星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

12月 « 2016年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

これは、、、ヤマトですっ!!

2016年 01月31日 22:20 (日)

2月29日(月)夜、尼ですか!?尼ですわ~
ヤマト発見!!
往く!仕事を片付け、いざ往かん!

無料やし。
ヤマトの演奏が聴けるとなれば、
どこへでもワープアウトしてやるっ!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

え!?こんなところにヤマトファン!?

2016年 01月30日 21:12 (土)

関ジャニがパーソナリティのバラエティ。
たまたま観ていたがそこで取材は堀プロの社長へ、、、

って、
その社長室の壁にはなんと!!
我らが御船:宇宙戦艦ヤマトの版画があーるではあーりませんかっ!!
2199原画展でもみた、あの旅立ちの版画(後ろが黒煙で、御船は真正面、
正直この版画、一日観ていても飽きないミリョクがある、、、)がっ!!

社長は49歳らしい。
同世代じゃあ、あーりませんか。
しかも隣には映画版どくろヴァージョンの(緑色のほう)アルカディア号が!!

社長!!
是非ヤマ伴になりましょう!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

甘利にも、情けない、か!?

2016年 01月29日 22:11 (金)

きゃーっ!
オトナって、政治家って、、、

のし上がったサーベラー様や、セレステラの出世裏話、
そんなネタにも使えそうだわい…

続きを読む

貰えるものなら、甘い夢想を

2016年 01月28日 20:47 (木)

ネットでゲームというのか。
そのシステムさえよくわからんのだが。

昔、プレイステーションでヤマトが出て、
久しぶりに旧作第一作の世界観に触れたもの。

それが今ではこのような、参加型!?
ネットゲームでヤマトが展開されているという。
時代も変わったものようのう。
『宇宙戦艦ヤマト2199 BFI』【桐生&メルダ】が甘~いチョコをあなたへ!バレンタイン限定ユニット登場!

ここに登場するキャラやメカは、
本編とは異なる表情や仕様になっており。
これはこれで貴重でもあり、ムックやデータ集なんかで販売してほしいもの。

あ、記事タイトル、、、
バレンタインイベント!?だというので、
そりゃああんた、メルダからチョコ貰えるなら、貰いたいもの。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

シモジイという人生

2016年 01月25日 19:25 (月)

コピーライターという仕事があり。
自身もひと時は憧れたこともあったもの。

直接その機会はないが、
そういったクリエイターとは知り合い出会い、
共に仕事をすることもしばしばあった。

ここ数年は担当する案件の性質からして、
コピーライトをライターに依頼するということは皆無。
緊急で自身が少し紙面に書き添える程度。

山蔭ヒラクさんはもう二十年くらいの付き合い。
ご自身は劇団員でもあり、数度その公演も鑑賞。

オジオジが四国に長期行っていたこともあり、
その後はあまり仕事をする機会もなかったが、
年末に久しぶりに自費出版の案内をもらっており。

ファンドで一票ということだったので購入させていただき。
シモジイ ご紹介
HKS-081.jpg

ご自身の人生や境遇、
今の暮らしをも盛り込んだ、
この日本でこれから暮らすための、
矛盾だったり、楽しみ方だったり、ヒントだったり、
色々な世の中模様がみえてくる、、、そんなライトな一篇。

密林でも販売

スラスラと読みやすく、
スイスイと物語が頭にはいってくる。
オジオジはノンフィクションが好きで、小説や物語を活字で追うのは苦手。
だが、これは良かった読みやすかった、、、是非、中高年の同世代にはおススメ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

宇宙同人セカンドシーズン

2016年 01月24日 09:21 (日)

ようこんさんの最新御作品で。


いつものことながら四コマにはヤラレます。
さらば と ヤマ2 と 2199がスペシャルミックスお好み焼きに。

今回も楽しませていただきました~

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

奏で、紡ぐ、宇宙戦艦の調べ

2016年 01月23日 14:42 (土)

行ってきた。

昨夜大阪シンフォニーホールで開催の、
シンフォニーホール日程
The Symhony Hall
Big Band 結成されての第一回ライヴとのこと。

ミュージックディレクターは菊池寿人氏
(大阪芸大卒、ジャンル不問の音楽活動、同バンド音楽監督に)
スペシャルゲストは川井郁子さん!!
(大阪芸大教授、いわずと知れたスーパーバイオリニスト)

曲目はこちら

In The Mood
Take The A Train
Little Brown Jug
Stardust
Waltz Of The Flowers
Summertime
Shing,Shing,Shing
ここで休憩、バンドのリズム、音響も素晴らしい。
今回はスピーカーを極力使わず出来るだけ生演奏の生音に近い仕組みで工夫とのこと。

バンドは大阪発で世界に発信!
今後もジャンル不問で様々取組、次回は五月二十日開催予定。
(うろ覚えなのでご容赦を)

後半は、
リベルタンゴ
見上げてごらん夜の星を
そして、宇宙戦艦ヤマト!!!!
When You Wish Upon A Star
太陽がいっぱい
La Puerta
On Fire

アンコールは再び川井さん登場、ルパン三世も。
ヤマトの紹介は、川井さんからされることとなり、
「大阪にも大変縁のある(=先代は大阪芸大にも)、
宮川先生が作られた、宇宙戦艦ヤマトを演奏いたします」と。

今日が結成一発目という当バンドだが、
昨年聞いたジャズ風ヤマトとはまた違うアレンジ。
方舟の主題歌に限りなく近かったかな、、、

今年は一ヶ月に一回はヤマ活イベント。
今日はこれ。
来月は高松。
三月は三重。
四月は自主イベント!?かな!?

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

左舷なのか右舷なのかそれが問題だ

2016年 01月20日 22:42 (水)

続きを読む

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

時には電気ブランのように…

2016年 01月19日 22:47 (火)

今なら “スマート” とか!?
流行りの枕詞というか名詞に使われるコトバ。

当時は“電気”だったらしい。
電気ブラン

名前も面白く、
呑み屋に行ってあれば頼む、電気ブラン。
神谷バー

時は越えて130年。
例えばヤマトカクテルが130年の後にごく普通に世にあるか。

時に西暦2145年、かつて生まれた“ヤマトカクテル”のウンチクは!?
それは東京仙川の、とある焼鳥屋にあるビーカーで提供される青いカクテル。
これがあと、50年あまりすればその物語の時代がやってくる。

などと未来の雑誌に掲載されないものだろうか。
西暦2200年のバーで、ヤマトカクテルは普通のメニューしてオーダーできないだろうか。
そんな、世の中へ浸み込んでいくような存在の仕方、、、

そんなヤマトの“世間へのはびこり方”を感じてみたい。
それがこれからの何十年か!?残りの人生の楽しみ方かな、、、、、

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

御船の系譜

2016年 01月18日 19:50 (月)

■戦艦大和講義
戦艦とは何か!?を中心に、
戦艦大和はもちろんヤマト、艦これも。
歴史を紐解きつつ、今につながる擬人化までを論考。
そういえば、宇宙戦艦ヤマト旧作では、ヤマトを 君 と呼んでいたな。

■キャラクターランド
スターウオーズ、特撮、ヤマト、松本零士インタビューも。
両方なかなか濃い内容。

ある日ふと本屋で 1945予定された終戦
という本を手に取ればそこに栞広告が…そこで戦艦大和講義成るものを。
おお!これは買わねばと出版社みれば同じ、すぐ隣の棚で即時本発見となり。

本は本屋で待っている。
そう、自分を読破してくれる読み手をいつまでも。
その日は本に呼ばれた。

先日は別の本屋で 素晴らしい帯コピーに惹かれいったん手に取った。
が、それはなぜか手放し、以来、発見できぬ。
本との出会いもこれまたご縁か。。。
YGD-063.jpg

船信仰ともいえる講義の数々。
感想などはまたいつぞや。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

■あの蒼空を見上げて 中篇

2016年 01月17日 11:37 (日)

地下で建造中と言われた大型宇宙船が発進して半年が経った。
「あの時見た、あの宇宙船は今でも無事で航海しているだろうか!?」
宇宙服のサンバイザー越しに見えるその赤い蒼空を見上げつつカヨは問う。

その日もセンリガオカにはカヨ、カンジイ、ミキバア、タクオなどが集まっていた。
そこではガミラスの十字空母から発進したブーメラン型戦闘爆撃機が何かを空爆していた。

「何あれ!?」
「戦争だ!戦争してる!」
次の瞬間、ガミラスの空母は上空で爆砕された。
遠目には何が起こっているのかよくわからなかった。
その日から戒厳令が敷かれ、一切の外出が三日間禁止された。
それでもミキバアの情報収集力はここでも如何なく発揮される。

どうやらそれが、宇宙戦艦ヤマトという巨大戦艦であること。
行先が大マゼラン星雲のイスカンダルという星であること。
その目的が生態系再生システムの獲得であること。

半年間の間に伝え聞く情報を紐づけていくと、
これからの未来、まだ自分たちには明日への希望が残っているという、
その実感を少しだけ得ることができた。それがカヨのある決意に火を付ける。

「ねえ、カヨねえちゃんはヤマトが還ってくると思う!?」
タクオは不安げな顔でカヨに聞く。
その瞳には早く還ってきてほしいという気持ちがこめられているのは明らかだ。

「…わからないわ。」ヤマトの還りを祈るように待つ気持ちはカヨも一緒だったが、
弟タロウの乗っていた船の行方がわからないままでは、
気軽に(大丈夫、還ってくる)と簡単には言えなかった。

「でも、ヤマトの乗組員がどんな航海をしてきたか、、、
そんなお話をたくさん聞けるようなお店をやれたらいいと思っている。」
そう、カヨにはかつて諦めたカフェ経営の夢があり、
もう一度その夢にチャレンジする気持ちになったきっかけが、ヤマト発進でもあった。

カヨはいつしかヤマト帰還と自分の夢を重ね合わせていた。 

つづく

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

tag : PAG22XX

観た!スターウオーズ フォースの覚醒 

2016年 01月11日 18:27 (月)

ネタバレ的記載あり。




主人公レイは活発な女性戦士。
物語が進むにつれ、自らの持つ本能と運命に悩む。

その彼女登場シーン、
それはまるでナウシカですな。

BB8は観る前はどうか!?と疑問符。
ディズニーにルーカスフィルムが買い取られたことで、
デザインも簡単可愛い処理になって、なんだかなー!?だったが、、、
…可愛い、、、物語が進むにつれどんどん可愛く見えてくる!!

砂漠の廃墟スターデストロイヤー残骸。
それはいつかどこかで観た、とある沈没戦艦の御姿に似て。

亜光速で接近!
ワープなど全くドンピシャ共通のアイテムも。

恐ろしかった最終兵器。
イスカンダルの波動砲、第二バレラスのデスラー砲、
遊星爆弾の恐怖を彷彿とさせる惑星砲ともいえる超巨大砲。

そのエネルギーは太陽から直接吸引!!
エネルギー充填、なる台詞も二度くらいあったかな、、、
懐かしのR2D2やC3POも=これはアナライザーのほうが歴史古い=先手

ソロの登場シーンはいい。
レイアも復活していてくれていい。
かつての反乱軍艦隊司令も居てくれた。

次へ繋がるラストシーンもいい。
その前の衝撃のキャラ死亡?シーンも気になる。
一気に次回作、次々回作も作ってくださいやー早く早く、、、

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

絶望的と希望的の狭間

2016年 01月10日 07:00 (日)

救援がもっと早ければ、壊滅しなかった!
斉藤始は土方司令にそう言った。
が、がであるよ、、、

旧作以来、
地球軍の光線砲はことごとくガミラス艦のその装甲に弾かれ。
自らの武器が全く通用しない、圧倒的に不利な状況におかれ。

しかもアウトレンジに切り替えたと言われた、
遊星爆弾攻撃により、その星としての生態系さえ破壊されつつ。
こりゃあ、全く絶望的な状況なのであり。

しかし、旧作と比べると火星の戦いでガミラスに一矢報いたという。
キリシマタイプと巡洋艦タイプにある艦首衝撃砲=ヤマトの主砲一門に相当
で、待ち伏せ戦法でガミラス艦隊を撃退、これがもとでガ軍もアウトレンジ戦法へ。

同道巡りだが、新型魚雷がユキカゼに積まれていたり(ヤマトの艦首艦尾魚雷)
なんとかまだこの先、希望がある状況でもあったのか!?

救援(艦隊)さえ来てくれればなんとかなる!?
と思えるような状況でもあったということか!?
なので、あの斉藤の台詞のテンション。

うーむ、2192というか、前史が見たい。
そんな補完情報公式ででないかー。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

完成しないことによる、永遠性の保持

2016年 01月03日 21:18 (日)

出雲大社に。
八雲の図なる天井画があるという。
(正月のNHKでやっており)

その八雲の図、実は七つしか雲の絵が描かれていないのだと。
全て描いてしまえば、それは終わりを意味してしまい、終焉となる。
だが、七つだと未完となり、まだ先がある、永遠性を保持できるのだという。

その意味というか主旨で八雲の図は、七つまでで永遠に完成しないのだという。

なんと!
なんという考え方なのだっ!
いいねえーそこにある時間と空間の捉え方。。。

完結だどうだでいつも思い浮かべるのは 宇宙戦艦ヤマト:復活篇なのであり。
もう6年も放置され、第二部が作られる様子はまだ(公式には)ない。
ただ非公式には水面下の動きはあるようだが、それはどうか。

第一部と謳ってしまった限りは続きもの!?
というわけだが、DC版の最後に銀河中心へ旅立つヤマト。
あの白銀の大星雲を背景にその後姿が溶け込んでいくシーンこそ、
まさに“永遠性の保持”ではないか、と思うのであり。

しっかりと完結シーンまで持って行かなくても、
(というかあの復活篇の設定は、続きを作るには相当練り込まないと、、、
今の時代や事情やいろんなクオリティを考えたらかなりがんばらないと普通は疑問な内容・構成、、、)
あの銀河に去るシーンがもうラストでいいのではないか、と思い。

そうすれば、ヤマトの旅はいつまでも、永遠に続いていることになるのだから。


かつて旺文社から発売の COSMOSムック本。
(ムック本といっていいのかどうかわからんが)

なぜか第2巻を買わないまま数十年がたった。
今回DVD購入をきっかけに実家にある書籍をサルベージ。
第2巻を補完しなかったその“永遠性の保持”は自ら打破することに。

密林で中古を補完することとした。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

200年後、その雄姿はあるか!?

2016年 01月02日 09:58 (土)

日本ハムCM。
西暦2200年ときたもんだ。

オムシスシステムにも日ハムはエントリーしたのか笑
日本ハムCM

新年早々、楽しいCMに出会え。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック