマトを観られるし)
それから復活篇だか、完全新作だかへ移行してもらい。

ただ、時代は今待ってくれず。
今回で旧作のリメイク系は最後という話もあり。
(それ以降は復活篇や完全新作へ移行するという噂)
現実はおそらくこちらだろう。

年内には2202は第一章が完成という。
夏には制作発表、秋にはキャンペーン開始か。
お布施、今から貯金しておかなければならぬ、、、、、

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

そして旅立つ、ゆきかぜは宇宙(そら)へ

2016年 07月05日 20:53 (火)

ヤマ伴さんに教えてもらった動画。
いつか直にこの人本人と話をしてみたい。
そのためなら、英語も習得できるかもしれないと。(笑)

前置き長い、、、
が、選曲が上手く、ついつい最後まで観てしまうのであり。
RC Japanese Space Destroyer 宇宙駆逐艦ゆきかぜ宇宙戦艦ヤマト
世界のヤマトファンに、栄光あれ!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

感謝の極み でございます~

2016年 07月04日 23:08 (月)

皆様。
お蔭さまで五年目に突入しております。
(あ、4/7開設なので五周年は三ヶ月前 汗)

いつもいつも、閲覧・書き込みありがとうございます。
キチンと打ち返すこともできずに、折角の語りかけが安っぽい結論になっていそうで、
ホント、申し訳ありません(汗)。

いやあ、まあその、オジオジときた日にゃ、
毎晩のように浴びるほどとはいいませんが、酒を呑みうむむと国を憂い(ホンマか(笑))、
うい~ヒックというタイミングで皆様からのメッセージを開封したりしており。

まともにリアクション出来ていない場合が多々あるかと(汗)。
今後とも、こんなところですがどうぞよろしく。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

2199を観なおす 第三・四・五章

2016年 07月04日 19:04 (月)

ここ数週間で、三章を消化。

■第三章

玲が交代するといったあとに、古代は君はまだなのかと聞いている、、、朴念仁、、、

土方は 必ず戻ってこいといっている(還ってこいではない)

ユキは(古代の)必ず還ってくるに頷いている

オルタの話を艦内ネットワークにアクセスしたと思わなかったアナライザー

後方展望室のアナライザーの窓からマストが見えない

ラジオの針は99.9の位置ではないか!?

山本のペンダントを見るカットは方舟と同じ

63.7パーセク(1パーセクは3.26光年)

パネル線、カットによって違ってきている(前あたりから)

メルダ登場!!

沖田、(波動砲)発射 といっている

南部、逃げるんですか!?(方舟と同じ)

■第四章
41キロパーセク。
銀河外縁から大マゼランまでの距離という。
1パーセクは3.26光年というから、その41倍は約133光年。
その(キロなので)1,000倍!?=13万4千光年
地球から銀河外縁までが2~3万光年なので足して16万8千光年の設定に近似か。

セレステラと女衛兵。
衛兵はどうやらクローンかもしれない。
親衛隊の兵士と一緒で顔がみんな一緒。
最後第七章で撃ち殺される相手となる女衛兵もこの同一人物!?

ドメル墓参りの花束は、パレード中に子供からもらったもの!?
島のこっちは任せろ!は方舟の任せろ!に通じ。(口癖?)

■第五章

バランに一時墜落(したかに見える)ヤマト。
最後飛び出てくるが、バラン雲海の中でのシーンが観たかった!!

来週くらい、第六章、第七章を鑑賞予定、、、
劇場版放送とはいうものの、
かつての劇場上映時にあった、各章オープニングの
これまでのふりかえり、といったシーンは放映版では割愛されており。

いつか、それも含み、
第七章の未完成版も含み、完全な劇場版を再見したいものであり。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマトの賦 海神(わだつみ) を聴き歌い

2016年 07月03日 16:01 (日)

今年もたそがれコンサートの時期が来ており。
Shion たそれがコンサート
先日の初回七月一日は機会喪失。
二回目七月八日の金曜日鑑賞を目指し。

七月十五日は海上自衛隊:呉音楽隊。
呉だけにヤマト演奏の可能性は大なのであり。
七月二十九日はShionが全曲演奏の会。
ここでは序曲~ヤマト主題への演奏が既に確定しており。
この二回は必須だが、他の会も今年は多くいきたく。=八月いっぱいまで毎週金曜


海上自衛隊では出港時、よく宇宙戦艦ヤマトが演奏という。
それもいいが、実はこの“ヤマトの賦 海神(わだつみ)”のこの歌詞、楽曲。
この曲が、この歌詞こそがよほどぴったりではなかろうか。
露骨にヤマトだイスカンダルだと固有名詞もでてこないし。

わだつみは語らない
沈黙の時を守り
あゝ流れゆく季節を見つめ
あゝほとばしる久遠(くおん)の夢よ
とび立てよ
からみつく飛沫(しぶき)を払い
とび立てよ とび立てよ
星の彼方へ

緑なすわが地球
黄金の海の色に
あゝ遠ざかる故郷の星に
あゝ限りない誓いを残し
打ち鳴らせ
情熱の鼓動とともに
打ち鳴らせ 打ち鳴らせ
愛の調べを

はるかなる時を行き
暗黒の海を渡り
あゝ紅顔の若者たちの
あゝおおらかな想いはつづく
帰り来よ
愛し合う乙女の胸に
帰り来よ 帰り来よ
波のうねりへ

作詞:阿久悠
作曲・編曲:宮川泰
歌唱:ささきいさお

ぴったりであり。
完結編当時、流石にそのビジュアルの古臭さと、
まさかの沖田復活と、もうそっとしておいてほしい感と。
そんな複雑な想いで鑑賞したあの時。

あれから33年。
たまに観ていた70ミリ版に替えて、
ヤマ伴さんが所持していた35ミリ版を観て。
完結編のその完成度・迫力・音楽性に圧倒されたのであり。

それ以来数週間、完結編がこびりついて離れず。
この“ヤマトの賦 海神(わだつみ)”は本編でも流れなかったのでは!?
挿入歌は確か“古代(おれ)とヤマト”のほう。(他は数曲あり)
“ヤマト10年の賦”も入れれば完結編は都合10曲くらいの歌詞入り新曲があり。

おそるべき量産型、
当時はもう最後、ということで書籍も沢山出たな出ていたな。
当時、買えたのはごく一部、、、買い揃えていかねばなるまい。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック