星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

11月 « 2012年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

感謝・感激・歓喜のヤマトイヤー2012

2012年 12月31日 12:12 (月)

大晦日ですね。
また今年もこの日がきました。
慌ただしいクリスマスから年末までの一週間の雰囲気が好きです。
昔、学生時代に富士フィルムの出店でフィルム売ったのを思い出し。

今年は、まさにヤマトイヤー。
年頭の復活篇DC版から始まり、
感激の発進式や舞浜での各種イベント、
2199航海(公開)は第三章まで歓喜の全10話。

関連した音楽イベントにも積極的に行きました。
(一部、お会いするお約束果たせずのヤマ伴様御免なさい)
また初めてオフ会にも行き、ヤマ伴の皆さんともお会いできました。
ブログも始め、オジオジにとってはヤマトに突き動かされた、
人生のターニングポイントになった年でもありました。

そしてそのこのブログ。。。
2199発進とともに発信開始しましたが、それから八か月。
なんとかこうして綴ってこられたのも、来てくださる皆様のおかげ。
いつもおいでいただく貴方様・貴女様に感謝でございます。

毎日のようにおいでいただく方、
コメントをいただいた方、
ありがとうございます。
(さらりと通りすがりに眺めていただいている方にも)
とても励みになり、エネルギー、まさに充填120%!!

デタラメな日本語で、独り言のような稚ブログですが、
またよろしければ遊びに来てください。
では皆様、よいお年を。

PS
数日実家に帰ります。
再会(再開)は正月三が日後?

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

妄想の2199!“転の第四章”

2012年 12月31日 09:50 (月)

第11話の最速上映は、
大式典で観てしまっているので、
その後の展開については極力見ないようにしており。

2199サイトや会報誌にも情報掲載あり、
一瞬観てしまった文字や写真だけも(極力)意識せず。
勝手にネタバレもありかも!?でちょっと綴ってみる!?

ガミラスは強大であり、とても滅びそうにない。
これは第二章を鑑賞してふと思ったけれども益々。
最後は自壊する!?(そのきっかけが現場での融和現象?)
そもそも戦艦一隻に滅び去る大帝国ってのは無理があり。
(かといって一国の王と一兵隊の“友情発生”もありえない)
その辺、総監督は相当考え抜いているはず。

“謎の毒性植物”の謎解きと“環境再生システム”の正体。
自然環境への人類の関与・操作に対する啓示があるか!?
また、各惑星の種族が同じなのも完結編的な同族解釈あり?
(おそらく)総監督は全ヤマト総集編的に俯瞰した構成を!?
=その為に従来型の続編は2199後としてはありえないと解釈

バラノドン・相原脱走・宇宙要塞は独立したEPSとしては無しと予想。
(しかしとあるブログ様での分析だと古代=真田はありえるかも!)
そうなるとあと16話を残して、バラン・七色・ガミラス・イスカンダルくらい
しかEPSが残っていない。ほとんど残り三分の二は新世界が展開!!

となると、ガトランティス(デザイン画にMマークあり=これPSの?)や、
暗黒星団・ボラー連邦(旧作とは逆に同盟してたりして)・ディンギルも。
あとシャルバートやアマールやアクエリアスといった女王様系は!?

サーベラーが侍女で総統閣下に仕えているとか、
ベムラーゼが宗教まがいの政教一致団体の長になっているとか、
アマール女王が資源提供でビーメラ風にガミラス配下になっているとか、
旧作をうまくアレンジしてシャレ心でいろいろやってほしいですなあ。
宇宙空母ギャラクティカばりに、自由惑星連合とか。
妄想暴走(^^;)ふぅ~今年の思い・想い出し切って、、、

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

夕日に映える“宇宙戦艦”の勇姿求めて

2012年 12月30日 13:50 (日)

昨日のナディア再放送。
地下の遺跡から宇宙戦艦へ生まれ変わる、
ニュー・ノーチラス号の勇姿がついに登場!!
庵野監督のヤマトパート1へのオマージュずらり。

揺れるスクリーンに映る敵艦。
「フライホイール」へ接続する動力。
沈黙から目を見開くネモ船長!!

上昇するように地割れする岩盤。
傾いた、残骸のような茶色い艦体。
砲身のせり上がる仰角いっぱいの主砲。

照準を合わせる9並びのパネル。
発射される主砲のSE、伸びる光線。
貫かれ被弾して四散する敵艦。

もうほとんど、あん時のヤマト。

やはりヤマト誕生の場面というのは感動で。
実写版でも発進シーンではいつも泣いてしまい。
ヤマト2199でも艤装ならぬ偽装された残骸から、
バキバキと現れる姿見ればそりゃもう涙腺大噴火。

その2199。
個人的には、夕日に眠るのは旧戦艦大和ではなく、
“宇宙戦艦”の姿であってほしかったのが本音でもあり。
地面が割れ、せり上がってくるのは、地下工場で完全製造された、
新しい姿のまま、土埃と伴に地上へむくむくと生れ出る姿で登場とか。

飛び立つのはあくまで超巨大ミサイルの時であり、
それまでの夕日でのたたずまいが宇宙戦艦状態というのは、
リメイクとしてとてもマッチすると思ったんやけどなあ。。。

すでに大和沈没の状態はわかっているし、
イメージというかコダワリも勿論大いに大事なんやけれども。
(しかしそうなると敵機飛来とか発進の演出に工夫がいりますな)

さあ、
今年もあと二日。
いろいろヤマトイヤーの2012年、
今年の想い 今年のうちに 綴らねば

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト!BOXへ収納せよ!

2012年 12月29日 10:51 (土)

好きなシリーズ、「宇宙戦艦ヤマト2」的なタイトルで。

日本コロムビアよりYAMATO SOUND ALMANACの、
収納BOX第一弾が到着!
むむっそうきたか!
(そうきたらこれは絶対揃えたくなるようなパッケージデザインで)

同封されていた送付の案内には、
“…関連商品を応援いただきまして…”とあり。
なんか日本コロムビアというのは“作品への愛や誠意”を感じますな。

サラリーマンなら、そんな会社で仕事でヤマトと関わりたかったなあ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ガミラスっぽい?烏?勲章?

2012年 12月29日 08:46 (土)

ガーレ・ガミロン!
ザッ!ベルク!
ふう?

先日ジャケットを買った、
ORIHICA(オリヒカ)というブランドのロゴ。
紳士服の量販チェーンの別ブランドで独自展開。

今までパンツを二本ほど買い。
なかなかオジオジの趣味と合うのであり。
かつ、リーズナブルで重宝しており。

チョコチョコ寄っており、
切り替えしのある加工がされたデザインの、
欲しいなあと思っていたジャケットがSALEで半額に!!
衝動買いで。紙袋がまさに真っ青でこのロゴマークで連想し。

ガーレ・ガミロン!
ザッ!ベルク!


テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

樽爆弾で轟沈!ジミ艦「ガンボート」の運命

2012年 12月28日 21:02 (金)

NHK初のアニメ。
宮崎駿さんのデザイン。
面白かったなあ、名作。

「未来少年コナン」
大好きなアニメであり。
といいつつ未だにDVD買ってないけれども。

“コナン”といえばオジオジにとっては、
“名探偵”ではなく“未来少年”なのであり。
この中に出てくる敵レプカの座乗艦、「ガンボート」。

ダイス船長の「バラクーダ号」もいいが、
この「ガンボート」がなかなか魅力的なデザイン。
艦首・艦尾にある単装砲と艦橋横の機関砲も異色の配置。

長い間、この艦種は何かなあと思いながら、、、
つい先日、大日本絵画社:ジミ艦という本を買い。
(模型雑誌で、今回は大和や武蔵といったメジャー艦でなく、ジミ艦特集)

艦船といえば外洋ゆく巨大艦が想起だけれども、
特集の中には、河川用・沿岸用の小型艦船がズラリ。
砲艦の類だと思われるが、中でもモニター艦なる艦種も。
100メートルほどの艦体に単装の巨砲を乗せた異色艦もあり。

なんでも大和・武蔵型に匹敵する46センチ砲(=実際は45.7センチ)
を搭載したモニター艦が英国海軍で実在したそう。
知らんかった!大和型以前にあの巨砲があったなどとはっ!!

第二次大戦当時もこの艦種、様々実戦にも。
艦体の小ささと巨大砲のバランスが嘘みたいで、
なんだかどうみても(不謹慎ですが)可愛い感じが、、、
これくらいの船なら艦長になれそうかも。(^^;)

「ガンボート」も映像からすると、
100メートルもなさそうな小型艦で、
小回りも効きそうで乗ってみたかったなあ。。。

第7話で沖田さんが言っていた「艦名のない船」もこれくらいの艦?
ちなみに「ガンボート」はハイハーバーのガルおじさん(やったかな?)
の手作り爆弾をコナンがスクリューに仕掛け、爆発・轟沈と相成りまして。

2199で、敵艦に潜入するようなエピソードなんかないかなあ(^^;)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト航海日誌Vol.2到着!!

2012年 12月27日 19:15 (木)

待ってました!
年末にお届けとなっていたので今日到着となり。
=渋い表紙やなあ

イキナリめくると第四章が見開きで紹介!!
いかんいかん観てはいかん、読んではいかん!
2199サイトの紹介記事もまだわざと読んでおらず。

知りたいけれども、
やはり劇場で初見の興奮を味わいたいし。
(そのかわり、いつも一回目の鑑賞は過ぎ行く映像にいつもついていけず(^^;))

設定資料も細かく紹介され。
これだけの抜粋でもこの物量なので、
2199設定資料集=おそらく出るでしょうけれども、凄いことになりそうな。

あと11月のヤマト音楽団大式典も紹介されて。
(あ、このCD出るらしいという情報をヤマトクルーのクルー様書き込みで知り)
愉しみですなあ。。。

記事でもうひとつよかったのは、
お宝回顧録の文具紹介。
懐かしい横型の(所持していた)下敷きが紹介され。

あの下敷きどこいったかなあ。。。
横型で、潜水艦のシルエットのような、
独特の流線型のヤマトがレイアウト、恰好いい!!

この正月休み、実家に帰るし探してみるか、、、
今回の2199では下敷きもグッズ化されており嬉しい限り。
もっと文房具系増やしてほしいなあ、と。

今日はじっくり航海日誌読みながら眠りにつこう。
ヤマトな夢がまた見れたらいいなあ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

第四章 発売グッズ発表!!

2012年 12月26日 20:17 (水)

第四章 発売グッズ発表!!

今回は下敷きやペンケースがあり。
こういった文房具系が増えるのは嬉しいですな!
定規とかノート、鉛筆や消しゴムなどかつてのように、
もっともっと文房具系のグッズ増やしてほしいですなあ。

そして超巨大ピンバッジ!!
無論、御舟の横から状態の絵柄と、
腕章など各隊のシンボル七種も付属!!恰好いい!!

うかつに締切日を逃してしまった!!
っと諦めてダメ元でクリックするとプレミアムバンダイページで、
好評につき予約期間延長のよう!!

年末ギリギリまで伸びてるのぅ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
好評につき締め日延長!2012年12月28日(金)16:00まで!!

狙っている方は、まだ間に合うYO!!
(巨大だけに値段も巨大で、、、)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

届いた!アロハ合奏団で宇宙戦艦ヤマトチケット

2012年 12月25日 20:09 (火)

ようやくチケットを予約し先日届き。
あのなんともホノボノとした、ヤマトイラスト入りチラシも同封。
(このイラスト、ほんっとに可愛い)

会場も初めて、アロハ合奏団も初めて、
スターウオーズとの抱き合わせも初めて。
ヤマトススムという指揮者!?の方も初めて。

いつもの彬良さんや、
旧知のヤマト音と比べてどう聞こえるか。
愉しみであり。

来年三月、
兵庫県立芸術文化センターで。
http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/html/01_shousai/4246110304_0000000001.html

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ファミリー劇場御中「ヤマト2in1放送」のご提案!!

2012年 12月25日 06:42 (火)

2in1(ツーインワン)、
まあ二個一とか、一つの中に二つみたいな意味。

先ほど復活篇DC版放映終了。

いやあ幸せなクリスマス一泊二日。
なんと素晴らしい48時間だったのだろうかと。
(いや24時間でいいのか?ま、いいか)

上映当時も思い出しつつ、
劇場版とDC版の違いも堪能。
ちょっと音楽が聞き取りにくかったので、
そこはまたBDで確認ですわな。

ヤマトは、ラスト違いなどで、
いろんなバリエーションが愉しめる珍しい作品。
そこでファミリー劇場さんへご提案!!
(そこでいいのかな?製作スタッフ側?)

今回のように、
ヤマト作品の特徴のひとつである、
“ラストシーン違いをペアで放送して愉しむ劇場”はいかが!?

例えば、
ヤマトパート1劇場版(スターシャ死亡編)
ヤマトパート1劇場版(スターシャ生存編)
とか、
さらば宇宙戦艦ヤマト
宇宙戦艦ヤマト2総集編
とか、
ヤマト新たなる旅立ちTF版
ヤマト新たなる旅立ち劇場用版
とか
宇宙戦艦ヤマト完結編(初期版)
宇宙戦艦ヤマト完結編(後期版)
など。
今回の復活篇のペアも入れたら、五回ネタありますよ。
是非!ご検討ください!!
(あ、いかん、鑑賞はできるが録画ができんかった、、、)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ファミリー劇場で復活篇放映中!!(DC版)

2012年 12月24日 13:27 (月)

今日はディレクターズカット版!
SEやBGMが旧作に準じているので、
雰囲気が劇場公開版とは全く違い。

いやあ、連日復活篇を愉しめる幸せ。
今は要塞戦の序盤へ突入!!
いよいよ別ラストへ!!

今年の一月、
東京の先行上映で観たのを思いだし。
上映終了後は満席の場内から拍手が沸き起こり。

感動でしたな。
そのあと大阪でも初日と平日夜の二回鑑賞出来。
まだ2199の旅立ち直前だったなあ。

このディレクターズカット版、
ラストに向かう最後の30分、
とてもいいですな、改めて、おススメ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

哀愁の年の瀬に“復活篇”の贈り物

2012年 12月23日 21:03 (日)

今日昼に劇場公開版。
明日昼はディレクターズカット版。
今日の余韻に浸りつつ、明日の愉しみも。
今晩は、なんと幸せな一夜なのか。

久しぶりに観た劇場公開版。
凄くゆったりと、まったりと淡々としたように感じられ。
冬の寒空の下、映画館に通ったあの日々も走馬灯。

あまりに少ない観客動員に、
これはオジオジ、頑張らねばならない!いくぞ!
で二カ月で五回の目標を達成したのもいい思い出。

映画館員の「(空いてますので)どこでもお選びいただけます」に
(はい、わかってます)「真ん中の一番後ろでお願いします」と答え。
当時住んでいた地元で四回、出張先で一回。
観た後、自分で補完計画書も書いたなあ。

それから二年、
今年の初頭にディレクターズカット版が公開。
そうか、あれ、今年だったんやな、もう大昔のよう。

明日は早朝で会社に少しだけ出て、
先月からあまりに忙しすぎて行けていない散髪も済ませ、
スッキリしてから昼の復活篇ディレクターズカット版に臨むつもり。

年の瀬に 復活篇の 贈り物
二つのラストに 次作への夢

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ファミリー劇場でヤマト復活篇放送中!!(劇場公開版)

2012年 12月23日 12:27 (日)

2009年12月のあの興奮が再び!!
この公開版を観るのは久しぶり。。。

先ほどから放送開始。
どうもCMは無いようですな。

ノーカットっぽいすな、、、
観れる環境にある方は是非!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

遊星爆弾というロングレンジ

2012年 12月23日 07:26 (日)

ロングレンジ。
大鑑巨砲では、相手の射程外から撃ちまくり。
航空戦術では、長距離攻撃で先に叩きまくり。
要はリーチの長いもんが有利的な。

山本だったか、
「遊星爆弾の第一波で、、、」
と両親を亡くした台詞が。(だったかな!?)

ということは、
結構、遊星爆弾は序盤から日本列島に直撃を!?
昔、西崎さんの小説では、国土の狭い日本は被害を免れ、
割と他国に比べたら戦力が残されていた的な記述があったかも。

それに比べると2199では被害甚大なのか。
しかしこの遊星爆弾、数発でもう戦意喪失しそう。
気象への影響も含めるとそりゃあ、数発で十分だろうに。

あんなモノが数年間に渡って降り注ぐなんちゅうのは。。。
よく落下してくる夢を見て。盆地のようなところに落ちるのを、
結構高高度から眺めている視界で。リアルな夢やったぁ

沖田さんの「今はもう防げない…」という台詞からも、
(実写版では同じ考え方で)序盤は奇襲だったかもだが、
結構初期の頃は衛星軌道上で迎撃できていたんでしょうなあ。
(島役の緒方さんが言ってましたな)

例えば戦闘衛星対遊星爆弾。
ああ~なんかすっごい地味な戦い。
旧作では放射能、2199では“謎の毒性植物”の種子バラマキ!?

2199ではタイプの識別もあり。
速度?規模?コース?などから種別していたのか。
旧作パート1ではイキナリ遊星爆弾から攻撃始まった的な設定?

2199ではその前に接近遭遇も!?
第11話を大式典で観ることができたけれども、
接近遭遇にドラマあり。ううっそれは辛い、父の思いは重く。
第11話から連鎖する第四章の“転”の四話物語=早く観たいのぅ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

人類滅亡まであと1日。。。

2012年 12月22日 21:35 (土)

このフレーズ、
鉄板というのかなんというのか、
決まり文句のようなものですなあ、、、

古代マヤ文明の暦の予言によると、
今日でヤマトが間に合わなかったことに(^^;)
実際、その場面というのは起こったらどう感じられるのかなぁと。

映画で観るような、
俯瞰的な視界は無理だろうけれども、、、
ようやくその辺の街中が壊れたりするのを目撃できる程度か。

昔、夕方の再放送を一緒に観ていた幼稚園の弟から、
「人類滅亡まであと00日」というナレーションを真剣に受け止め、
「ねえ、ヤマトいつ帰ってくるのん!?」と涙目に聞かれたこともあり。

無事、クリスマスが来たら、ヤマトは間に合ったという事かなw(^^)w

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

「こんなこともあろうかと」から「理論的には可能です」へ

2012年 12月21日 20:51 (金)

さ!真田さん!
口癖が変わってますよ~。
旧作では「こんなこともあろうかと」←でも実際言ってた!?
今回の2199は「理論的には可能です」←もう二回か三回出た!?

第四章の予告では、
新見を片腕に命令一下、何かを叫んでいるような。
“理論的には可能な”作戦を実施しているんですかっ!?真田さん!

明後日、ファミリー劇場で放映予定の復活篇では、
六連波動砲の全弾発射システムを“仕込んで”いた真田さん。
2199ではまだ地味な感じのみなれども、いよいよ活躍の時、来たる!?

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト2199ってやってるの質問、立て続けに

2012年 12月21日 01:53 (金)

やってまんがな笑
我が義弟、2199って何ですか?
ほほほほうう、聞いてくれましたな。

そりゃああんた、あの記念すべき第一作のリメイクよ。
しかもこれがまた単なるリメイクっちゅうもんやないんよ~
ってなことで少し話しつつ、、、

かと思えば、会社の同僚。
あれ、またやってるの?あのほら、
爆縮とか次元とか?=結構詳しいやんかあ!!

はい。早速DVD第一章を貸出しました。
ぐふふ。感想聞くのも愉しみだがのう、、、
こんな身近にヤマ伴候補、立て続けに。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

宮永愛子さん(の作品)に出会う

2012年 12月19日 22:17 (水)

現在美術作家。
ナフタリンという素材で様々なものを造形。
ナフタリンちゅうのんは常温で昇華(蒸発)する(らしい)。

展示されている、同じ造形=たとえば蝶でも、
創作された時期によってその維持されている造形は異なる。
常に“形あるものは全て無に帰る”状態で。

儚い時間、うつろいゆく事象。
アクリル(かな?)の透明なケースの中に無音で展示される、
その作品群にしばし夢幻・無限の宇宙を感じいり。

クリスマスのその日まで“なかそら”というテーマで展示。
神秘的で。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

切り裂きの、ガミラスビーム

2012年 12月18日 20:25 (火)

地球艦隊に次々と着弾!
その艦体をなぞるように撃つ。
沖田艦の後部装甲も貫いて溶かす。

まるで液体のようにシュバッと射出され、
旧作パート1で沖田艦の前方に着弾した、
あの過ぎ去る艦体にすれ違うように当たった、
あの当たり方が2199では恐怖のなぞるようなビームに表現進化。

恐ろしい。
当たり処が悪かったのか、
第一話で一撃のうちに轟沈した巡洋艦もおりましたな。

移動帝国白色彗星ガトランティスの回転砲塔が、
“さらば”で登場した時は「うわっ!凄い!」
などと当時思いもしたけれども、一回・一基につき一門のみ発射では、
どうしても火線が細くなる。ので、砲塔数が多かったりするんかいな。

強烈、ガミラスビーム。
1、 2発の着弾で新登場の敵艦ボッカーン!と大爆発やからねえ。
地球艦もガミラスビームの火線にかかれば木の葉のようにやられる。
11話で戦闘しているあの艦艇達も、弱いぃというかガミラス強いぃ。

切り裂きの、ガミラスビーム。
太陽系に来ていたのは、地球攻略の先遣ザルツ民兵が多くとも、
(ガミラス人もおったんやろうけれどもねえ)
かなわない恐怖が襲って。

閃光の、ガミラスビーム。
第四章登場のガミラス艦隊は本格的なガミラス人による精鋭部隊。
寄り一層、これは勝てそうもない恐怖が襲ってきそうな。

やはり総監督、
ガミオタですね笑

旧作パート1の絵を忠実に。
作画的にかなり省略されますな当時は。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

夢の聖夜に復活篇の贈り物

2012年 12月17日 21:24 (月)

ファミリー劇場で、
クリスマスの連休、
復活篇の二重奏が!

12/23が劇場公開版
12/24がDC版とのこと。

見たこともなかったファミリー劇場で。
でも今回はまさに放送している時間そのものを、
リアルタイムで愉しんで臨場感を味わってみるのも。

12月といえば復活篇。
地方都市で迎えた長年待った復活劇を、
12月というどこか寂しい雰囲気とともに。

あの12月に迎えた雰囲気をまた味わえるかなあ。
オジオジにとっての最高のクリスマスプレゼントに。

この二作 セットで愉しむ 贅沢さ

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

2199・第四章 PV航海(公開)!!

2012年 12月16日 10:01 (日)

荒くれ海賊風のフラーケン愚連隊!
蛮族と称された“あの”移動帝国の登場!
ドメル単身赴任への哀しい愛!?の別れシーン!

亡霊のように岬に付き纏う白いユリーシャの影。
(岬=霊感=霊=ということは死亡!?してる?)
ギャグ担当!?の原田の“漫画顔”、、、
ユキの笑顔、島の心情、古代の気持ち。

空間を切り裂いて迫りくる次元魚雷!
爆煙とともに応戦される舷側ミサイル!
アステロイドの暗闇に伸びる三連の光跡!

物語は常に起承転結。
起=第一章
承=第二章・第三章
そして転の第四章からが、ついに2013年幕開け。

古今東西・未来永劫、
“転”が一番長く面白く、物語の中心となっており。
2199もついにその“正体”が露わとなる時がきた。
それがどんなものなのか、全くわからない。

けれども、とてもとても愉しみで。
期待の第四章。

年内に10話全て、もう一度復習しておくか。
いや年内は無理やな、正月休み中に。
ふぅ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

さらば太陽圏!ボイジャーより愛をこめて

2012年 12月15日 09:40 (土)

宇宙ニュースという番組で知り。
テレビ東京系の五分番組、なかなか面白く。
もう30年くらい旅を続けているんやねえ。

丁度太陽系の端っこに到達したそう。
なんでも太陽系内の磁気粒子と星間磁気粒子の
交錯する領域らしく、今後この粒子の変化度合いによって、
太陽系の内外であるかどうかが判断されるというわけ。

この辺りっつうのは、
今回2199の赤道祭をした宙域なのかいな!?
の、はずですわな。「赤道って、ここ宇宙ですよ!」古代君、
とーっても言いたい気持ちわかりまっせ~。

思えばボイジャー。
かのカール・セーガン博士発案の、
未知の生命体に向けたメッセージ入り、金のレコードが装着されており。

男女のイラスト・地球を示す太陽系図・音声での「こんにちは」の各国語。
科学者としての博士の沈着冷静な宇宙感と浪漫溢れる試みに賞賛を。
いつかどこかで誰かが、あのレコードを再生するんかなあ。
(ザルツの先遣隊か!笑)

当時の科学特集番組や、カール・セーガン博士の“COSMOS”を思い出し。
あの“COSMOS”良かった、、、後年再編集されたスペシャル版を録画し。
少し見返してみたくもなり。原版のDVDもあるらしく、購入したいなぁ。

しかし、
その前にBD!BD!
旧作パート1のBD!!が先かな。
しっかしながら先立つものがすでに先立ってしまい笑

宇宙浪漫で一時の現実逃避。
もうすぐ第四章PV航海(公開)!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

元禄繚乱!!嗚呼勘三郎さん!!

2012年 12月14日 20:16 (金)

時は元禄15年。
師走の12月14日、、、
赤穂浪士が吉良邸に討ち入ってその首をあげ。

先日の日曜日に、
NHKで追悼番組をやっていて、
この討ち入りの回を全編再放送。

いやあ懐かしかった。
リアルな戦術、殺陣、演出、セリフ。
ああ、何もかもみな懐かしい。

オジオジが中学生の頃、
緒方拳さん演じる大石内蔵助が主人公の「峠の群像」。
(初めて全話観た、大河ドラマやったなあ)
それから十数年してからまたこの赤穂浪士がテーマの大河。

その時の大石内蔵助を演じたのが、
中村勘九郎(当時)さんでしたなあ。
(もう13年前)

大夫(たいふ)と呼ばれていた元筆頭家老が、
多くの浪士をまとめ上げついにその宿願を果たす。
12月といえば第九?忠臣蔵?(最近の)ヤマト?

緒方拳さんの内蔵助も好きでよく友人とモノマネを。
勘九郎さんの内蔵助はまた違った魅力で子供の頃わからなかった、
大石の心情や元からあった(かもしれない)討ち入りへの決意など。
この二作を通じて改めてわかった事も沢山あり。

歌舞伎役者の底力。
これからアブラも乗り切って、
いよいよいい味を出すころに来ていた勘三郎さん。

いろんな新しい試みもされて、
一度はその舞台を観てみたいと思いつつ。
だめだあ、やはり、すぐ観たいと思う時に観ておかないと。

高校の時に、校外学習で歌舞伎の舞台を観たのを思いだし。
あの頃は「つまらんなあ」と思ったけれども、中年の大人になり、
その後は地方勤務時代に薪能なども観て日本古典芸能の魅力にも。

勘助と勘三郎さんの関わりはそれくらいやった。
戦国の山本勘助からいただいたHNだが、同じ 勘 に今更気づき。
勘が鈍いなあ、、、

勘三郎さん、安らかにお眠りください。

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

とあるブログさまへヤマト(寄り)愛をこめて

2012年 12月13日 21:59 (木)

分類、このブログについてではないのだけれども。

ごくごく最近よく訪れていた、とあるブログ様が、
その長い航海を(いったん!?)明日、終えられるらしい。

まだまだ、まだまだ全部読破する前で、
とても残念だけれども今は管理人様のご決断に敬意。
またいつの日か、再度の発進を是非。

不死鳥のごとく。
ヤマトのごとく。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

時に、西暦2013年のカレンダー、来たる

2012年 12月13日 20:52 (木)

先日届き。
片方はこないだまで上映された2199の内容で。
気が早いけれども2014年は第四章以降の絵になる!?

片方は懐かしの旧作バージョン。
パート1とさらばが中心で永遠にも少し。
これも第二弾は2やⅢ、新たなるや完結編の絵になる!?

毎月が愉しみだけれども、
ヤマトのカレンダー、2009年の復活篇が最初やったかな。
しかしそれ以来、実際に部屋で掲げたことも無く。
(な~んか、勿体ないというか何というか)

去年の小林誠さんのイラストカレンダーは素晴らしく、
展示用によくあるアルミのパネルか何かに入れようかとも。
思いながら、、、はい一年経ち。

今回のカレンダーは最近のヤマト(2199)グッズでは、
なかなかいいデキのほうではないだろうかと。

強いて言うならば色調が浅いかなあ。2199グッズは、
カラーマネジメントが各グッズで統一されていないのが難なるも、
カレンダーとしてはもう少し濃厚な色合いのほうが。。。

旧作シリーズのほうは確かに過去のイメージどおりの色調。
こちらは次第点かと。さらばはもう随分観てないから懐かしいなぁ。
両方ともサイズもコンパクトで飾りやすいとは思う。

さあ、あとは買い損ねリストアップだが、
この週末もバタバタと忙しそうな予感もあり、
あっという間に年末を迎えそうにもなりつつ。。。

どこかで、ぼぅーっと、一日じゅう、
ヤマトな一年を振り返りたいもので。


YGD-013.jpg

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

第11話“いつか見た世界”まであと一ヶ月

2012年 12月12日 20:31 (水)

摩訶不思議タイトル・いつか見た世界とは!?
「いつか見た世界」…いつか見た世界。。。
と言われても。。。でも、いつか見た世界か、、、

このタイトルは非常に意味深いはず。
なぜならば、全くわからないから前後の話数との繋がりが。
2199を観ている人がいつか知っている世界!?
2199を作っている人がいつかやっていた世界!?

違う。
もっと深いのだおそらく。
いつか見た世界、大式典で観た。
けれどもそれは、まさにいつか見た世界もあったけれども、
たかだか数カットの為の呼称でもないだろうしなあ、、、

旧作パート1の全話一覧と2199を見比べると、
あとはバランと七色星団とガミラス・イスカンダルのくだりだけ!?
つまり2199は第三章までの10話で旧作の3分の2は消化している。
(バラノドンや宇宙要塞、相原のくだりは無いと想定して)

ということは、あと十数話は全く新しいイスカンダルへの旅が展開!!
数話は旧作に準じるとしても、10話分は見たことも無い世界があるのか!?
それが、いつか見た世界、というタイトルとどう意味づけされるのか。

先行前夜祭があるようで。1月12日の航海(公開)の、
前日の夜九時!加藤バージョンのキーホルダーもあるらしく。
ううむ、しかし観終わると夜十一時ですかっ!!
(復活篇DC版の限定上映を平日観に行ったのを思い出す、あれ、今年かぁ)

うー翌朝にはもう上映初日やし。
どうするか!?もし今、数年前のように地方勤務やったら、
退社後に大阪に移動して一泊して金曜・土曜で楽しんだ!?

あの熱い会場の雰囲気というか、
初日とか初回のあのクルーな“感じ”は味わいたいんだけれどもなあ。
クルーにはメールで案内!?そうですか、そうですか、確認しますわ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

偉大なる“わんこそば”に栄光あれ!

2012年 12月12日 00:00 (水)

毎月11日は震災関連備忘録。

備忘録も今年最後となり、
あれからもうもう一年九ヶ月なのですなあ。
昔から知っていた“わんこそば”なるも、
なかなかついに味わえずままこの歳になってしまい。

年に二回、歳暮と中元でお世話になる得意先があり。
そこでは必ず東北コーナーから注文することにしており。

今回は岩手八幡平(はちまんたい)の北舘製麺の半生そば。
いやあ、さすがにつゆは濃いですなあ!!
(関西人からするとホント濃い)
でも麺との相性はとてもよく~。

今日は呑み会。
いつもの生ビールから、
三杯目は宮城県気仙沼の日本酒も。
(名前忘れた~酔っぱらってしまい…)

甘かった感じで。
てなわけで、食べて呑んで貢献のつもり。
がんばれ東北!オジオジはここから応援しているゾ!!

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

御大いさおさん、我が夢で歌う

2012年 12月11日 21:44 (火)

先日ヤマトな夢を見た。
そしてまた今朝も見た。

今度は急勾配の小劇場で、
スーツ姿もバッチリ決めて、
御大ささきいさおさんが“ヤマト”熱唱。

どこかで未だに気になっているのか、
2199主題歌問題の行方(いつか立ち消え音沙汰なし)。。。
黒いショー用にデフォルメされた衣装で歌い上げていただきました。

今年はいろいろイベントへ行って、
その記憶がいくつか繋ぎ合わされていたのかなあ、、、
その2012もあと20日、あと20日しかないのだ!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

悲劇のザルツ父娘

2012年 12月10日 21:40 (月)

代替特典のカード。
当初の小林誠さんのではなく。
でも遅れたら遅れたでクリエイターが変わってしまうのか。

絵柄としてどうなんかなあ。。。
もっと限られた面積をうまくデザインした、
かつてのヤマトグッズのようなハイセンスはレイアウト、
そのあたりを2199グッズには今後期待したいですなあ、、、

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

夢を見た!昨朝のヤマト

2012年 12月09日 20:25 (日)

一日たって思い出した!!

右に艦首を向け、後ろ姿のヤマト。
波動エンジン近辺がクローズアップ。
レーザー砲が着弾してえぐり取られる装甲。
エンジンのカバーに沿ってなぞるように被弾!!

緊急ワープのようで、(逃げるように?)
クレーターだらけの小惑星にグニャリと食い込んでいくヤマト。
すぐに反対側のアングルになりグニャリと小惑星から湧き出るヤマト。

大部屋(第二艦橋のような)に何人かモブのような乗組員。
だれかと話したような記憶もあるがここで終わり。。。
新見さんやったかなあ何となく、、、

カラーやったけど。(昔、カラーの夢は良くないと言われたけれども、
生まれてこの方カラー=色付きの夢しか見ないが、、、エエのかな^^;)

昔、ホワイトベースのブリッジでセイラさんと話したこともあり。(痛!)
艦橋という環境が好きなんかなあ(^^;)

ヤマトのプラモデルを買いに行く夢はたまに見るけれども、
アニメ画像になったヤマトの夢は過去記憶にないなあ、良かった、覚えてて。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック