星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

01月 « 2016年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

海ゆかば 嗚呼、戦艦大和

2016年 02月29日 20:10 (月)

続きを読む

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

聴き、録り、書く ヨーソロ

2016年 02月28日 16:12 (日)

没後十年という。
もっともっと大昔に亡くなられた気がしていた。
が、それは2006年のことだったのだ。

当時オジオジは四国に居て、
新宇宙戦艦ヤマトのアルバムに宮川泰さんの御姿を見た。
それから数年の後、亡くなられてニュースでも軽く知った記憶があり。

しかし当初は今ほど“ヤマト覚醒”しておらず、
そう定かに受け取った気がしていない、、、富山さんの時もそう。
2012年以降、それは改めて気づかされ、大事なものを亡くした喪失感が今更。

今日はNHK FMで日曜喫茶室。
宮川さん音楽を約二時間にわたり振り返る。
中尾ミエ、泉麻人、もちろん宮川彬良さんもゲスト。

クレイジーキャッツ
TVソングメドレー
勿論の宇宙戦艦ヤマト
その他もろもろ数々の逸話がトークでも披露。
この番組にも過去三回出られたことがあるらしく、
2004年の時の出演回を再放送、これで久々にそのお声も聴けた。

彬良さんとはさすがに親子、
声のトーンや話し方が非常に似ておられ。

先日買ったミニラジカセであえて聴き、
そしてザーザー雑音もあるあえてその状態を録り、
終わってボールペンでサクサクとカセットラベルに書き込みを。


なかなか愉しかった。
年末くらいに一度は聴こうか。
日曜喫茶室

話の中で彬良さんの今後の展望、
今はミュージカルの活動をしているらしく。

彬良さんは2月18日が誕生日らしいが、
2018年の2月18日、2018人の前で2時間18分の演奏会をするという。
是非、御舟楽曲もエントリーしていただきたい。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

アナログでやってみる今

2016年 02月28日 11:22 (日)

今日正午すぎから。
NHK FMで 没後10年 宮川泰の世界 が。
先日購入した、手のひらサイズラジオカセット、、、

これで録音チャレンジ。
宮川先代だけに、アナログでやってみる所存。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ターゲットスコープオープン~電影クロスゲージ明度20~ パイロットの大きさ。

2016年 02月24日 21:19 (水)


ターゲットスコープオープン~電影クロスゲージ明度20~ パイロットの大きさ。


小柄で機敏ですばしっこい、、、
戦闘機乗りのイメージであろうかなかろうか。
クライツェなんかはもっと大柄だろうし、2199の雷撃機はえらくドデカイですな。
お国柄というか兵器の運用思想や選ばれし兵士の気質によってもいろいろあるのか!?
でも考え出すと本当に面白いと。

■あの蒼空を見上げて 後篇

2016年 02月23日 20:51 (火)

「あった、これだわ…」
ハッカーのようにデータベースを探していたカヨは、ついに補給艦1247号の消息に関する記載を見つけた。
そこには木星宙域で味方巡洋艦に最後の補給をしたのち、火星基地へ帰還の途についたまではわかったが、
艦首識別信号がその日途絶えたことを伝えていた。
「まだ、わからん、あきらめちゃいかんぞ」
カンジイは慰めるようにカヨに言ったが、彼女は黙って虚空をみつめていた。

そのフネの名はヤマトという。たった一隻で宇宙の彼方を目指して飛び立った。
そのヤマトがこの宇宙空港近くから爆炎もろとも発進してもう十か月になろうとしていた。

「ねえミキバア、カヨねえちゃん、今日くるかな」
タクオは最近このキタセンリガオカにあまり来なくなったカヨのことを心配していた。
「うん、いろいろと忙しいんかな、また来るようになるじゃろ」ミキバアは望遠鏡をのぞきながら
「うーん、今日はまだこんか、、、こんな、、、」独り言のように呟く。
カヨが来ないと言っているのか、まだヤマトが還ってこないと言っているのか、
その言葉はどちらにも取れる曖昧なものだった。

