星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2016-06-29 [ Wed ]
速報!!
新たな情報として、
今日、自宅に着弾した公式会報誌に校了寸前飛び込みニュースとして掲載。

ふうーーーーーーー良かった、、、

嬉しい、いや、本当に嬉しいよ。←ヤマ2総統閣下ふう

あとはコロンビアさん絡み、
吉田音響監督、SE監修の柏原さん、
このあたりが決まりだしてくるといよいよ…。

今号の内容はまた、適宜こちらでも紹介していく。
2016-06-26 [ Sun ]
コスモリバースシステムとなった初代ヤマトは、
地球再生プラントとなって沖田が宿って存在している。
(公式サイト投稿コーナーで某ヤマ伴さんがアイデア公開中、なるほど)

地球の中心奥深く地核にあって沖田が宿っている。
(地球再生プラントのアイデアに乗っかって、場所は地球中心で構築と妄想)

人々の記憶と地球の組成がそこで融合され、全エリアへ供給されていく。
地球再生まではまだ十年はかかるイメージで。

この10年というのがミソ。
10年後は2212年なのであり。
我が家の地球防衛艦隊オーナーのMJ様解釈である、
2202=2212はあのロゴの見た目だとダブルネームになっている。
というところをオジオジとしては絶対支持したいわけであり。
(前編13話=第1クールで2202、後編13話=第2クールで2212を展開)

2199のラストで青くなる地球は未来の早送り映像という解釈であり。
最終回で未来の地球を描いたというわけ。
実際はそんなに早く復興していない。

ヤマトがスターウオーズやスタートレックと同じスターブレイザーズというなら、
いっそスタートレックみたいに別の二代目建造でいいではないか。

ついでに巨大化して666メートルでどうか。
2212では999メートルになって第三世代艦が登場するというのはどうか。
というのも、2199で既に元戦艦大和ではないので。
(2199の夕日の大和はドックから露出したヤマトでいいと思っていたくらい)

二代目ヤマトの波動エンジンはサーシャの墜落残骸+ビーメラの青いコアで建造開始。
(発動可能になると赤いコアになるとか)
実際はもう建造されていた、というくらいハイスピードな展開で、
イキナリ古代が艦長として乗り込むというくらいなほうがいい。
=最初はバラさず、初代ヤマトと思わせておいて、
実はそれはコスモリバースとして向こう10年は稼働、乗り組んだのは二代目だった!
みたいな、びっくりぽん!な展開とかええなあ、、、

ヤマト2202 妄想編。
思いつく限りアップしていき、
そのうち体系的・時系列的に整理できればいいが、、、
で、き、る!?
(笑)
2016-06-25 [ Sat ]
先日、キャラデザが2199に引き続き、
結城信輝氏が担当することがサイトで発表となり。
結城信輝氏の参加が決定

しかし、
GW明けてから発表が、
とかなんとか言いつつ今になってのネット追加のみ。
なかなか主要スタッフの陣容が固まらない様子であり。
あとは音楽の宮川さん(作曲)+吉田さん(監督)、SEの柏原さん、
が確定してくれれば大丈夫だろうとは思うのだがまだこのへんは確証なし。

ユキのコス、、、
かつての さらば ヤマ2 の衣装と同じだが、
当時は森英恵(でしたかな!?)だったかしらんが、ちと古く臭くないかい!?
ま、それが今の新世代ファンには逆に新鮮とも映ればよいのだが。
それに2199ユキを観ていて、このキャピキャピポーズはないわなあ、、、
違う!断じて違う!

さ、2202+2212の前編・後編説(我が家の地球防衛艦隊オーナー:MJさん)
に伴う、オジオジ的妄想ストーリーでも考えましょうかのー(笑)
2016-06-19 [ Sun ]
ゆきんこ様のブログサイト、ターゲットスコープオープン電影クロスゲージ明度20の記事で、
コスモゼロに関する内容がありましたのでゆるーく考察。
(考察というほど本格的でもありませんあしからず)

旧作パート1では宇宙ゼロ戦として、
形式も52型ということでコスモゼロが設定されており。
(零式艦上戦闘機52型=ゼロ戦が元ネタ)

これが、 さらば~ では登場せず ヤマト2 では登場。
これはイスカンダルの旅と同じ機体のはずで最後は都市帝国に。
ここですっかり認識していないかったのだが、なんとこのゼロは置き去り。
(ゆきんこ様報告によると、古代は出撃時はゼロで帰還時は加藤のコスモタイガー)
=つまりゼロは都市帝国に置いてけぼりになっている

気づかなかった―!!
さらば~ は全滅物語なのでヤマトの物語はそこで完結だけれども、
ヤマト2 は生き残るのでその一ヶ月後の戦い(マゼラン事変とでもいおうか)が新たなる~。

新たなる~では古代は再びコスモゼロに乗っているではないかー!!
となるとこれは二代目コスモゼロということになる。
旧軍式にいうと52型丙とか、改良型!?

そのまた続編である、 ~永遠に をみると
新コスモゼロという名称でコスモタイガーの垂直尾翼が赤いヤツに古代は搭乗。
うむ!? 新たなる~ での二代目コスモゼロは地球で一休みか!?
(イカルスには持って行けてなかったか)

そのまた続編である、 ヤマトⅢ をみると
物語前半で古代がコスモゼロを整備している場面がある(ようであり)。
=ただ、 ヤマトⅢ では艦長になっていたので出撃機会はとうとう無かった。
(25話で打ち切りだったが、52話だったらあったかもしれない、、、惜しい)

そのまた続編である、 完結編 をみると
カラーリングは違うがコスモゼロが再登場しており。
これは果たして何代目のコスモゼロになるのであろうか。

パート1 と ヤマト2 のコスモゼロは同じとしても、
さらば~ では旧式機として搭載さえされなかったとして、、、
新たなる で出てきたのは明らかに二代目と解釈できる。
(都市帝国爆発、超巨大戦艦撃沈の中で残存出来ているとは思えない)

問題はこのあとで、
~永遠に に出てきた新コスモゼロはあくまでコスモタイガーの古代仕様。
(なので、名前だけがゼロ)
~永遠に では、
1:(地球の基地にあったので)暗黒星団帝国に破壊された
2:イカルスに持って行っていたがヤマトに積み込まなかった
3:地球にあったのでヤマトに積み込む手筈がとれなかった
などが考えられ。

1:の場合は、
ヤマトⅢ に出てきたゼロや、 完結編 に出てきたゼロは三代目ということになり。
ただし、完結編のカラーリング違いのゼロはこれは四代目とも解釈でき。
(古代と雪が仲良く乗っているので複座式になっている!?)
パート1 や ヤマト2 は単座式!?=未確認であり

2:3:の場合は、
ヤマトⅢ に出てきたのは二代目ゼロ、 完結編 に出てきたのが三代目!?

しかも、、、ですな、、、
復活篇に出てきたのは(これはカタチも違うので=アニメ的デザインリニューアルとしても)
あきらかに旧作のゼロとは違い。型式も21型となっており。
復活篇は2220年だが、来年制式採用される2221年型のものを急遽搭載した、
と年号で勝手に解釈しており。=非公式見解で(笑)

で、2199では旧作 パート1 を踏襲して52型扱い。
旧軍戦史のように解釈するなら、ガミラス戦初期のころは、
21型や22、32、はたまた64など各派生型があってもいい。
=こんなのが火星沖会戦なんかで活躍していたとかなんとか

復活篇のヤマトはDC版なら銀河系中心部へ航海中なので、
あの新世代21型がそのまま搭載されているはずだが、、、

なんか一覧表にして整理したくなってきており。
そういう“場所”というのもはブログとはまた別のカタチで必要ですな。
 
2016-06-18 [ Sat ]
行ってきた。
(といっても先週の土曜日6//11の出来事)
あの、ささきいさお大権現と、声優森氏(ガルマ他)の共演!!

生台詞コーナーでは、
大鷲のケンとコンドルのジョーのやりとり!!
さらに、森さんの空間騎兵桐生隊長(方舟の冒頭のシーン、桐生女史の父のシーンですな)
と、いさおさんの斉藤始のヤマト2での古代への最後の台詞、
“俺より年下だが兄貴みたいに思っていた…立派な艦長になってくれよ”(泣)などの実演も!!
まさかのこんなところで新旧作品空間騎兵隊長の共演であり。

処はIMPホール。
YIV-529.jpg
銀河英雄伝説をこよなく愛するBAR海鷲が主催。
ささきいさお大権現による、
宇宙戦艦ヤマト
真っ赤なスカーフ
銀河鉄道999
(エンディングも)
キャシャーンのエンディング
などなど総計約一時間のミニライブが決行!!
さらに森氏による、銀河英雄伝説ナレーション(朗読)も十数分。

YIV-528.jpg
観客は約100名ほど。
会場を埋め尽くすまでは無理だったが、
公式スポンサーがつかない同人イベントだったため、
単価がどうしても高くなってしまったのが原因かも!?
(こういう業界事情にはオジオジは意外と疎いのであり)
=もし半額くらいで設定できていたら満席も可能だったかも

YIV-530.jpg
協力にはタツノコプロの名も。
ユリーシャ掲載の生写真欲しさにタツノコグッズを購入!!

YIV-531.jpg
CD買えば、ささきいさお大権現の生直筆サイン!!
これもゲットー!!

ライブでは森氏との愉しいトークもたっぷり。
観客席にいた播恵子さんも森さんのノリのいいお誘いで一時ステージへ。
ララァの台詞を一言アレンジなどサービスにも感謝感激であり。

海鷲にはとあるヤマ伴さん経由で最前列のチケットを用意していただいた。
なんといっても宇宙戦艦ヤマト主題歌をまたまた生で聴けることに。
このうえないひと時。

公演終了後は駐車場でナイトライダー、ナイト2000!
にカスタマイズされた実車(個人蔵)をみんなでしばらく鑑賞。
その後は中華で軽く宴会、一部ヤマ伴さんとバートレックへと流れ込み。

長期休暇前の前座はこうして終了したのであり。

しかし、おそるべしは御年74歳の大権現のお声。
その声量、艶、伸びといい当時と全く変わらない。
いっとき、流石に年齢がいったかと思われたヤマト閑散期のTV出演。
それよりも2199が始まった以降からここ最近のほうがはるかにお元気だ。

舞台でも、もう少し頑張りますと。
翌日は心斎橋で新曲の握手会だったらしく。
今の向こうの今を
これからの未来に希望を開く、雄大な歌であり。
(この日から旅行に出発だったので握手会には行けず)

是非、ヤマト主題歌の三番、四番まで収今後は収録してもらいたく。
2016-06-11 [ Sat ]
いつも閲覧の(リンクも)ようこん様の 宇宙戦艦ヤマト de 絵日記。
今回オジオジがぞっこんのメルダ・ディッツ少尉イラストがアップされており。
パパディッツよお喜び下さりませ、お嬢様はかくもテロンで人気者でござりまするぞ。

■メンタリTeaは同じだな♪コミカライズ8巻のメルダ様が可愛かったので、ご衣装拝借。しかし・・・この服の胸元の黒い部分ですが...ボウタイ?リボンタイ的なものって事でいいのかな。ブラウスにスケ感をもうちょっと出したい所ですが。折角なので5月末更新のコミカライズの話題でもするかな...コミックウォーカーは明日みたいなので、8巻復習。・・・真摯な古代君。2199の良いところは大仰にカッコつけないで地道に積み重ねて行こ...
メンタリTeaは同じだな❤&コミックス47話感想

2016-06-07 [ Tue ]
かってそれは。
ヤマト10年の歴史のフィナーレを飾った、
これぞファイナルヤマトに相応しい豪華絢爛なその内容。

当時、気高き我が故郷で親友と二人で。
前回の終わりをロビーで待ち、確か待ちきれずにエンドロールで入場し。
そのテロップにデスラーという文字を発見し、何!デスラー出るの!?
と、まあテンション上がったわけであり。=確か花の!?高校三年生、、、
(というか時期からすれば卒業直後かなあ!?)
YIV-526.jpg

