星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2015-01-31 [ Sat ]
ケイブンシャ大百科シリーズ。
持ってましたなあ、もう最後はボロボロ。
オリジナルは既に失われて久しい数十年。
それでも十年ほど前だか復刻の大百科ヤマト四冊セットを買い。

今回はその大百科シリーズ総集本。
昭和レトロが大好きなオジオジとしては、
このジュンク堂などのサブカル昭和コーナーで発見。

観るや我らが御船がセンターゲットー!!
そしてもう一冊は大先生の珠玉の名作集、、、
なかなかいい選択でいろいろ選んでいるけれども、
宇宙戦艦ヤマト永遠のジュラ編があるのは何ともいえぬ。

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟が初心者向けなら、
(簡単にいうと)この永遠のジュラ編の漫画が原作よ、と説明してしまう、、、
というのも入口としてはハードル低くていいのではないかともおもってしまい、、、

あ、そうだ、森ノ宮行かねば、、、
紺碧のアルカディアと孔雀石のような新緑のアルカディア。
あの二隻は確か確かめ同スケール、、、買わねばなるまいて、、、

2015-01-26 [ Mon ]
楽器が出来るわけではなく。
音符が読めるわけでもなく。
もちろん指揮も何にもできないが、、、

ジュンク堂で買い揃え。
吹奏楽用楽譜で参考音源CD付き。
宇宙戦艦ヤマト 作曲 宮川泰 編曲 金山徹
宇宙戦艦ヤマト2199 作曲 宮川泰 郷間幹男
とあり。
(うーん、2199は彬良さんというわけではないのか)
聴き比べてみると、簡単に言えば前者は王道、
後者は2199TV版放映時の合唱バージョンの楽曲。

どちらもいいね。
さて2月8日は豊中方面でアマチュアバンド。
第10回 オオサカンアカデミー・ウインドバンド
これを聴きに行こうかと。

(ホントは先週日曜日の倉敷の作陽大学での、
宮川彬良さん招待指揮によるヤマト組曲も聴きたかったなあ)

丁度またまた日曜日仕事もあり、
午前中には終わるので昼から向かうことになろう。

二月はヤマト音楽月間なのであり。
2015-01-25 [ Sun ]
全艦!戦闘態勢!
とは方舟、バーガー少佐タンカ切り!
戦闘甲板開け!
続いてお馴染み戦闘空母甲板は反転し、重武装砲塔群が。

…、、、
今日も寒空冬景色。
先日、TVで銭湯の特集をやっており、
なんか知らんが衝動的に銭湯に行ってみたくもなり。

意外とこの周辺、銭湯多くあり。
うむ、これはいい、少しの小旅行気分か。
いつもの休日出勤ローテーション業務を午前中に済ませ、
帰宅してからはいったん家庭用PC(というかプリンタ?)が不調もあり、
カスタマーセンターに問い合わせ、、、微妙な解決結果だったが夕方散髪へ。

その前にいつか見た銭湯の看板求め町内散策。
某H温泉へ。(温泉、と名は付くが実際は温泉じゃないよね!?)
確かこの辺りにあったはず、、、と思いつつ高齢の方々の人だかり。
おお!目指していた処とは違うが銭湯発見!!ええい時間ないしここへ突撃!!

お湯は熱め、サウナ、スチーム、泡、露天、あり。
一つ一つはこじんまりした湯船が折り重なるように設置。
独特のレイアウトであったが夜までもつほどホッカホカに温まり。

銭湯いいな、こりゃヤミツキになりそう。
毎週日曜は銭湯開始!!か!?
全館!銭湯体勢!!
2015-01-23 [ Fri ]
アマゾン限定版。
【Amazon.co.jp限定】宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 (初回限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]
ヤマトクルー公式版。
「星巡る方舟」Blu-ray
DVDも勿論出る。
五月か、、、五月まで待てん!!
繰り返し、確かめてみたいシーンやカットは数知れず。
2015-01-22 [ Thu ]
CONTACT という映画があった。
もう十数年も前かなあ、、、
CONTACT ロードショーの後に、
地方の単館にもう一回観に行った。
(そしてDVDも所持=数あるSF映画で持っているのはこれだけ!!)
無意識だがよっぽど気に入ったのか。
ジョディフォスターがあまりにも美しかったからか。

思えば人生、同じ映画を二回以上観に行ったのは、
あれが初めてだったような気がする。

原作は故カール・セーガン博士。
そう、あの科学ドキュメンタリーの金字塔、
COSMOS の著者。
(そういえばCOSMOS、再放送あったらしい、あー!見逃した!!)
=といってもBS、去年か一昨年!?くらいらしいけれども

COSMOS のBGMはそう、ご存知ヴァンゲリス。
神秘のシンセサイザー奏者、その音楽たるや素晴らしい。
そのヴァンゲリス、ヤマトラジオドラマではBGMとしても。

そのヤマト、2199星巡る方舟はただいまいくつかの単館上映中。
来月中旬週末、大阪市音楽団コンサートに抱合せて鑑賞計画を立て。

「あ、時空の輪、になった…」
(先日観た映画、インターステラ―のようでもあり)

星巡る御船は都市巡る航海(公開)へ。
2015-01-18 [ Sun ]
観るも観たり十数回。
いやあその道の“プロ”の皆様には到底かないませぬ。

いろいろシーンごとに分析などもしてみたいが、
どう振り返っていこうかな、と考えている次第であり。

雑感集を何度かUPしたけれども、
もう少しだけ深く突っ込んだカタチに!?

キャラクターごと、メカごと、その他(舞台とか音楽とか)、
ごとに綴ってみるか???まだかたまらない、、、
2015-01-17 [ Sat ]
二月初頭、
地元関西でアマチュアバンド。
多くの演目の中にヤマトを発見、ただちにエントリー。
ひとり500円だし、これはいい。

二月中旬、
大阪市音楽団演奏会は倉敷で。
宮川彬良さんと音楽団は昨年10月以来となる。
手前の岡山で方舟も上映している時期、抱合せで。

二月末、
舞浜での2199コンサート!!
これは大阪市音楽団の吹奏楽のみで完結せず、
弦楽器がはいってくるのでこれはやはり外せない。
応募もして、抽選に当選もして三回とも行くことになりそう。
一泊二日、ヤマト音楽の旅で。

一月下旬、
新倉敷の大学演奏会のゲストに宮川さんが来て、
ヤマトを演奏するらしい、、、これこれで狙いたいが、、、
2015-01-17 [ Sat ]
そもそも発想の元は、「海ゆかば」→から、「星ゆけば」
だったのですが、宇宙戦艦ヤマト 星巡る方舟公開中は、~星巡る
に合わせて 星めぐる にしていました。

昨日1月16日をもって、全国一斉ロードショーが終了したので、
ここのタイトルもそれに戻したいと思います。

星巡る方舟は、それでも追加上映館が全国で10館あります。
残念ながら近畿圏はなく、最短でも岡山です。
(ま、これはこれで来月、チャンス到来)

今後ともよろしくお願い申し上げます。
2015-01-17 [ Sat ]
さらっばーさらっばーわーがーとーもー♪
しーっばしのわっかれーぞーいーまーはー♪

あれはもう三年前の2012年1月、
宇宙戦艦ヤマト復活篇のDC版が東京と心斎橋で上映。
確か先行上映の秋葉も観に行ったと思う、、、
森ユキの恰好をしたコンパニオンが二人居たなあ、、、

日帰りで先行上映を観た、、、
そのチラシで2199を知ることとなり。
(今と違ってまだPCも無し、誰とも知り合う前やった)

そして翌月の発進式!!
これまた相方をレプタポーダして東京行ったなあ、、、
あれから三年、イベント上映、TV放映、各種イベント、新作映画。

これほどまでにヤマト堪能の日々はなく。
ヤマ伴さんも仰っていたが旧作含めて今回の方舟が一番回数多いとのこと。
かくいうワタクシもそうであり、、、

その夢のような三年がいったん終わる。
2199は情報量が膨大なので向こう三年くらいはじっくり味わいたい。
「別れも悪くない、、、」とはホントバカっもといフォムトバーガーのラスト台詞。

20名近いヤマ伴さんや知り合いの皆様が今日の方舟に乗艦=乗船!?
今日は一番冷静に観れたかな、、、フィルムもゲットー、、、
一息入れたら、(仮)星あるある方舟 ってわけで、
こまかい雑感からいろいろ振り返ってみたく。

さらっばーさらっばーわーがーとーもー♪
しーっばしのわっかれーぞーいーまーはー♪
2015-01-17 [ Sat ]
ブログ機能の不具合で、
ストレートにリンクできませんが、
アドレスだけでもと思い掲載させていただきます。

全国ロードショーは今日で終了。
昨年年末12月6日に全国一斉ロードショー公開。
それから40日間の航海(公開)でありました、、、、、

そして追加上映館の発表。
まだもう少し続く、方舟の旅。
2015-01-14 [ Wed ]
というのは さらば の古雪のやりとり。
そう、今日から数えてもあと三日しかない。
そう、12月6日から航海(公開)と続けてきた方舟も。

明後日金曜日でとうとう最終日。
一昨年秋のTV放映最終話で予告のあった完全新作映画。
それから一年と少し、ギリギリで完成したといわれた方舟は、
ついに劇場にその姿を現し、航海(公開)へと旅立った。

ここからは、
ひおあきらさんの漫画:宇宙戦艦ヤマトのラストシーンもどきで。

暗黒の無限宇宙を夢と未来を乗せて
一路地球へと疾走する宇宙戦艦ヤマト星巡る方舟
その40日間の旅はもう終わりに近づいていた、、、

ここまででひとまず今回は。
今日の上映は終わっており、あと明日と明後日。

もう人生最後かもしれない、
ヤマト新作による全国ロードショーという貴重な時間。
あちこち10館くらいかな、“ロードショー感”を味わいつつ。
それもあと少しで終わる、、、

最終日は初日初回を観た、
大阪ステーションシネマに“帰還”する。
また多くのヤマ伴さんたちと同じ方舟に乗ることになるだろう。


2015-01-14 [ Wed ]
宇宙戦艦ヤマト 星巡る方舟 は帰路の途上のエピソード。
なんでもイスカンダル発進からデスラー強襲までの物語だという。
からには、今連続で本編と方舟を観てみたい。

本編 第20話:七色の陽のもとに を観て、
映画 星巡る方舟 を観て、
本編 第25話:終わりなき戦い を観て、
本編 第26話:青い星の記憶 を観て、、、というのをやってみたい。

星巡る方舟 公開は16日まででほぼ終了。
DVD・BDの発売はいつか!?
2015-01-13 [ Tue ]
方舟に相方と同乗する数時間前。
オジオジは人生初のコミックマーケットに居た。
いやあ、とうとう来てしまいましたねこういうイベントに。
(かつてヤマト専門の“ヤマトパーティ”には三回だけ行ってはいたけれども)
=2004、2009、2010やったかな!?

数人のヤマ伴さんがブースで参加することもあり、
(プチ企画の“錨を上げろ”が旗印)今回ばかりは行ってみようか。
知り合いのヤマ伴さんや、遠方の旧知!?のブロ伴さん(やっと初対面)、
また何度かお邪魔したブログのサイトオーナーの方ともお会いでき。
(まさか、今日ここでお会いできるとは!!)
ヤマトリンクの時空の輪に接触したのでありました。

FreeSentences

オーナー:megarさま
ヤマ伴さんのおひとりです。
今年も活動活発で燃えて(萌えて)おられます。

宇宙戦艦ヤマトde絵日記

オーナー:ようこんさま
当、拙ブログ開設時からお世話になっております。
「ようやく、お会いできましたな。」な邂逅を果たせました。

星花繚乱~星の彼方へ~

オーナー:瑞喜さま
一度お会いしたことはありましたね。
その節は失礼しました、今後ともよろしくお願いいたします。

三日月小箱

オーナー:紗月さま
何度かお邪魔しておりました、今後ともよろしくお願いいたします。

sansakoちゃん

オーナー:S-ドクターさま
何度かお邪魔しておりました、何しろ同じメルダフリーク!!
しかも公式航海日誌の投稿と同じお考えもお持ちと言うオジオジにとってはまさに巡り会い。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

いずれ近いうちに皆様にはリンクのお願いをしてまいる所存です。
他にも御二方ほど御作品のみ購入した方おられいずれまたご紹介を。


人生初のコミケ、、、
またヤマトきっかけで人生初を経験し。
2015-01-12 [ Mon ]
公開一ヶ月と一週間の
宇宙戦艦ヤマト 星巡る方舟。
「ヤマトよくやった!褒めてやるぞ!」とは旧作宇宙の狼ドメル将軍。

今週末で全館上映が終了する。
入場者特典のフィルムはまだ余っている映画館もあり。
ここはひとつ、東西で一館づつでもいい細々とでも長くやってもらいたい。

拡散しないかな~、、、
2015-01-12 [ Mon ]
昨日は休日出勤。
土曜は部下の仕事に付き合い?
(ま、毎週ということはない、自分の仕事もある)
日曜は部下の代わりにローテーションの仕事をこなす。
(こちらは毎週、皆にはそのかわり平日頑張ってもらう)

おかげさんでまともな休みは無い。
相方と買い物や小旅行や行楽もできない。
欲しいとも思わない!盆と暮れとGWしか休めない!
今の部署に居る限りそれは続く、旧日本陸軍ではないけど、
月月火水木金金!!や笑

昨日は日曜日なので休日出勤。
ローテーション仕事を午前中に済ませ、イベントへ。
(人生初コミケ、これは別記事で)

その後、また会社に戻り一仕事。
これで休日出勤も終わり。代休はまた取れないなあ。

そしてその後は相方と合流。
そう、あのキムタクヤマトの二回目鑑賞についてきた相方。
日頃は、同じ映画を何度も観るなぞ、信じられない!!
といいつつ、キムタクヤマトは着いてきた、、、
(相方はSMAP大好きなのでそれででしょう)

それからもう四年少し、
やはりアニメヤマトで一緒に鑑賞という既成事実はオジオジ人生には必要。
ほうら、あの時、方舟を観たよね、、、といつか振り返ることもあろう。

夕方、西の聖地でいざ鑑賞開始!!
題して、「その琴線は方舟が運ぶねっ!!」

以下、相方の雑感中心に
YIV-295.jpg
100人キャパで約30人ほど。
半数は単独おっちゃんだが、数組の家族、女子単機も。
» READ MORE...
2015-01-10 [ Sat ]
吹奏楽あるある的な本。
そのなかにこんなネタが!!
YPM-042.jpg

ヤマトの楽曲は吹奏楽で定番、
なだけにこんなやりとりもあるのかな。
2015-01-10 [ Sat ]
今日はレイトショー。
大阪ステーションシネマに三々五々。
昨日あたりから終了している映画館も出始め、
今日が最後の上映というところも全国的には多い。
我らが自然集合グループ数人以外に二十数人は居たかな。

それでも関西中心!?に数館は16日(金)まで。
ステーションシネマ、なんばパークス、ムービックス堺と尼崎あたり。
ムビチケはあと二枚あるし、ムービックスで消化していかないと勿体ない。
(保存用の一枚はキープしており)
YIV-294.jpg
以下、雑感(初期に観に行ったメモの続き)
» READ MORE...
2015-01-08 [ Thu ]
2009年暮れ、ヤマト復活篇が航海(公開)。
あの時オジオジは四国は愛媛県に居た、、、
まさか四半世紀待ったヤマトの復活を愛媛で迎えようとは。

ファミリーマートだったか、
期間限定のグッズセットがコンビニで受け取り可能で、
店舗のフランチャイズの女性店員さんに引換券を渡したり、
発売された波動砲ホットドックやブラックホールロールパンやったかな?
を買い集めたり、会社の先輩が買ってきてくれたり、、、

我が弟にいたってはそれこそ配給先劇場に勤務しており、
いろいろと情報もらったりしていたなあ…
初日初回の土曜の朝に、
えらく緊張してそわそわして行ったのを憶えている、、、

年明けて2010年、出張先でも観た。
帰ってきてさらに観た、全部で五回くらいだったか、、、
そして春、オジオジは大阪へ戻ることになり。
(というか自分でそう希望したら通った)

その年には実写版、
翌年には復活篇のDC版の話、
その次の年にはとうとう2199がスタートする。
復活篇DC版の東京上映やその後の関西上映には参加したが、
そのチラシに告知されていた2199を発見してまさかっ!の驚き。。。

あれからもう三年、
復活篇からはもう五年も経つ、、、
世間一般では復活篇の知名度はほとんどなく、
実写版キムタクヤマトはよく知られていて、2199は実はそれほどでもない。

2199やヤマトを知ってはいるがまだ観たことのない方々。
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 はそんな一般の皆様にも超おススメで。
愛、戦闘スペクタクル、宇宙の神秘、メカ、キャラ、、、
ヤマトのエッセンスが全て凝縮さrており。

この週末で一ヶ月。
運命の続々終了の時期が来た。
それでも三分の一にあたる十数館は来週まで存続の模様。

どこまでいくか、、、
細々とでいい、でっきるだけ長い間、どこかでやっていておくれ、、、
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 よ。
2015-01-08 [ Thu ]
何回も観ていてずーっと同じ思いをするところを。
業務終了後、七時からの回を鑑賞、、、
明日や明後日でどんどん終了、、、

主要なところはまだ来週もあり。

大阪制覇は1館残して無理そうだ。
残念です、本当に残念だ(笑)
YIV-293.jpg


以下、雑感総集編、、、
» READ MORE...
2015-01-06 [ Tue ]
CONTACTという映画をかつて。
そう、かのカールセーガン博士原作の小説を映画化した、
ジョディ―フォスター主演のSF映画。

本公開が終わった後にしばらくして、
(といってもそんなに間は空いていなかったと)
地方の映画館でリバイバル的に上映されてもいた。

ヤマト復活篇、
2009年暮れに公開されてのち、
翌年の初春には全国ロードショーは終了していたが、
京都舞鶴の映画館などで単発で追加公開されていた、、、

星巡る方舟もこの週末、
ながくても来週末が終了というところが多い。
まだムビチケが二枚あるが使えるところはどんどん終了、
もったいないことになりそうだ、、、

最終日ラストに乗艦もしたかったが時間調整が困難か。
是非、全国ロードショーが終わっても単館で上映するところ、
出てきてほしいものであり、、、、、

正月に観てからもう五日にもなる。
公開以降、最大の期間、鑑賞が空いたことになり。
そろそろ禁断症状だわいなー
レイトショーにでもいってみるかのぅ、、、
2015-01-04 [ Sun ]
2015年が明けた。
日清日露から120年。
第一次世界大戦から100年。
(正確には開始と終了で1、2年の誤差あります)
そしてそして第二次世界大戦の終結からついに70年。

“そして今この1月、
あの東日本大震災から3年と9ヶ月。
そう、3年と9ヶ月といえばあの戦争そのものの経過時間。
実体験として、これくらいの時間の間にかつてこの国が滅亡しかけたのだ。
(それはあまりにも短く、極端で、急激に過ぎる、恐ろしい)”

今年2015年はそんな周年オンパレード。
そんな年に年男となったのは全国で1070万人。
日本人口の10人に一人の値に仲間入りさせてもらい。

48歳、、、かの真田幸村が享年49歳。
これからまだ会社に居たとすればあとたった10年そこらで定年に。
知らないうちにあっという間にここまで歳を取ったということで。

あの大阪夏の陣から400年、徳川家康本陣にまで斬りこんだという、
真田幸村その人のその格好よさは戦国武将のなかでもトップクラス!!
国内内戦はこの戦国の後、泰平の江戸を経て明治維新にひと波乱。

その後日清日露~太平洋、
戦争年間といっていい50年間、、、
義務教育では何度も繰り返し教わったが、
高校の歴史授業では江戸時代中盤で三学期が終わって卒業した。
こんな歴史教育をしているようでは世も末だ。(今でもそうらしいが…)

縄文・弥生もいいが、ここ100年の歴史をこそ、重点的に教育すべき。
そこから、気づき、思い、グレートハーモニーへ発想することができるはず。

「例え生まれる星が違ったとしても、俺たちは理解し合える」と、
兄の遺言を敵将へ伝える弟の言葉を“今”の世に置き換えて。

記号から読み取り、そのいわれの日付に起きた出来事を、
教育というカタチではなく、自ら振り返り、調べ、考えることは出来る。

そのヒントは2199の人物設定に絶妙に埋め込まれており。
十代の次世代ファンがもし居たら、是非そこからいろいろ紐解いてみてほしく。

真田六文銭の旗印。
仏道に身を挺すとした、三途の川の渡し賃がその象徴。
真田志郎はヤマト技師長、2199では技術科!?副長も兼任。
真田サンはなぜ真田サンなのか?新撰組の人名がよく使われるヤマトだけれども、
真田という名前の人物は新撰組には見当たらない。(と思うケド、、、)

機関科!?の徳川彦左衛門(いわゆる徳川さん)は徳川家の末裔!?
真田サンが真田一門の末裔ならば、巡り巡って第一艦橋で大阪夏の陣!?
真田六文銭にちなんで、2199真田サン、なんかコラボやってもらえないかなあ、、、
2015-01-03 [ Sat ]
三時間と聞いていたのでまず気合。
トイレもしっかり、小腹もしっかり準備万端。
いざっ!っで乗り込んでみた、見た、観た、、、

最初は三時間もどうなることか!?
と思ったけれども非常にSF的で面白かったと。
(以下、ネタバレ的なコメントもあります)

地球を救う為に旅立つ
アポロ計画は嘘だった
ラザロ計画(しかもプランA、Bがある)
メッセージを求めて第二の地球を探す
人類は滅亡の危機にある(その元凶は具体的にはあまり語られないが)
必ず帰る、愛、がキーワード
相対性理論、量子理論が交錯する
次元、時間、空間、ブラックホール、ワームホールなどドキドキワクワクの切り口
人間を補佐するロボットがいい
人の業もあり
冒頭のシーンがラストに繋がっていく
同様に理解不能な現象が差し込まれる部分は、
後半一気にそこへ事象が集約していく(時空を超えていく)このあたりは凄い
ワームホールやブラックホールの表現がいい
2001年やその他様々なSF映画へのオマージュもあり
宇宙=真空=無音の表現がリアル
一時的に絶望するが最後は救われる内容なのでいい
このように、
ヤマト的な類似点もいくつかあり、
かといってそれとは全然違う表現で、、、

次元と時空の描き方に驚嘆した。
三時間の長丁場だが面白かった。
雑感にも至らないがひとまず鑑賞メモかな、、、

監督のクリストファー・ノーランは、
かのカール・セーガンの科学ドキュメンタリー、
COSMOSに感銘を受けたという、、、素晴らしい。。。
2015-01-03 [ Sat ]
星巡る方舟、第四週に突入しており。
大方この週末で上映終了の地方が出てきて。
(ま、それまで一ヶ月は全館達成したというわけで)

第三週までの特典はシークレットカードが01~03まで。
第四週の特典は映像カットフィルム。=復活篇の時もありましたな
(確か復活篇の時はSUSの戦闘機操縦席が爆破しているところ…)
記憶違いかも知れんがあと折原ちゃんのはもらえたかなー

で、方舟ではこの特典は二回目。
一回目はこの元旦鑑賞で判明したけれども、
通称“こうのとり”が発艦するクレーンが出てくるカットであり。
これじゃあなあ、、、(基本こういう場合キャラにしておけばいいものをと思ったり)

で、鑑賞前日、指定券ゲットーの折配布されたものをランダムに旧友に配分。
偶然にも中身、オジオジの分にはネレディア姉さんがやってきてくれたのであり。
「あの時みたいに…!?」のシーンかな~。。。

異性の異星人ファンクラブ会長としてはなかなかの大当たり。
あとは ああッサーベラー様がいらっしゃっていただければいいのだが。
さあ、一月中旬の週が勝負、どこまで続いていられるか方舟。
YIV-292.jpg
2015-01-02 [ Fri ]
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、元旦、気高き我が故郷♪の旧友:主計科所属の二人と鑑賞。
(旧友二人は其々音楽と料理に長けており主計科所属としました笑)
一人は先日(十日前)に一度久々に行ってもおり。
正月にまだやっているようならまた行こう!
ということで今度は三人で。

YIV-291.jpg
小箱で約30人、半数はおっちゃん、残りは親子数組と年配男女の単独とコンビかな、、、
こんな地方の正月で四週目でまだ30人弱入るのは健闘しているほうかな、、、

雑感は番外編となっており。
(主計科両人の感想などなど)
» READ MORE...

 | HOME | 

2015-01

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
437位
アクセスランキングを見る>>