数日が過ぎ、もう十二月になった朝は少し寒くなった。
「やっと来たね」ミキバアの視線の先には久しぶりにこのオカに姿を現したカヨが居た。
「決心がついたのかい」優しく聞くミキバアにカヨは泣き出しそうになる。
「ええ、今日はもうここに来るのも最後、みんなにはメッセージ、あと一緒に写真を」
「じゃあ、ボクからーっ」元気よくタクオが一番乗りを果たす。
カンジイ、ミキバア、その他大勢の仲間達がカヨの門出を祝う。

そう、彼女はかねてからの夢、カフェの開店を目指す決心を固めたのだ。
愛する弟のことはもうほとんど絶望的なことがわかった。
が、いつまでもクヨクヨしているわけにはいかない。

この先、地球が滅びるかもしれない時代に、
何もしないで一生を終るなどという諦めを受け入れるわけにはいかなかったのだ。

「じゃあ、撮るよー」タクオがセルフタイマーをセットする際、
フレームの彼方にキラリと光点が見えたかと思うとそれはみるみる大きくなって近づいてきた。
「ねえ、あれ何!?」タクオの声に皆が一斉に蒼空を見上げた。

その蒼空には、最新の宇宙船にしては妙に古めかしい洋上艦のシルエットをした
ツートンカラーの巨大戦艦がゆっくりと降下してきていた。

「あれは、、、ヤマトよ!!」
カヨは大きな声で叫んだ。

(完)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

tag : PAG22XX

謡う!THE ALEE ヤマト2009

2016年 02月22日 19:23 (月)

あれは今からもう6年も前。
26年の沈黙を破り(いや途中2520はあったけれども)
ついに公開された、宇宙戦艦ヤマトの正統続編とされた復活篇。

その主題歌はかのTHE ALFEE。
今回シングルヒストリーの中に収録されることとなり。
デビュー42年目を迎えたレジェンドバンドTHE ALFEE、7年ぶりに「シングルヒストリー」第7弾を3月30日発売決定

地道に頑張ってくれてますねえ―。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

我は空間騎兵、意見具申す

2016年 02月20日 12:07 (土)

銀河英雄伝説バー。
もう〇Cがつくほどの半公式の実力バー。
そこに出入りしているとあるヤマ伴さん繋がりで。

特等席のチケットをゲットー。
海鷲特別企画

森さんは方舟で空間騎兵:桐生隊長を。
ささき大権現はご存知旧作空間騎兵:斉藤始隊長を。
空間騎兵繋がりではないか!!

そのあたりにもトークで触れてほしいもの。
チケットは絶賛発売中であり。
楽しみであり。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

その時アベルトは偽りの姫君の夢を見るか

2016年 02月20日 01:02 (土)

次元空洞で母艦は大爆発。
最後の艦橋は爆風から飛び出すように。
あれは長年のファンへのサービスと ほらね の旧作へのオマージュか。

過酷な宇宙空間を生き延びるうちに、
その男の生身の体はダメージを受け、
さながらサイボーグのように機械化されていく。
いつしか大地を踏みしめる脚もなく人の手を包む自らの腕も無くし、
それは精巧にできあがった人口細胞と様々な部品にとってかわられていく。

戦闘民族の蛮勇は銀河に広がり、
多くの犠牲を払いつつもその男はある黒い帝国へ身を寄せる。
いつしか“欲しくなった”あのフネをの行方を日々想い過ごすことも増え。

新シリーズの後半、物語は旧作のごった煮となり。
単に戦闘民族が出てくるだけにはとどまらない、、、
後半はあらゆる旧星間国家が勢ぞろい。

その中で秘かに身を寄せた黒い帝国、
そして名を隠し情報将校として再びあの青い地球を目指すことに。
その戦いの果てには、かつてあのフネの中で再会した、バシクバシ、、、な偽りの姫君。

ベロンのマスクをめくってみれば、
それでも出てくる金の頭髪と碧い肌、鋭い眼光。
そして彼女を守るべく現れたテロンの戦士にその身体は不意に射抜かれる。

またしても愛し合うことができぬまま、
その男は正体を誰にも告げることなく、偽りの姫君の膝で亡くなるのだ、、、
(今日、ヤマ伴さんが会話で盛り上がった内容をほぼ再現した)

続編の1パートしてはなきしにもあらず、では!?

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

方舟は伝説とともに 番外篇

2016年 02月18日 21:50 (木)

方舟が上映された映画館の他に、
今回の会場はいくつかに分かれており。
上映館には地元私鉄:琴平電鉄に乗車して。

がっタンゴットンとそりゃもうえらい上下動で。
瀬戸内沿いの市内からえっちらおっちら単線ローカル二両編成の小旅行。
しかも切符は改札で鋏をいれてもらう、、、
YIV-438.jpg
いいですね!それ!
これはいつまでも変わらず続けてほしいもの。
駅員の鋏には写真で使う昔のフィルムのケース、
プラスチックの筒みたいな、アレ、がガムテープでくっついており。
(自作で対処と思われ、そのケースさえいまは代替えがききにくいはず)

もう20年以上も前になるが、
当時住んでいたころに比べれば、PRも上手くなったもの。
YIV-439.jpg
このイルカキャラ、なかなか可愛い。
ことこと、こと電。。。

YIV-440.jpg
今回、参加できなかったヤマ伴さんの分も、
というわけで十冊ほどかっさらってきましたわい。
(いや、店置きご自由お持ち帰りのタダモノなのでOKす)

方舟の劇場での再鑑賞が叶ってその余韻にひたりつつ、
すぐさま初鑑賞の銀河英雄伝説、ああ、最後のテロップの 富山 敬 の文字がにじむ。
ああ、富山さん、なぜにそんなに早く逝ってしまわれたのか、、、

YIV-441.jpg
光子帆船スターライト!オーディーン、、、
って知ってる人少ない(汗)じゃあないっすよコレ。
Spase Aria という処を今回訪れたのも目的の一つ。

もはやスピーカーではない、
これはすでに楽器である、というのが売りの 波動スピーカー。
空気に響き、まるで楽器をそこで演奏しているかのような音の広がり。
YIV-442.jpg

数年前にこの高松の書店デモで聴き覚えてから、
絶対ショップを訪れたかった夢が実現したのであり。
しっかしこのスピーカー、ハンパなく高い…高い…高いわ…
しっかしいつかこのスピーカーでヤマトを聴く、、、それだけだ、、、今持つ夢。

名前が波動スピーカーでっせ、、、
これで聴かずして何で聴くよ、ヤマトよ、待っていてくれ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

方舟は伝説とともに 3 銀河篇

2016年 02月17日 21:17 (水)

踊る大捜査線の監督、本広 克行氏。
氏が数年前からこの“さぬき映画祭”にも深く関与。
氏の作った“UDON”という映画、そういえば観に行った、、、
(氏は香川ご出身でもあり)

踊る~にも数々、パトレイバーやエヴァンゲリオンのパロディも。
そんなアニメ好きな氏が、銀河英雄伝説にももちろんカブレていたという。
そこでIGの郡司Pとの話の中で、映画祭では、やれヤマトだ銀伝だという展開に。
(なったらしい、、、ということを何となく理解した!?)

星巡る方舟を観てすぐに、なんと銀河英雄伝説である。
聞くところによると、“我が征くは星の大海”はプロローグ編なのでわかりやすいという。
そういえばオジオジは外伝くらいしか観たことない。
今回のこの銀伝は1988年、35ミリフィルム版らしい、、、すごい、、、フィルムやて、、、
YIV-434.jpg

当時は石黒さんが監督だったっこともあり、
キャッチフレーズが、あの宇宙戦艦ヤマトを凌ぐ、とかいう
言い方もあえて出来たらしいとか逸話もヤマ伴さんから上映直前に仕入れ。

YIV-433.jpg
セリフ回しが粋ですな。
なかなか恰好いいではないですかな。
いかん!全110話ともいわれる銀河英雄伝説、全部観たくなってきた!!

YIV-436.jpg
もう一つの銀河物語スターウオーズ。
こちらでもまだ上映しており、エレベーターが。

YIV-435.jpg
映画館メインロビーにはジブリ作品の銀河系型展示が、、、
初期のころの、“海がきこえる”も好きなんよねえ~

YIV-437.jpg
君はいつも、謝っているのか!?
誤っているのか!?それとも彩(亜矢)、はたまた綾さんを待っているのか!?

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

方舟は伝説とともに 2 食事篇

2016年 02月16日 20:51 (火)

讃岐といえば讃岐うどん。
伝説の、「恐るべきさぬきうどん」から早20云年。
今や“うどん県”の異名名高い、香川県に六年ぶり上陸。

YIV-428.jpg
最寄駅のすぐうどん、
もといすぐ蕎麦!?にある 香川屋・綾川店。
釜揚げうどん特大(三玉)を注文、喰らう、かき揚げとイワシもね。
するするとノドを通る温かいうどん、「勘助さん!」とはヤマ伴さん第一発見者も。

さあ、腹はこしらえた。
今から方舟だ!そして銀伝だ!とゴールデンタイムへ突入。
YIV-429.jpg
観終わってからは一路市内へ。
ヤマ伴さんとは三々五々別れを惜しみつつ。
かくてなじみの焼鳥:おなじみや は今日(日曜)は休み!!
だー!!残念、数年ぶりに大将や女将さんに会いたかったなー、、、

YIV-430.jpg
このぐい飲みセット、酒を注ぐとそのままオチョコまで酒が溜まる仕組み。
んー、スンばらしい、、、
ホロ酔いじゃ、ホロ酔いじゃわい讃岐の夜。
そういえば秋の激務以来、ヤマ伴さんと会うのも久しぶりやのう、、、

YIV-431.jpg
月曜は休みを取り、日曜晩は〆に川福のかま玉うどん。
翌朝は こんぴらや:ぶっかけうどん、昼食は うどん市場:肉うどん で〆。
折角の香川、毎食のようにうどん尽くしで尽くしたわいな。

YIV-432.jpg
月曜の還ろう故郷への出発時刻までは、
御土産やに、そこで見つけるはやはりこのキーワード。
こりゃ、買うしかないでしょ。

まさにうどん尽くしやった一日半。
でしたな。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

方舟は伝説とともに 1 映像篇

2016年 02月15日 20:41 (月)

さぬき映画祭、十周年という。
そのバレンタインの日曜日、行ってきた。
(勿論相方は強制連行レプタポーダ収容所状態で)

星巡る方舟がまた大画面で観れるとはっ!
ヤマ伴さんにチケットゲットをお願いしており。
いやーほんと、お世話になりました、ありがとうございます。

地元盛り上げイベントでもあるので、
大学生の女性が司会進行役で「作品は~ヤマト星降る方舟、、、」
(いやー、あのー、星降るじゃなくて星巡るなんですけどー)

イオン綾川は市内からは琴電で30分ほど。
えっちらおっちら単線ローカルにゆられて揺り篭、方舟への旅。
上映は正午からなので地元うどん屋で腹ごしらえしてのいざ鑑賞。
YIV-423.jpg

東京組も数名いらして、
関西からも合わせると10名にはなったかな。
YIV-424.jpg
映画館入口には当然、上映作品が表示。
これですよ、やっぱりこれこれ、この表示が俄然盛り上げる、盛り上がる!!

YIV-425.jpg
おそらく以前から掲示されているであろう宣伝パネル。
中村さんも来ていて郡司さんと楽しいトーク。

YIV-426.jpg
トークの間はこのような表示で。
そうそう!上映本編だが、まさか、まさかの初期上映版であり!
これはこれ、それはそれで今となっては貴重な体験であり。
丁度記念撮影の玲ちゃんの表情で気づき、
あれ!?古いほう!?いやゴチャマゼ?まさかね、、、

と途中いろいろ混乱しながらも明らかに初期上映版とわかり。
そうか、そちらを持ってきたか、なかなかサプライズであり。
YIV-427.jpg
パンフレットは500円の映画祭発行のものと、
無料配布のパンフレットも。
両方勿論方舟掲載。

最後のダガーム艦との殴り合い、
あーあーの新銀河誕生のシーンは屈指!!
そして訪れる、ラストシーン、、、暗転しての、、、
「これは、、、ヤマトですっ!」
泣くっちゅうねん、もうここで何度でも今度もまた泣いたっちゅうねん!

方舟、、、
星巡る方舟、、、
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟、、、

よくぞ今ここで観られた。。。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

いざ往かん、「伝説の方舟」へ!!

2016年 02月14日 02:02 (日)

早朝抜錨!!

星巡る方舟から銀河の英雄伝説という、
一昔前では考えもつかないような組み合わせを。

観る、讃岐で、歴史の証人になるのであり。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

銀河英雄伝説という伝説

2016年 02月13日 21:58 (土)

何光年にも渡って艦隊の隊列を組む。
その壮大なスケール感に当時圧倒されたもの。

あれから数十年、
今度は銀河英雄伝説がリメイクされるという。
かつての作品は外伝を観たくらいであまりよく知らん。

知らんがとてもとても興味ある作品。

今日はここ、ヤマ伴さんと小一時間ではあるが、
銀河英雄伝説人の為のバーに少しだけ立ち寄り。
(しかも女性店長=銀雄伝は女子ファンが多いらしい)

スタートレックバーに続き、
そこは新たなるアジトとなる笑
はー誰かヤマトバーやってくれんかなー(え?ワシ?)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

なぜこれほどまでに方舟好きなのか!?自己分析1

2016年 02月07日 19:36 (日)

旧作ヤマトにはいくつか“砲艦”とも呼べる艦艇が登場。
昔の砲艦は外洋よりは河川や沿岸警備用の小型艦艇。
しかしヤマト世界では比較的決戦兵器がその種別。
(と勝手に考えて楽しんでおり)

ヤマトⅢで登場した、デスラー砲艦。
デ、デデ、デスラー砲艦!!
砲が艦!?

びっくりぽんや。

総統閣下の御名前いただく決戦兵器がそのまま艦艇に。
大銀河の戦略・戦術において、最初にデスラー砲艦100隻の一斉射撃。
その残党を空爆で掃討作戦、とか!?こわー…

デスラー砲まるごと艦艇になったこの砲は、
まさに移動式発射砲台ではないか。

昔ドイツ軍に列車砲というのがあったな。
超遠大な距離が射程の電信柱のような大砲。
その発射反動吸収の土台や移動に列車そのものを転用。
(まさに、スターシャ女王の=兵器に転用してしまった、、、ですな)

昔メダルーザ、今メガルーダ。
メカ編でいうと、旧作のメダルーザ(写真奥の艦艇:バルゼー提督)
はオジオジが最も気に入っていた、彗星帝国ガトランティス艦艇のナンバーワン。
恰好良かったなあ、映画版のあとTV版でいろいろ設定がかわるのが面白く。

ヤマト2が(一作目は別格として)一番好きやった。
その中で出てきた 旗艦メダルーザ、、、後半に突入して物語にも一花添えて。
カッコイイ!!恰好良すぎる!!バルゼーは嫌いだが座乗艦は恰好いい!!

それは艦(ふね)というより、砲台そのもの。
艦に巨大な砲台がくっついているのか!?
いやはや、巨大な砲台が主体でそれに推進機関が付いているのか!?
露天ぶろ付き和室なのか、部屋付き露天風呂なのか、、、みたいな。。。

2199では
殲滅型重戦艦、という艦種やったけれども、
オジオジ的には、艦艇型:移動式発射砲台とでもいうのか。
そう、艦(ふね)のカタチをした移動式の大型砲台というわけであり。

「死して、大帝にお詫びを、、、」ちゅどーん!!

そう、メカでいえば絶対的に好きだったメダルーザが、
リニューアルして登場してくれて、それだけに観ていて愉しいのだと。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

「さぬき」で「伝説」の「方舟」を!!

2016年 02月06日 16:25 (土)

ヘビーローテーション仕事も五巡目。
ようやくノウハウも活用開始、対処システムも稼働直前、
人員の補強・補完も立ち上がりつつあり、、、

そこで翌日休みも取って、
大四国銀河団、香川銀河、高松星系、その“さぬき映画祭”惑星へ。
当日は、星巡る方舟+銀河英雄伝説も連続鑑賞となる予定。

「さぬき映画祭」で劇場版「銀河英雄伝説」「宇宙戦艦ヤマト2199」の上映が決定
かつて数年住んだ高松、まさかそこで方舟を観ることになろうとは。

楽しみであり。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック