星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2013-05-31 [ Fri ]
ようこんさん
http://yokon2199.blog.fc2.com/宇宙戦艦ヤマトde絵日記
のオーナーであられます。

先般、勝手なお願い叶って、
メルダ嬢をイタダケルことになりやして。ウヒッ(悪役風に)
以来、デスクトップはメルダ嬢に熱視線。

先日、ニュータイプエースがヤマト表紙ということで購入。
なんとサプライズ!でピンナップがメルダ嬢で!
(CHOCOさんというプロの方)

ついつい嬉しくなり、並べてみました。
ついでにメルダのシオリやポストカードも並べればよかった。
(ん!?ポストカード無かったか)

今度の第六章では久々に活躍の模様。
第三章以来やっとその“お声”も聞けそうだがのぅ。
ガミラスと地球の何かを橋渡す、
そのキッカケになりそうな感じだけれども具体的には???

敵味方の友情という旧作ヤマトの一部分を、
彼女と玲で演じてくれるのかなあ。
PV観ると御父ちゃんも大変そう。

美麗戦士メルダで短編描きたいなあ。
誇りは蒼、操るは紅、青い肌に赤い髪、
愛機ツヴァルケたる孤高の戦士メルダ・ディッツ!!

捕虜から解放されて、
本星で尋問というか調査もされたでしょうな。
その間、何があったのかいろいろわかりそうな第六章。
あと二週間。。。

2013-05-30 [ Thu ]
・どう見てもユキなイスカンダルファッション人
・怪我する!?岬
・敬礼と叫ぶ我が愛しのメルダ
・はだけている新見女史
・ショートカットの女子乗組員
・拉致!?されるユキ
・何度か出てきたユキの交代要員!?
以上が女性シーン。。。

七色星団の決戦ぽいが、航空隊はどうなる!?
敵機のワープアウトが独特。
甲板を滑る搭載機が何ともいえない。
被弾して艦内が誘爆するカットもようやく多い。
ドリルミサイル、、、あれ!?監督は無いと言ってませんでした!?

でもこのドリルミサイル、
結構、自動航行室のすぐ下に達しそうで、、、
ユリーシャの動向とかと関連するのかなあ!?

あとは民衆とかメルダ父さんとか。
フラーケンも最後の!?登場かな。
やはりというか雰囲気で感じるのは、やっぱりゼーリックは器でなく、
もっと賢い誰かに担がれただけなんだろうなあと。

クーデターの首謀者は遷都の邪魔とかも!?
それにしても総統閣下の薄気味悪いあの表情はなんや!?
物語も人物もメカも何もかも、イスカンダルへ集約されていく。

そして古代の絞り出すような“ユキィ~”の声。
実は第五章は忙しすぎる毎日に追われ、全くソフト観れず。
映画館も二回だけやったかな!?(覚えていない、、、)

ちゃんと復習しとかないと、
この第六章しっかりついていかないと、、、
あと二週間!!
2013-05-28 [ Tue ]
話題作「永遠の0」。
小説というのは実は苦手。
文字だけで登場人物が識別できない。
絵があって初めて認識できる性分で。。。

が、しかーし!
作品にマッチする“何か”マインド的なものがあれば、
スラスラとそれは識別され、物語の理解へと繋がる勝手気まま。

いったん何の関係もない、恩田陸さんの常盤シリーズ。
これはいい!!幻想的な、あるかもしれないささやかな異次元が、
普段の日常の中に数百年も受け継がれている“当たり前”がそこに。

そしてこの“永遠の0”。
最近本屋でもエンドによく置かれ、目立たされることしかり。
買ってしまった、そして一気に読破して。

泣く。

コスモゼロはやはり制式採用は2200年が当初だったけれども、
緊急事態の2199に前倒しで採用に至る。本来00年予定なのでゼロ。かな。
旧来のいわゆるゼロ戦は、紀元2600年が制式採用。
(00年なのでゼロ戦、零戦=レイセンとも)
ZERO=何もない 存在しない 無い。
欧米からすると、その名前の神秘性に恐怖もあったとか。

コスモゼロは開発なら2199年、もっといえば2198年以前かもしれず、
コスモナイン!とかコスモエイト!、、、うーむ、なんか迫力に欠ける。

秋田書店から昔、「ゼロ戦と戦艦大和」という本が。
(今でも実家にあるけれども)
男子の夢、空と海との最強メカが合体運用されたのが実はヤマトだったのだ!!
(旧戦艦大和は水上機=これも零式だけれども は搭載していたが)
純粋に“戦闘機”を搭載した“戦艦”という夢が実現していたのだねぇ。(宇宙で)

ん!?
「永遠の0」の話でしたな。
多くは語らず、一話、一話、考えながら読み進むべし。
読むならいつ!?
今でしょ!!

2013-05-26 [ Sun ]
新作:第8話 星に願いを
旧作:第9話のアステロイドベルトの一部=シュルツ最後
(第9話は新作の別の回で一部また登場する)
第11話 決断!!ガミラス絶対防衛線突入!!
第12話 絶対絶命!!オリオンの願い星地獄星
旧作のデスラー機雷とガス生命体とシュルツ最後がまとめられて。

1:ガミラス年号
旧作:デスラー紀元103年801日
新作:建国1000年でデスラー紀元103年
デスラーは二代目か!?映画パンフに詳細あり。

2:機雷と魚雷
旧作:デスラー機雷 機雷とわかるまでのバルーンダミーヤマトが可愛い。
機雷もジワジワと寄ってきてワープも波動砲もダメとくる。のんびり感がいい。
新作:デスラー魚雷 生き残っているシュルツへ支給される。このあたりの要素を
掛け合わせてまとめ上げてくるのは2199の真骨頂。ゲールもかなり展開に絡む。
機雷は緑、魚雷は青、どちらもガミラス色。

3:デスラー作戦とガミラス幕僚
旧作:タランが仕掛けた“夕食の座興”旧作では話数によって、バレラスの
メイン建造物が銀河方面司令部だったり総統府だったりする。
新作:そのあたりの行き違いはキチンと整理されているのと、
将軍達も全て立ち位置や階級などなどが決まっている。
(オッチャンばっかり。美男子がおらんのか)

4:巨大恒星と最初の接触
旧作:超磁力バリアーとオリオン座三ツ星アルファ星(10時の方向)
新作:プラズマ回廊の壁面=ガミラス製と星は恒星グリーゼ581
脱出するには恒星に向かうしかない状況は同じ。

5:ガス生命体とミサイル接近
旧作:総統閣下の「ちょっとした思いつき」で開発された生物兵器
    近くの基地から!?発射され。迎撃は古代が独断で。他にも
    徳川と島の対立と和解などもあり。沖田も古代の前で体調不良に。
(この時の眼を塞いだ表情が何とも印象的)
新作:ミルべリア星系で発見された自己複製型ガス生命体を化学兵器化
デスラー魚雷迎撃には沖田も体調不良で指示遅れ気味。

6:沖田症状と処置
旧作:古傷というが実は放射線病で入院必至の状況
艦内400度、外気は2500度、通り抜けるまで一時間かかる。
新作:佐渡先生のくだりは旧作と同じカット展開がうまくハマっており。
両方とも沖田と佐渡の“暗黙の了解”で周りの心配を解消するのは同じ。

7:え!火を撃つんですか!?波動砲で!?
旧作:防禦シャッターを下ろす前の照り返しを受ける艦橋が格好いい
島からアドバイス「直進距離で500キロの差し渡し」狙い、発射。
新作:同じく再確認する古代は同じ。火を撃ちそのまま通り抜けるヤマト。

8:シュルツの最後(悲しい)
旧作:アステロイドで全艦隊がヤマトに突撃。
「我らの前に勇者なく、我らの後に勇者なしだ!」は最高の名台詞。
新作:突撃のあまり制動効かず、火に突っ込む。ヒルデの笑顔が走馬灯。

9:尋ねるデスラー
旧作:機雷の名前をヒスに再確認、そのあと艦長の名も
新作:船の名をセレステラに「確か、ヤマトだったと」ガミラスが知り得る根拠は確か。

10:それこそナイショ
ユキと古代の会話で星に願う内容を尋ねて。
別の回でこれに似たやりとりがこの後やってくる。

オマケ:「ガミラスに下品な男は不要だ」と祝電!?
酔っぱらった、おデブのハゲの大声の、髭のお下劣発言とオヤジギャグ、
総統閣下には通用しない!?新作では祝電はさすがに無い。

初見の方々、
まだまだ伏線張りまくりの序盤ですが、
少しづつドラマも動きつつありますよ。
今後も是非、お楽しみに。
2013-05-25 [ Sat ]
中島美嘉「愛詞」。
特典ポストカード三種GETの旅。

昼前に抜錨し、戦線に到着。
(秋葉ほどではないが電気街)
昼食に、とある喫茶店!?店名物の“かつ丼”食べて勝利を誓い。
(これが甘いタレで出汁も効いており、うんまぁい!んですわ)
まずはジョーシン・ディスクピアで一種目GET。
幸先よくまずは気力充実。

界隈は新しい模型店なども出来ていて、
凄く入店したくて仕方なかったけどなあ。
しかし、今日ばかりはCDへ集中・集中。
(模型は後日。。。今行ったらガミラス艦隊の誘惑光線に貫かれ笑)
歩く歩く歩く炎天下、体力いるなあ。

続いてアニメイトでは売り切れ、タワーレコードで二種目。
ツタヤでも二種目、(事前に系列をよく確認していなかった…重複)
最後にアニメイトの違う支店に電話して取り置き確認で三種目。
その前に電話した別の店では売り切れともあり、帰路に近い方でGET。

途中、ガチャガチャの“ぷにゅヤマト”も探したけれども、ガチャコーナー
でも発見できず=その代り!?ニュータイプエースヤマト表紙版を。
(ユキちゃんの美しくも勇ましい!?見上げカットで)

暑かった~、
疲れた!ノンストップの三時間で五店舗訪問。
気力体力・時の運とはよく言ったもの。(アメリカ横断ウルトラクイズ)
一連のアナログッズ探索はここで終了か。
“ぷにょヤマト”だけは無理だった。
他の手段で探そう。

551蓬莱のアイスキャンディーで癒しのひと時。
最近はずっとほとんどネットで買い物していたヤマト達。
実に久しぶりに自分の脚で店に行き、直に店員さんとやり取りし。
こういったナマの買物もええもんやなあ。

平日水曜日には発売になっていたので、
ちょっと心配というか焦ったけれども三種ともGET出来。
(一種ダブったのでヤマ伴さん会合用にとっておこう!!)