今日も今日とて、海鷲へ。
そうここは銀河英雄伝説バー。
勿論、ヤマ伴さんとも共通点多く、今日はヤマ伴さん主催オフ会で集合。
御題というか主題は 宇宙戦艦ヤマト完結編 初期上映版(35ミリ版)。

発信時のBGMや、
エンディングのまとまり方など、
細部において映像ソフトとして販売されている70ミリ版とは様々違う。
上映版は一回しか鑑賞していないので、すっかり70ミリ版が刷り込まれており。

YIV-527.jpg
これは別のヤマ伴さんが持ち込んだプレスリリースの豪華A3サイズパンフ(観音開き)。
いいなーいいなー。

ヤマ伴さんの主な層はオジオジより3~5歳上くらいの方々が多い。
当時、中学生で遭遇し、大学卒業くらいまでどっぷりだったという世代であり。
オジオジは少し下で、小学校低学年で遭遇し、高校三年で完結編を迎えたのであり。

今日集まったヤマ伴さんは10名。
その中でも一番若い御仁はオジオジより数年したの人も。
このあたりは最も機動戦士に傾倒した世代でもあるがこの御仁のハマリ方は当時尋常ではなく。

ヤマトの何が人々の、その琴線に触れるのか。
実はこの拙ブログの隠れた壮大なテーマでもあるのであり。

35ミリ版、これまた新鮮。
これは是非見直して70ミリ版との違いなんかをこちらでレポ―トしてもいきたいと。



2016-06-06 [ Mon ]
このところPCの調子が悪い。
なんせワイヤレスネットワークへの接続が非常に不安定。
アクセスごとにいちいち接続表示がマトモになるまで待たねばならぬ。

一時的な症状として、
ルーターの電源をいったん切るなど応急処置はいつも。
スイスイ、サクサクと記事アップ出来ず葛藤を続けており。
かなりストレスのある環境だが再度東芝へ問い合わせてみるか。

あと予告編。

来週はまるまる一週間長期旅行へ出る。
ここ数日のうちにあと1、2回記事アップした後は、
20日ごろまでいったん小休止をいただくこととなりそう。

下旬はまず旅行レポートからか!?
途中ひらめいたヤマトゴトがあればメモし、キープしておく。
2016-06-06 [ Mon ]
行ってきた。
(先週土曜日)
京都はその地も相国寺にて。
HKS-090.jpg
森田りえ子氏は著名な現代日本画家。
四季折々の花鳥風月の他、女性像をもファッショナブルに。

HKS-091.jpg
オジオジとしてはその人物画に興味津々であり。

今後ヤマトはこのような権威とコラボすべき。
かつての先代プロデューサーならガンガンやったかもしれず。
総合芸術であるヤマトがもっと文化としてこの国にとけこんでいくために。

HKS-092.jpg
勢いでいろいろ買った。
図録の他にもう一つあった、人物画ばかり特集した、“おんなまえ”←男前の対義語!?
は所持金が足らず断念したが必ずいつか買う。

HKS-093.jpg
来年のカレンダー。
KAWAII GITAI 可愛い擬態 と称するシリーズ画。

HKS-094.jpg
寺の中にある美術館だけあってそこはまさに禅の世界。

隣の寺も一部限定公開されており。
2016-06-02 [ Thu ]
先日の日曜。

コピーライターで今や作家でもある、山蔭ヒラク氏と。
数年前に仕事をしてから随分ご無沙汰をしてしまい。

今年のオクトーバーフェスタ2016は再会の場となり。
御作品の シモジイ にもサインをいただいた。
もう一方は西亀女史(山蔭氏のブレーンでもあり)

金なし家族なし「下流老人」のサバイバルを描いた小説を出版!


もう一人ブレーンのライターも加わり、
そのまま二次会の居酒屋へと流れ込み。
日曜の夜はこれまたいとたのし。

 | HOME | 

2016-06

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

◆航続距離(光年)

◆拙画廊

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
685位
アクセスランキングを見る>>