問題はCDのほう。
一枚は姪っ子にあげるとして、
それでもまだダブるからなあ、正直なところこちは一種あれば十分。
中島美嘉さんファンいればいいけれども。(笑)

“テ”でCDを選り分け、
“メ”でジャケットを目視確認し、
久々のアナログ探索もいいもので。
(タイアップ側の集客施策にまんまと乗っているという事態笑)
2013-05-25 [ Sat ]
MV=ミュージックビデオ シリーズというのがあるらしく。
80年代にLDで発売されていたらしく、これが再販されるとのこと。
(某ブログさまでの情報です、いつもありがとうございます)

この類であればバンダイビジュアルから発売されていた、
「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」 は所持しているんだけれども、
劇場5作がBGM+映像の構成でかつて発売されていたのか。。。

知らんかった、、、、、
知ってたけど忘れてた!?、、、、、

その第一弾!?なのか、まず宇宙戦艦ヤマトと2199が発売。
どちらもブルーレイで登場!7月発売!アマゾンで既に予約可能!
クルーでの扱いはどうなるのか!?特典付きならクルーで買うが…

ヤマトはBGMが命で、このようなMV方式の作品が通用。
台詞やストーリーの流れというよりは映像つき音楽ソフト的な感じ!?
中身は知らないけれども、充実したものであるはずなのは間違いない。

某ブログ様も書いておられたけれども、こうなったらもう本当に、
全作品:ドラマ編のCD再販もお願いしたく。

さらにラジオドラマのソフト化なんてもう当然、お願いしたく。
YRA=ラジオヤマト、なんていうのはその布石じゃぁないんかなあ!!
(とまた、勝手な妄想)

オールナイトニッポンでの音ヤマト。
ドラマ編の音ヤマト。
ヤマトことばという本が出たけれども、
ヤマトおと とでもいうべきヤマト音楽の完成度に今更ながら抜錨!いや脱帽!
2013-05-22 [ Wed ]
「2001年 宇宙の旅」鑑賞。
東宝シネマズの新・午前十時の映画祭で。

冒頭の導入。
真っ黒の画面にひたすらメインテーマ。
こ、ここ、これは旧作劇場版と同じではないかっ!!
このSF映画最高峰といわれている「2001年」へのオマージュ!?

いやあしかしこの「2001年」。
大スクリーンで観るのは初めて。
凄い映画だのぅ、、、でも何が一体凄いのか、、、

中学の時に初めてTVでやるとかで、
観た時には途中から何が何だかわからんかったが、
その後になってアーサー・C・クラークの原作を読み。

成程ねえ、宇宙における生命の哲学か。。。
1978年にリバイバル上映されているはずで、
オジオジが最初にTVで観たのはその直後の放送かな。

それから大分経ってから、
この「2001年」の小説版執筆者アーサー・C・クラークの
特集番組か何かがあり、その中で「2001年」の特に終盤の、
神秘的・哲学的シーンについての解説ナレーションがなされ。

ああ!そういうことですかいな!
と非常に納得したのを覚えている。
進化して高次元化した知的生命体の旅の果て、
地球に仕掛けられた長い長い実験のような解釈やったかなあ。

動物の骨が投げあげられ、宇宙船に代わるカットの真意。
あるネットを見ていて、とある解釈・解説に新たな衝撃も走り。
BDかDVD買って、また確認しなければ!
しっかし贅沢・重厚・神秘・高尚な一作。

唯一といっていい書籍。
まだ読破してない、、、
2013-05-20 [ Mon ]
いつもお邪魔しているサイト様で。
第52回静岡ホビーショー情報が!!
なんと、なんと、メ号作戦での地球艦隊セットが発売!!
どあー!!価格も大艦隊並みーーーーっ(15000円+消費税)高い。

2199では総勢22隻の編成。
(旧作では10隻程度のはずだけれども画面では30隻くらいいる)
それがなんと全部プラモデル化されるとはっ!ばっひゅーん!!
ついこないだホビージャパンで現行の発売キットで22隻揃えるアイデア特集も。

こうなると、元々22隻揃っているセットのほうがいいなあ。
長らく静かに眠っていた、模型作りへの意欲が沸々と湧き上がる。
ただ、時間ないんすよぉ~時間がぁ~

いや、それは言い訳だ!
時間とは無いとボヤクものではなく、作るモノだ!
なんていわれてもなあ。。。

でもかつて作った沖田艦・古代艦!

その情熱はいつまでも変わることはない。
あるのは何時か宇宙艦隊とのラブラブ・ランデブー。

冥王彼方に一撃浴びせ
獲るぞ悪魔の首根っこ
帰らぬ覚悟のその前に
必ず貫く光の矢

ゆけゆけ地球艦隊!
とべとべ地球艦隊!
がんばれ地球艦隊!

右30度変針!砲雷撃戦用意!
我らが闘魂決死隊、この一撃に未来を賭けてっ!
赤は炎!燃えるは魂!冥王辿る、最後の地球艦隊に栄光あれ!!

2013-05-20 [ Mon ]
第六章は予想どおり、上映館が追加。
全国で16館に増えましたな。(よかったのぅ)

それにしても、中四国は全く無い。
もしオジオジがかつてのようにまだ四国に居たならば、
到底我慢できる状況ではなく。

系列の映画館が無いという情報をヤマ伴さんからも頂き。
そうなるとなかなかこのエリアでは厳しいものがあり。
日本海側も確かに上映館は皆無のまま。

あとは第七章。
ここで極力、出来るだけ増えて欲しいなあ。
そういえば2009年、復活篇の全国ロードショーの終盤、
中小のシアターで長期間やっていたこともあり、
色んなカタチで継続・拡大していってほしいなあ。

ミニシアターでも、
もう一度第一章が観られるなら、どこへでも行くけどなあ。
(遠方は無理だけれども)

2013-05-19 [ Sun ]
パート1・TVシリーズと2199比較入門編。

新作第7話:太陽圏に別れを告げて
旧作第10話:さらば太陽圏!!銀河より愛をこめて!!
(旧作第9話:回転防禦!!アステロイドベルト!!は我がシンパのシュルツさん
がお亡くなりになる話。これは新作第8話に統合されているので来週!?に)
今回は太陽圏(太陽系)に別れを告げる話同士。=同じ一話分ボリュームは五回目かな。

1:長官との通信
旧作:長官のみが座して沖田と語る。
新作:長官と芹沢が立っている。話すのは長官のみ。
「もう遊星爆弾は落ちない」という希望の光は共通。

2:ユキの秘密
旧作:特になし
新作:古代とのEVや展望室での会話。一年の記憶=土方に一年世話になっている。
ユリーシャ・イスカンダルの事を話す時も何か意味深な雰囲気を漂わせて。
(古代と目を合わさず)

3:パーティと通信
旧作:家族=赤ん坊の写真に見入る乗員。
新作:一般乗員は通信室から出てきて生まれた子の名前を考える件の会話。
パーティは新作では故事に習った赤道祭とされている。
コスプレや原田の酒乱などは無論、新作だけの設定になっている。
藪とすれ違う文化祭なグループも旧作では有りえない。

4:島、沖田、徳川
島は家族と通信するも父親は既に居ないのが新作。
旧作と違い母親との会話は一瞬で終わってしまい切ないものがある。
沖田は新旧ともに居場所が無い状況は同じ。徳川の「もう一年ですかな」は、
沖田の息子が死んだ事!?旧作では冥王星で沖田は息子を亡くしたが、、、、、
徳川は旧作・新作ともに愛子を愛でる。旧作ではユキの御伴で婚約相手に勘違いされ。
新作では艦長室で酒を酌み交わすのは古代でなく徳川。

5:古代、山本、篠原
旧作では沖田と同じく艦内を彷徨い(途中で鉢合わせもして)最後は艦長室で酒。
新作では工作班と同じく修理に従事、山本玲との“お互いの人となり”が交わされる。
(山本はこのあたりで古代への好意を抱くのだろう)
篠原の会話から父嫌い!?の加藤が納得する流れや、その加藤の想いを語る山本、
このあたりは旧作にはない絶妙な展開あり。

6:ユキと南部
旧作で婚約相手を家族から紹介されるのはユキ。
ユキの母から語られる子供に託す明日への希望は切ない。
新作で同じくそうされるのは南部。(財閥のご子息なので)
しかし南部の心のうちには想い寄せるユキが居た。

7:人物像相関(新作では)
このように主要登場人物の絡み方が旧作とは違い、
しかもお互いがそれぞれ複雑に連動した台詞と展開に。
ユキや新見の通信内容はその後の物語の大きな伏線になる。
伏線といえば、伊藤=新見=藪の絡みもここでまずジャブあり。

8:さよぅーならー!とかえってくるぞー!
旧作では艦長室から沖田と古代。
「こだぁい!お前もさよならを言わんかぁっ!」
新作では展望室からユキと古代。
ユキと古代、お互いの“事情の違う孤独な身の上”の巡り合せが明らかに。
「必ず帰ってくるぞーっ!」と古代。(さようなら、とは言っていない)

9:パーティ締めくくり
旧作では真っ赤なスカーフ二番。
新作では古代が一人ハーモニカで吹く真っ赤なスカーフも。
新作では岬のYRAラジオヤマトのリクエストで同じく二番。
(この二番がかかるというのは渋い)

思えばイベント上映では第三章初回となったこの第七話。
去年の十月だったんやねえ。(七か月前か)
第四章(第十一話~第十四話)は今年一月やったから、
この第三章と第四章の間は三カ月。長かったんやね間隔が。

やっぱり、次回予告が無いので、日曜夕方に観る時、前回の終わりを思い出しにくい。
それとエンディングで気づいたけれども、サーシャ船・地球艦隊・ガミラス艦隊は少し
動いておりますな。ヤマトの後ろ姿は静止しているけれども。
2013-05-19 [ Sun ]
“メ号作戦”。
昔の“あ号作戦”とか、旧日本海軍の作戦名をモチーフに。
機動戦士ガンダムでも“星一号作戦”というのがありましたな。
これは多分、旧日本海軍の“捷一号作戦”をもじっていると思われ。

で、冥王星だからメ号作戦。
カ号作戦というのあったらしい。
木星だったらモ号作戦、土星ならド号作戦、天王星=テ号、海王星=カ号(ダブり!)、
金星=キ号、水星=ス号←なんか弱そう、、、太陽=タ号、、、、、

2199でヤマトが冥王星攻撃した、
“メ2号作戦”、「目で確認するんですか!?」の古代。
「そうだ!メだっ!!」と我らが沖田かんちょー!!

昔の雰囲気を出そうと、今風な中で出た台詞なんだけろうけれども、
それほど“目で見る”重要性があんましなかったような気もします笑
=憶えてないだけかもしれず、そうであるなら大陳謝

目で見て確認、手で引き金。
「アナログじゃよー」と新海底軍艦で登場人物が言っていたけれども、
“血の通う”操作や言葉がヤマトらしくていいですな。。。
2013-05-18 [ Sat ]

波動エンジン?
いや、色が青い・蒼い・碧い、、、
ガーレ・ガミロン!!

大帝国でなくて大帝星という響き。
“ああ、星全体が一国だからそうか”
と子供心に納得していた。

星全体が一つの国やったら、凄い軍隊の物量。
何となく子供のころ思っていたけれどもそれが画像に2199。

第五章冒頭の、統治下の惑星を取り囲む親衛隊の大艦隊。
バランに大集結する一般国防軍!?のこれまた大艦隊=というかマグロ魚群。

かつてPSで青い親衛隊は登場していたけれども、
バラン突破後、彼らはどうするのか?本土戦力は?
そもそも七色星団の決戦戦力は?

とうとうガミラスの命運に触れる時期が来た。
総監督!ガミラス滅ぼすんですか?滅ぼさないですよねぇ。
いろいろ外伝とか前史のためにも、(続編はいりません)スタートレックのように、
永遠の敵対勢力化してください。。。
2013-05-17 [ Fri ]
なんと今日夕方からのプレミアム会員予約。
平日夕方四時からの予約とはっ!!

2199喝采の疲れた中年世代からすれば、
なかなか平日夕方というのはチケット奪取に専念は無理。

もうだめか、もうないか、
と半分あきらめつつも先ほど予約成立。
しかも前回とほぼ同じあたりの席でしたわい。

まあなんとか確保できてよかった。
ペンケースという待望の文具付きでもあり。
あとは劇場限定DVDをGETすべきかどうか。
お金かさむしなあ、、、今まで実は二章分だけだしなあ、、、

いやなにはともあれ、いまから貯金、貯金。
光り輝く大マゼラン星雲の閃光へ、、、
2013-05-17 [ Fri ]
水曜~木曜は東京出張。
今回はヤマ伴さんとお会いする時間は元々なかったので、
(特にお知らせも今回しませんでしたースミマセンー!!)
単機=秋葉原へ突入しアキメージュ狙い。

が、UDXは既に閉店時間。
ラジオ館には店員男子へ問い合わすも既に在庫無し。。。

徳間書店からのこのアキメージュ、
絶対本家アニメージュの創刊号意識しており。
黒バックやヤマトのパース、全体の雰囲気が類似。

創刊号同士でヤマト特集が相関し合うというわけか。。。

しかし限られた時間でついぞゲットすること叶わず。。。
少年の日、あのアニメージュ創刊号も買い損ね。
(本屋で発見して一か月たったらお金あるから、とその後行ったら無く、
そりゃそうだわな、一か月たったら次号発売されてるから、、、)

数十年振りにまた同じメかあ、、、
まあしゃあない。

2013-05-14 [ Tue ]
今そこにある危機。
ハリソンフォード主演の映画観たことも。

今この瞬間、2199はどうにでも楽しめる。
TVで、レンタルソフトで、ネットチャネルで。
先に全部観てしまう人も多いだろう、逆にあえての情報量制限も。

色々な伏線や回収やその途中の謎かけや、
旧作ヤマトシリーズからすれば数段複雑な物語の構築・構成。
これをいかにソフト・ハードで愉しむか!?

思えば凄い時代になった。。。
昔はTVだけ、録音するしか手段がなかった。。。
江戸時代と“23世紀初頭”隔世の感あり、、、ああヤマトよ!!
2013-05-13 [ Mon ]
日曜当日は、
朝から当該の旧作DVDを観て、
夕方の新作TV放映に備える生活習慣に。

これがじっくり出来るのも、
先行していたイベント上映のおかげ!?
週一の連載企画、簡単比較入門編の執筆が日課に。

今日は旧作二話(反射衛星の話の二回分)を観て、
夕方2199に臨みましたが展開や台詞、いろいろ類似や相違も。
これらを愉しむのは、まさに至高のひとときですな。

話変わりますが、
冒頭のナレーション。。。
ちょっと昔の勧善懲悪=特撮映画バリに簡単すぎ!?

「~宇宙戦艦ヤマトを“開発”」←この、開発というのが、
違和感ありありなのであり。。。
(どうも2199の脚本執筆トーンと世界観が違う気がしてならぬ)
やっぱり“御船”なので“建造”とかのほうがしっくりくる!!

TVで初めて2199に接した人にや、全くお初の方々や、
途中から観た人にも、「なぜこんな宇宙船が飛んでるのか!?」
をわかりやすくという何等かの意図が感じられるけれども。

それこそこういうのは局サイトで補完してもらって、、、

やっぱり次回予告いれましょうよ!
いれますよねえっ!!
(今更無理だろうけれども言わずにおれん)
2013-05-12 [ Sun ]
パート1・TVシリーズと2199比較入門編。

新作第6話:冥王の落日
旧作第7話:決死のヤマト!!反射衛星砲撃破せよ!!
一話分同士でボリューム的にイコールなのは4度目となり。

1:逆さまヤマト
旧作では潜水艦行動と称して第三艦橋がメインに。海中で裏返っている。
ガミラス潜水艇や攻撃機による爆雷の中ヤマト復活、撃沈報告済のシュルツ驚愕。
新作でも潜水艦行動で上下反転、模擬爆発で沈没したフリもあり。
ゼロやハヤブサの攻撃と同時にヤマトも反撃、ここで撃沈報告済のシュルツ狼狽。

2:航空隊
旧作では決死隊として探索艇で古代・真田・加藤・根本・杉山・アナライザー出撃。
古代がユキからアナログの紙に出力された冥王星の地図を渡される。
新作ではデータを各機にインプット古代は山本とコスモゼロペアで出撃。
二人は本拠地を発見、ミサイル攻撃でシールド効果を無効に。
加藤らのハヤブサ別働隊は間接拠点を発見。

3:撃たせて獲る
旧作では衛星砲の位置の手がかりにわざと撃たせる。
その排気筒から潜入するために。
新作では“撃たせる”ことはしないが、衛星をキャッチ、まずひとつを撃破。

4:反射衛星砲爆破
旧作では煙突ミサイルの着弾点を目安に排気筒から潜入。時限爆弾を仕掛け爆破。
新作では三式弾(実体弾)を発射、着弾から時限信管!?で爆発。
両方とも、まずは衛星砲自体の拠点が破壊される。

5:冥王星基地壊滅
旧作では衛星砲爆発が誘爆を呼び、氷海が大洪水に。ガンツ必死の訴えで脱出。
シュルツ艦の他に、多くのガミラス艦が洪水の中から浮上している。
新作ではヤマトの砲撃でガミラス艦が巨大ミサイルに激突、これが基地内で誘爆。
あの巨大ミサイルなので一気に基地は崩壊へ。

6:本国のやりとり
旧作では前回でシュルツ→デスラーへ撃沈報告。意に介さない総統閣下。
新作でも「それがどうしたのかね?」的な言い回し。
旧作では前回と今回二回あった前線と本星のやりとりは、新作では今回に集約。

7:総統閣下の“お言葉”
旧作では「戦って死ねと伝えい」。
新作では「勝利かしからずんば死かだ」。
いずれも報告に来たヒスへ一言、冷酷に。
新作では従女の声や、セレステラも新キャラで登場。

8:前回の補足
波動砲使用に関するやりとりでは、旧作はなんと真田さんが波動砲の使用について、
使わないのか沖田艦長へ質問をしている。新作では南部と加藤の意見対立という形に。

9:沖田の訓示
これでもう遊星爆弾は落ちない。といった念願叶った思いは新・旧作の両方に。

今日まででイベント上映の第一章、第二章分がTV放映されたことに。
来週からは第三章に突入と。(早いな)
イベント上映の第三章というと去年秋やったかなあ。。。
このあたりから少しづつ展開が動き出すのでTV観ても面白いと思う。

では、ラた、マいしゅう!!(わっかるかな~)
2013-05-12 [ Sun ]
6月22日(土)、
大阪ドームにて今年も開催。

チケットを確保。
どこかの学校が必ず「ヤマト」をやってくれる。
(と、信じて)

楽しみであり。
2013-05-12 [ Sun ]
朝、
家で会社の宿題をPCで。
BGMは勿論、2199サントラ。
結城アイラのエンディングをリピートで。

昼、
BDで第一章を観てみたくなり。
第一話、第二話を続けて、やはりこのEDはいい。
(今観るとすでにこの第一章、非常に懐かしいですね)

夜、
相方と隔月くらいの、いつものカラオケで。
無論、歌うは“星が永遠を照らしてる”。
一年前より大分上手くなったねぇとは相方の弁。
=いや、ヒトにお聞かせできるレベルではありませんが(汗)

発進式のあの日、
ライブで歌うのはほぼ初めてでガチガチだったそうだけれども。
のびのびとした歌声とナチュラルな肢体がとても魅力的でしたな。

アイラ女史のブログにも応援コメントを入れ。
(これは数日前だけれども)
するすると、なぜか!?アイラで一日経った土曜日だった。。。
2013-05-11 [ Sat ]
毎月11日の震災関連備忘録。
今日は狙いすましたようにDMが来た。

ひとつは、「あしなが育英会」の会誌。
東北レインボーハウスの進捗状況が掲載。
ようやく夏前の着工~来春3月の竣工を目指し。
(レインボーハウス=津波遺児の為のケアステーション)

今日カラオケに行ったけれども、このレインボーハウスの募金箱が。
見つけた折には必ず小銭を投函しているが、定期募金はちょっと空き。
そろそろまた投入しなければっ!!

もうひとつは、「ダルニー奨学金」の緊急DM。
何事か!?と思ったけれども来年度以降の年間援助金の設定変更告知。
東南アジアも物価高で従来の設定では援助も苦しいらしい。

今は二名。
一人は高校生で来年卒業。
一人は中学生で再来年卒業。
タイ・ラオス・カンボジアに加えミャンマー・ベトナムも対象になるらしく。
五か国か、、、一国につき一人が理想的だが、オジオジ財団!?にも限界あり。

単価設定もアップの来年度はオジオジも活動10年目の節目。
移り変わり行く先方の状況も鑑みつつ、長く続ける方法を考えねばならぬ。

誰かがこれをやらねばならぬ
期待のひとが俺たちならば、、、
2013-05-10 [ Fri ]
早い!
閃光のごとく。

もうそんな予告!?
そうか六月中旬やからねえ。
丁度前回の第五章から二ヶ月、いよいよ第六章。

このぴったり二ヶ月という間隔は今までで一番短いような。
とうとう大マゼランに到達してしまうわけですな、、、

かつで次元羅針盤にスターシャが直接語りかけ、
超遠距離遠大ラジコンヤマトな脱出劇だったけれども、
今回はユリーシャの精霊!?に導かれるように星ゆく御船。

イスカンダルの意味は!?
なぜ今回もガミラスのことを教えてくれない!?
一気に謎解きが披露されるのか第六章。。。
2013-05-09 [ Thu ]
我らが潜水船、しんかい6500。
ブラジルはリオデジャネイロ沖合で、
花崗岩を主体とした岩石群を発見したらしい。
=この花崗岩というのがかつての大陸であった象徴らしく

沈没大陸の象徴はアトランティス。(らしい)現実には、
伝説のアトランティス文明が滅びたとされる一万年前より、
はるか昔に沈んだプレートらしいけれども。

アトランティス、、、ガトランティス。。。
プレアデス、、、ガリアデス。。。
カミロン、、、ガミロン、、、
カミロンって冥王星が惑星と制定されていた時代の衛星じゃなかったかなあ、、、
ガ、多いな、ヤマト。
2013-05-08 [ Wed ]
ヤマ伴さんブログにて存在を知り。

うーむ、声優があの俳優ですかあ。
別にその俳優にはどうのこうのないんだけれども。。。
ちょーっと違うかなあ、、、

合うかな、、、
井上真樹夫さんの、
あのニヒルな重低音がこびりついているので、
どうなんかなあ、、、

予告映像はCGっぽいけれども、
欧米のCGアニメのような処理をするんかいな?
アルカディア号は映画版のようではあるけれども…

もう少し様子見、、、、、
2013-05-07 [ Tue ]
宇宙戦艦ヤマト2199BOOKSにて、
http://www.mag-garden.co.jp/yamato2199books/index.html

「宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集」発売中止のお知らせ並びにお詫びと
「宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[Earth<アース>]」
「宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集[Garmillas<ガミラス>]」(仮)発売のお知らせ

との告知あり。
某ブログさまでの記事情報により知りました。
(いつも迅速な書籍情報に感謝感激であります)

現状での性急なまとめ仕様よりも、
より充実したものに切り替えたという勇気ある決断か。
DVDガイドブックが今一つ書籍としては内容が希薄だったので、
この判断というか英断は前向きに受け止めたい。

なにはともあれ、
プランが怪しくて頓挫したのならともかく、
結果的に地球側とガミラス側に資料集を分けたのはよろしきことかと。
なんせ膨大な資料なのだろうと想像でき。

昔の全記録集や設定資料編を思い出し、振り返り。
やはりヤマトにはこのズッシリと思い事典のような資料がふさわしい。

2013-05-07 [ Tue ]
相方が観ている“ちはやふる”と同じ時間帯。

SFアニメの新しい世界観ともいうべき!?
ヤマト=ガンダム=エヴァときて、そろそろ新しいものが出てこないと。
これかどうかはまだわからない。。。
が、面白い。
2013-05-06 [ Mon ]
昭和~平成でこの世に生を受け、
無事大人まで育ててもらいました。
父よ、母よ、ありがとう。

丁度、ヤマトを全て認識できる年代で。
ヤマトと伴に喜び、泣き、笑い、過ごしてきた。
ヤマパというイベントにも通う事、九年で都合三回。

最近ではヤマ伴の皆さんと話すきっかけの、
共通ネタにもなっており。そんなこともきっかけでリンクのご紹介。

吉野御前様の
一期の夢

お住まいは鹿児島の離島。
遠く南の海よりの足跡をたどりました。
是非皆様もご覧あれ。

ヤマトとの思い出と伴に島での出来事が綴られて。
吉野御前様、是非2199を観てください。(笑)

今後ともよろしくお願いします。

2013-05-05 [ Sun ]
送料無料で、
MBS&TBSオリジナル特典付きらしく。
http://www.j-shopping.jp/mbs/org/anime/yamato_2199/
「麻宮 騎亜氏」デザインの全巻収納BOX&「加藤 直之氏」イラストポストカード。
1~4巻は10日前後のお届け、5巻は発売日以降、10日前後のお届け、
6、7巻以降は発売日毎のお届けになります。
(お支払いは各巻毎に代金引換にてお願い致します)
※返品不可:お客様都合による返品・交換はご容赦ください。

とのことで。=以上MBSショッピングページより

既製品をそのまま販売方式だけ違う!?
違いはポストカードだけかな!?
BOXは今回専用!?
(麻宮さんはカリスマだし~)
2013-05-05 [ Sun ]
パート1・TVシリーズと2199比較入門編。

新作第五話:死角なき罠
旧作第七話:ヤマト沈没!!運命の要塞攻略戦!!
一話分同士でボリューム的にイコールなのは三度目となり。

1:反射衛星砲
新作では元々遊星爆弾発射システム、
旧作では“波動砲をも上回る”威力の長距離兵器。
なぜこんな遠距離砲があるのかの説得力は拡充したかな。
反射板のある衛星を利用してのジグザグ光線攻撃は同じ。
(ただ、反射の仕方が新旧では違う=旧→鏡ぽい、新→反射シールド!?)

2:冥王星艦隊
新作では出てこない。
(木星でのヤマトの攻撃力を警戒したのか!?)
旧作では反射衛星砲の射程におびき寄せる為、出撃。
(しかし、ブラックタイガーの銃撃で簡単に爆沈してしまう!!んなアホな笑)

3:着弾
新作では左舷に命中、旧作では右舷。(後日修正、左舷です)
二発目は死角に隠れたが、(旧作では衛星にロケットアンカーを打ち込んで停泊)
またもや命中、軌道を崩し、冥王星へ墜落していくヤマト。
三発目は新作・旧作とも真上から命中、ヤマト沈没!!ここで次回への展開も同じ。

4:航空隊
新作では山本玲がついに転属、コスモゼロで古代と出撃!
2199初のコスモタイガーワンダバがここでかかる!!
旧作ではガミラス艦隊と対峙するのはブラックタイガーのみ。
そういえば巨大ミサイルも何発も飛んできたのをパルスレーザーで撃ち落とし。
(ガミラス艦といい巨大ミサイルといい、ちょっと旧作設定が雑でしたな)

5:波動砲
新作では使わないことが第一義。
旧作では冥王星原生生物の存在から使えないと。
自然破壊反対的な考え方は共通か。
(新作ではちょっとその理念がわかりにくいかな)

もうひとつ、新作独自のシーンでは、
ここで初めてガミラス側がユキの通信を元に“ヤマト”という艦名を把握。
ヤレタラ―やガンツのシュルツと歩んできた履歴も垣間見れ。

次回は冥王星基地攻略が舞台。
2013-05-04 [ Sat ]
六月は勿論、2199第六章。
(ああ、とうとう第六章か、もういよいよ終盤やなあ)
一株の寂しさもあれども、これから数年は2199検証で十分。

ファンの間ではもう旧作パート2に沿った続編期待もあれども、
オジオジ的には2199は一切の続編は不要と思われ。
(またそうしないように作っていると思うし)

やったとしても、全く違うお話にすべき。
かつての量産型の二の舞にしてはいけないのだ。
(そりゃあいつまでも動くヤマトが観られるのは幸せだけれども)

で、記事表題はこの夏への映画鑑賞予定。
五月はまず午前十時の映画祭で「2001年宇宙の旅」。
これは中学生の時に初めてテレビで観たけれども是非大スクリーンで。

次に同じ五月で「オブリビオン」。
トム・クルーズ主演のSFもので滅亡した地球が舞台。
いろいろなキーワードがヤマトと附合しそうで愉しみで。

六月のヤマトを経て、
七月は「終戦のエンペラー」を。
マッカーサーをトミー・リー・ジョーンズという配役(汗)だが。
テーマ的には鑑賞しておきたい映画。

八月はもう毎日でも2199第七章。
夏休み時期でもあり、何か大作もありそうだけれども。

映画に関しては、
新たにカテゴリーを設けていろいろ綴りたいが、、、
それには鑑賞本数が少なすぎるかな。。。
映画は必ずパンフレットを購入しているので、
(200冊はあるかなあ)
過去の映画を振り返りながらなら、ネタはいくらでもあるがなあ。。。
2013-05-03 [ Fri ]
松本零士先生の漫画版旧作パート1での沖田さん。
敗色濃厚な冥王星沖会戦(2199では海戦)での一幕。
=ハイ、勿論、守兄さんを説得しているところですな

松本さんのメカ呼称はちょっと独特で、
普通なら、ロケット戦闘艦といいそうなところを戦闘ロケット艦と。
別の作品なんかでも、宇宙戦闘艦ときそうなところを戦闘宇宙艦と。

戦艦という呼称は元々戦闘艦の略称だけれども、
あくまでルーツは宇宙船であって、軍事用が宇宙艦であって、
その戦闘版が戦闘艦なのであって、(という理屈から)
戦闘宇宙艦という語順になるのかなあ。

余談だけれども、確か旧作“新たなる旅立ち”でのメルダーズの設定。
戦闘星団連邦 植民惑星艦隊司令 プロイスタール・フォン・ドライゼ。
うぬおー 凝ってる。。。

確か監修のプラモデル(昨年発売版)でも、
太陽系連邦軍 旧地球連邦 宇宙防衛連合艦隊 艦隊旗艦というのも。
こちらも長いなあ。。。

で、“戦闘ロケット艦”という響き。
台詞の言い回しからして、(あの旧式の)戦闘ロケット艦さえもうないのだぞ!
(今、我々まで全滅してしまってはいけない!)というニュアンスが。

ということは、想像するに、あの沖田艦や古代艦に到る前の世代の艦船。
2199では沖田さんと徳川さんが艦長室で、“~36番”とか艦名もない船の話を
していたけれども、そんな時代の旧式艦かもしれず。

ロケット型から上下のある御船型になる過渡期の艦船とか。
(まあ、到底2199年当時ではガミラス艦隊に敵うわけもなく)
そう考えると地球艦隊はとてもロケット+スペースシャトル+戦艦の解答みたいで、
非常にリアルなスタイリングをしているなあ。と改めて。

旧作と2199第五章にもあった守出撃のシーンに涙の記事はまた次回。

2199では22隻の艦隊編成。
旧作での編成の考察もやってみたい。
(ホビージャパンのプラモ記事で地球艦隊)

 | HOME |  »

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
437位
アクセスランキングを見る>>