星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2012-11-28 [ Wed ]
前者、2199第三章DVDと伴に。
茶系の色合いがなんとも大人な雰囲気。

後者、YAMATO SOUND ALMANAC第一期応募券の、
締切がもう月末必着で迫っており!!しまったあ!!
そう、第一期七枚の応募券をハガキに貼って応募しないと、
全巻収納BOXの前半分がもらえない!!

二ヶ月ごとに一回の発売で結構余裕あると思ってたが、
意外とすぐやってくる二か月スパン、、、三ヶ月でもと勝手に。

このところ、仕事も立て込み気味で、
どうも休日も余裕なく、まだ応募できておらず!!
いかん!ヤバい!末日必着!=っと明後日やんかあ!!
明日速達で出さねばっ!って昼間そんな時間あるかな。。。

なんとか末日消印有効で勘弁してもらえんかのぅ

AR台本は全て開封して入れてみた。
台本を読み返しているとやはりいろいろシーンが思い出され。

ちょっと思ったのが、
第一章でよくあった、台詞が重なってリアルなところ、
だんだんその辺の小技が見れない。。。のでまた第四章では是非。

こうして読み返すと、第一章がもう凄い昔のような錯覚に。
2012-11-26 [ Mon ]
先月でしたかな。
新装開店のお手伝いに行った際、
近年稀にみる陳列量で新旧プラモがズラリと勢揃い。

あれから一か月、
ふと折込まれたチラシを見ると、
上新電機:キッズランド(子供用玩具専門コーナー)の、
クリスマスセールチラシでキャラクターモデルコーナーが。

わが青春のアルカディア号、
ワンピースのグランドシップなどとともに、
1/1000我らが御舟・宇宙戦艦ヤマト2199バージョンと、
同じく地球艦隊の3隻セットが掲載されており。

いやあ、こうやって普通にチラシや雑誌に、
ドンドンガンガン“ヤマプラ”が掲載されるのはいつ以来か。

昔のバンダイの非売品情報誌「ヒーロー」を思い出し。
販促向けの新商品紹介情報誌でBtoB用やったかな。
なんで田舎の小学生がそんなモノをっつうのはまたの機会に。

こうした家電量販店等で売っている単価は3割引きと安くもあり、
非常にお買い得なのであって、昔懐かしいスペースパノラマも。
ボーナスが出たら掃除機とホットプレートというオーダーがあれども、
ついで買い!?ではないけれども、プラモ、また買おうかなと。

写真では判別しにくいけれども、
B3サイズのチラシの右上10センチ四方くらいのスペースかなあ。
2012-11-26 [ Mon ]
今日放送で。
午前中だけ休日出勤だったので録画して視聴。
いいですなあ、やはり弦楽器が入っての元祖ヤマト音楽。
(やはりヤマト=音楽ナノであります)

昔、武田鉄也さんが司会をしていた頃、
「…そして素晴らしいファンタジーが生まれました、宇宙戦艦ヤマト…」
の曲紹介でヤマト序曲が宮川泰さんで演奏されていたのを思い出します。
(あー、もうあれ、なんで録画してなかったんやろうか、悔やまれる~ぅ)

解説付きで、「悲愴なヤマト」や「夕日に眠るヤマト」・「ヤマトのボレロ」が、
TVで観れる(聴ける、か!?)のは超貴重な体験でありますな。

今年6月にNHKBSプレミアムで放送された、「昭和の歌人たち」で、
ささきいさお御大の熱唱以来、半年ぶりのTVでの「宇宙戦艦ヤマト」熱唱も。
よかったあ、、、

そして「銀色の道」。あれも宮川先生やったのね。。。
彬良さんの、なぜ「銀色の道」というタイトルだったのか!?
というバックボーンもいい話でありこのタイトル自身、ヤマトの旅路のよう。
(無理やりですかねえ、もうなんでもかんでもヤマト(フライホイール)接続!)
2012-11-24 [ Sat ]
山戸進(ヤマトススム)さん指揮で、

このお名前、さりげなく凄くないですか!!?
ヤマトとスターウオーズの音楽イベントが来年3月神戸で開催!!
23日の宮川彬良さん+大阪市音楽団の炸裂ライヴ帰路の途中に、、、

「ヤマトとスターウオーズの音楽イベントでーす」
の声にすぐさま手に取り、、、アロハ合奏団なる音楽団体の不定期公演。
その一貫で今度日頃のスターウオーズに今話題のヤマトを加味しての開催らしく。

これはいかねばならない。
で、このチラシのイラストがええわぁ!!
しっかりとヤマト、ガミラス艦と三段空母、しかもヤマトの武装が全部楽器に!!

このイラスト、味ありすぎ、ついつい魅入ってしまい。
=裏面にはアナライザーや錨マークもスターWキャラとともに描かれ。
これは愉しみだ!!

ヤマトならなんでもどこへでも赴く。
来年三月、兵庫で開催らしく、愉しみだ!!

2012-11-23 [ Fri ]
勿論行きましたハイ。
この11月、ヤマト音楽づいており。
10日は舞浜でヤマト音楽団、今日は大阪でライヴ。
明後日は題名のない音楽会と連続オンパレード!!

今日は珍しく時間ギリギリとなってしまい、
席に着いたのも開演10分前を切っており。。。焦り汗かき、、、

ヤマ伴のみなさんのお顔も確認することができませんでした。
開演ギリギリ前に三人ほどの塊を発見しましたが、(いかにも!な方々)
しかし、概知(むらかわ流)のお顔ではなくお尋ねは遠慮しました。

もっと時間に余裕持って行かねばね。
先日舞浜であおいさんに紹介してもらった、はやたまさんや、
先日初めてのオフ会でお会いしたけーじさん・香月さん・篤乃さん・頑ツさん、
皆さん居たのかなあ、、、

ライヴの内容は5月の宮川音楽大勉強会とほぼ同じ。
前半はヤマト組曲と劇伴に関わる例の裏話を楽しくトーク&ライヴ。
ヤマト音楽に接するのが初めての方や慣れ親しんだ方々双方に、
心地よい案内を繰り広げる彬良さん。(自らハイテンションで)

最後は大阪市音楽団への応援も含め、
アンコールのマツケンサンバも最高で。
素晴らしい二時間半でした、、、また行きます。

大阪市音楽団の皆様、応援しています。
今年初めてその存在を知ってからかれこれ、
三田、大阪城(雨天中止やったかな?)、舞浜、今日福島区と、
いつも拝聴させていただき。

がんばってください。
(いや、もう十分がんばってますよね笑)

肝心の当日チラシを入手しそびれた、、、
楽譜は管弦楽の総合版が欲しかったが一万三千円近かったので諦めた。
(楽譜ってそんな、高いん!?)

帰路に就く、そこで新たなサプライズが!!
2012-11-23 [ Fri ]
新たなる旅立ち と 永遠(とわ)に。。。着弾!
が、来た。。。ん!?あれ、ヤマト2はどうした!?
手元にあるのは当初の発売予定ニュースの出力。
これをひとつひとつ消していくのも楽しみだったので。

自分としてはシリーズで最も好きな一作である「ヤマト2」。
そのBGM集がすっ飛ばされてイキナリ暗黒星団でっか!?
ありゃりゃ、、、なんで、、、うーんウィキペディア見てみると3月に。

なに!?年代順に出すんやなかったの!?今回のシリーズ。
まあお楽しみが後へずれたと考えればいいのかもしれんがのぅ。
本当にヤマト2ラインアップされるのか不安になってきた、、、

まあ大丈夫だろうけれども。音楽づいている11月なれども、
そうそう明日はいよいよ宮川彬良さん+大阪市音の炸裂ライブ!
ヤマト勉強会=今年五月に続いて二回目ですな、愉しみですな。
YOG-015.jpg
2012-11-18 [ Sun ]
片やや征服された二等臣民の親子。
片やエリートの軍人家系の令嬢と父親。
一方で父は死に、一方はヤマトで捕虜状態。

ヤマト大式典で上映された第11話では、
メルダ・ディッツの処遇を巡りドラマもあり。
あともう一組、ミゼーラ・セレステラは?彼女の場合は、
実は母親で息子が登場するとか!?(無いか笑)

地球側同様、ガミラスにおいても、
こういった親子のドラマが垣間見られる今回の2199。
ここからは妄想なるも、メルダの父はドメルを推すお偉いさん。
そんなドメルが仕掛ける七色星団の決戦においては、
メルダは必ず絡んでくるはず=第707航空団というはおそらく惑星基地。
(昔でいうと島嶼にある飛行機基地で、艦隊=空母機動部隊ではないはず)

その恒星系が七色星団なのか、
でもあれか、母艦はバラン星から発進したゲールの指揮下なので、
所属はバラン辺境かな!?第11話でヤマトが発見した恒星系はどこ!?

メルダの持つ個性として、騎士道精神溢れる素晴らしいパイロット。
上流階級ながらも一番の最前線に躍り出る男勝りに困っている?ディッツ提督。
果たして、多種族に対して見下した考えを少し改めつつある娘の秘めた思いが、
決戦の重要なシーンで“父への反抗”として現出し作戦の行方を左右する!?

そこにはゲールも居て、ドメルとの確執も連鎖していくはず。
うーむ、具体的には全然書き起こせない歯がゆさもありつつ、
七色星団何かあるゾ!!

後はヒルデですな。
今頃は父の死を知ったはず。それで身分が上になることに何を感じるのか。
ミゼーラ・セレステラの作った原稿で、すっかり演説の虜になっている彼女自身。
第三章で最後、総統閣下が身分の処遇を伝えたが、それが彼女にどう伝わったのか。

“無益な争い”を止めるのは、命を宿す神秘のチカラを秘めた、
“女子パワー”なのだろうかとも!?そうなると地球との和平・共存を、
総統閣下に進言するのは、セレステラかもしれない。。。


今日も朝からコーヒーとともに、2199今後の妄想。
2012-11-17 [ Sat ]
ご存じ新たなる旅立ちで新登場劇伴。
ヤマト史上、続編=後発の劇伴では最高傑作ではないかと。
あのリズム、昂揚感、躍動感、爽快感。

あまりにも素晴らしい一曲。
完結編でもコスモタイガーの曲はあれども、
やはりこの新たなる旅立ちバージョンが最高で。

復活篇でも新録音されて編曲もあり、
これはこれで雄大な感じもありいい曲で。
それに馴染んだなあと思っていた今日この頃、
2199でまた新たなというか「え!最初のヤマトやけどこの曲出る!?」
と、意表を突かれたのも事実。

そういえば、実写版ではコスモタイガーが正式名称で、
ブラックタイガーは隊の呼称なのがユキの台詞からわかったけれども、
今回の2199はどうやったっけ!?あれ、これは第二章をちゃんと復習か。

ワンダバコスモタイガーいいですなあ。
先日のヤマト音楽団大式典2012でも、思わずカラダが震え。
(あー踊りたい、でもこのヌボーっとしたデカいのが踊ると周りが迷惑だわ)

ほーら飛び立ちましたよーヒコーキが、
ってな感じでワクワクとはじまるワンダバコスモタイガーいいですなあ。
今度のオリジナルサントラ2199でも結構このあたりの再生視聴率高し。

実家のある地元の親友なんかも、
あの「コスモタイガーのテーマええでなっ!」と言ってくれており。
名曲です宮川泰先生、流石です宮川泰先生。

来週末の題名のない音楽会ですか、
そこでついに宮川先生のネタらしいですな。
何年ぶりだろうか、この番組でヤマトネタは。。。嬉しいのぅ。。。

今から愉しみ、11/23大阪市音楽団と宮川彬良さんコンサートと伴に。
YOG-014.jpg
2012-11-17 [ Sat ]
先日の朝日新聞記事より引用。
太陽系外の惑星候補はケプラー宇宙望遠鏡で、
これまでに二千個以上見つかっているらしく。

国立天文台・東大・東工大の研究チームが、
その中から“すばる望遠鏡”で惑星食を確認と。

地球から約二千光年彼方の太陽の1.4倍の恒星を巡る、
惑星同士で地球から見てそれが重なり、「食」となるらしく。

昔に比べると本当に望遠鏡の技術なんか進んで、
太陽系外の惑星系の様子がよくわかるようになり。
チビの頃、夢に描いた宇宙旅行への憧れも甦りますなぁ。

すばる望遠鏡!すばるしい!!
ケプラー望遠鏡、、、ケプラーと聞くと、
かつて「COSMOS」でカール・セーガン博士が紹介していた、
ケプラーの研究風景が今でも鮮明に思い出され、、、
ビデオで残しているスペシャル版の「COSMOS」また観てみようか。。。

2012-11-13 [ Tue ]
今回ヤマト音楽団大式典2012で、
実写版以来二度目のスキャットのYuccaさん。

第一章エンディングの生声を、
2月の発進式以来久しぶりに聞いたアイラさん。

のサイトをリンクに追加し。
別に第二章の美郷あきさんや第四章の歌い手さんや歌に、
どうのこうのないのであるがのぅ

やはりヤマトのスキャット=別の呼び方が専門的にはあるらしい
は、特別やし、久しぶりのヤマト新曲ということでエンディング代表で。
お二人に絞らせていただき。
ひとまず。
2012-11-11 [ Sun ]
「やった!俺たちはやったんだ!」
と思わず叫んでしまいそうなくらい!
感動のイベントとあいなりまして。

新幹線到着からいったん荷物を宿に預け、
現地入りしたのが昼の部開演30分前の13時半。
何やらディズニー関連のおよそオジオジ一人には、
全く似つかわしくない建物の脇というか中を抜けつつ。
ここか!?どこか!?と不安になりつつようやくの拠点発見!
YIV-016.jpg

えー皆様、こちらに見えますのが白色彗星ガトランティス、
都市帝国回転防御盤でございます、、、(に見えたので)

好天に恵まれ、爽やかな野外で待機。
いよいよ高まる期待と式次第にある内容にも思い馳せ。
そうそう、先日のヤマ伴の皆さんは発見できるだろうか。
YIV-017.jpg

バンダイのコーナーも。
同じ1/1000で統一されている今回の模型たち。
ガミラス艦!でかっ!ヤマトにもひけをとらない大きさ。
強いぞガミラス!ガーレガミラス!(写真は地球艦隊)

とうとう開演も迫りついに着席。
館内には既にサントラもかかりつつ、舞台中央には巨大ロゴ。
Dブロックの前から四列目、通路際の端っこなので臨場感満載!
おお!これほどまでに近いとはっ!!
ちょうどヤマトのトの延長線上数メートルに位置、ひゃあ!近い。

ここでヤマ伴のあおいさんを発見、お声掛けし、
さらに関西からお越しの、はやたまさんをご紹介いただき。
次の11月23日への橋渡しをしていただきました、あおいさんありがとう。

こうして“仲間な”お顔を拝見できるのも、
今後こういったイベントでのひとつの愉しみにもなり。
場内放送は岬百合亜ちゃん。あ、登場するのかな!?とも思いきや、
事前に録音された音声のみのようで。

いよいよ開演!!
■オーバーチェアとある=これは吹奏楽用語なのか
イントロは昔無い独特の雰囲気でまさにロゴが立ち上がるような重厚さ。

軽快な司会と伴に、(太田さんという方=とても聞き取りやすい司会で)
■組曲宇宙戦艦ヤマト
やっぱりこれですわな、コレ。今回は大阪市音楽団と士気シビックウインド
オーケストラの混成120名の大吹奏楽団なので迫力満点でございやす!!

■ここからは(ヤマト音楽)大勉強会
今回の宮川彬良さんのイベントへの意気込みの中で、
折角吹奏楽に接する事が多い少年少女らが知らないアニメのヤマト、
そしてヤマトで合奏や合唱に触れた多くの人の文化的興味を繋げる。
というのがあり、それぞれの入口から宮川ファンへの人々が興味を惹く内容で。
■探索艇■無限に広がる大宇宙■艦隊集結■地球を飛び立つヤマト
■コスモタイガー(ワンダバ)■ガミラス国歌■銀河航路■ヤマト渦中へ
(ズンチャカ=?ヤマト)■大河ヤマトのテーマ
彬良さんの楽しいトークと2199吹奏楽バージョンのヤマト劇伴が次々と。
「今なんかとても美しいものが通りすぎましたよ~」で笑いも誘うトークも。
美しいものとはスキャットでYuccaさんが登場!素晴らしい美声に酔い。

春以来、生演奏や本編、先日のサントラと、
ここまで2199音楽に親しむと脳裏で反芻の音声も2199バージョンに
切り替わりつつあり。=曲目によってはゴチャ混ぜっ

地球を飛び立つヤマトでは歌詞!?というか彬良さんが一言メロディに
添えたコトバがあって演奏の時もうそうとしか聞こえない状態に笑
あと銀河航路ではお二人で手を振っている年配のカップルも。
(甲子園の校歌みたいで覚えやすいですな)

個人的には旧作から好きなコスモタイガーのワンダババージョン!!
思わずノリノリで体がリズミカルに震えて、うーもっと全身で踊りたい!衝動に。
彬良さんからワンダバ合唱団と称された五人組(四人かな!?)も素晴らしく。

■2199第四章第11話上映
どこにスクリーンが!?あ、上から降りてきた。。。
いきなり主題歌なく本編!!クルーサイトで既に表示されている、
あの1カットに“あー見てしまったよー”と後悔したそのシーン。
おおおおお!なんとあそこサンとそんなことになっておるのですか!?
ガミラスが滅びない気が第二章からしておりますが、ますますそんな気に。

■主題歌のオンパレード
ここからは歌手の皆さんが登場。
我らがささきいさお御大がまずはの主題歌!
会場一斉の手拍子!泣ける!(司会の太田さんもいっとりましたが、楽曲は
勿論ですが、その時代や出来事を思い出し、泣いてしまうのですよねえ)
続いて、テレサよ永遠に・新たなる旅立ち・ヤマトよ永遠にを連続歌い上げ。
=ヤマトよ永遠にはレコーディング以来歌っていないと仰っておられ
(スタッフ側はやはり、歌詞スタンドとか用意すべきだと思いつつ)

ここでYuccaさんのラブシュープリーム。
Yuccaさんは確か実写版でメインテーマスキャットを。
再びのヤマト登場に感謝の極み。。。

そして結城アイラさん・美郷あきさんの新エンディング~真っ赤なスカーフ。
結城アイラさんの最後のワンフレーズあたりで音響不備発生!!雑音で停止!!
画像も乱れの打ち切りに動ぜず「ありがとうございました!」で退場の結城さん。

今回2199三曲は曲用に新たに編集した!?映像が。
いや、どれか各章の代表的話数のエンディングかなあれは。

ちょっと音響さんよぉ!ちゃんとしてあげてよ~(オジオジ怒るでぇ、もう~)
夜の公演ではちゃんと音響できていましたが、彬良さんの挨拶でのフォローが
「これはデジタルに頼り切ってはダメだのメッセージ、生演奏で今度はやろう!」
といった趣旨の御言葉を。場内拍手。

上記が原因でもないのですが、結城アイラさん、今回オジオジファンになり申した。
伸び伸びと歌い上げるお声が切なくもあり、エンディングとしてはピッタリはまり。
第四章も新たなエンディングが披露されたけれども、全編結城さんのでエエやん!!

最後は“宇宙戦艦ヤマト”を全員で大合唱・大合奏!!
思いっきり声だしても音響にかき消され恥ずかしがらずに歌えましたわ。
この感動のフィナーレ、二回目の夜の部でも素晴らしい瞬間でした。

なんと幸せなことだ、ヤマトひとつで丸一日楽しめるなどと。
二回とも八分くらいの入り。是非関西でも開催してほしいなあ!
二回合わせて3000人以上のヤマトクルーがいたのかな=ダブルヘッダー組も多々
YIV-018.jpg

中から見ると、第一艦橋ですなこれわっ
YIV-019.jpg

式次第というのがいいねえ。
もう品切れと案内されていた、旧ポスターでなく、
YRAラジオヤマトのCD買ったらそのYRAポスターもらえました。
楽譜や会場限定クリアファイルは買えなかった。是非関西でもやって~
西日本のファンを呼ぶには最低でも大阪でお願いします~
2012-11-11 [ Sun ]
といっても、直接173袋を用意するわけでなく。
JCBのユニセフマンスリーサポートを続けており。
http://www.unicef.or.jp/index.html

その一貫でイレギュラーに緊急支援要請DMが届き。
なんでもアフリカ西部のサヘル地域に干ばつが拡大。
その影響で食糧危機が約2,000万人に広がっており。

ひとまず、取り急ぎ、5,000円を。
これが表題の栄養補助食品=ペースト状のアレですね
の173袋になるというわけ。

毎月11日は、震災関連備忘録。

今月のネタとしては、このところ毎月東京出張で、
本社の食堂で東北支援メニューというのがあり、
その中で焼きそば=多分、「浪江焼きそば」かな?を注文することにしており。
の、ネタでと思っていた処にユニセフDMだったので。

届け173食!生きろよアフリカの子供たち!
「沖田さんは、死ねとは教えなかったはずだぞ…」(漫画土方艦長談)
2012-11-08 [ Thu ]
発売一日前に届いたサントラ2199。
毎夜のように聞いておりの三日目で。
旧作パート1BGMは擦り切れるほどに聞いた過去、
その曲順が頭の中に残っているので次曲への順番が新鮮。

サントラというだけに、
ほぼストーリーにそった流れ構成。
アレンジは旧楽曲にあった“粘り”“うねり”が取れてスッキリの印象。

いや、もっと粘っこい感じでよかったけど。
でもまあ、これも時代か、あのキャラデザインや、
スピード感に合うのはやはりこれくらいなのかもしれんのぅ。

確かにそこにはヤマトサウンド。
「そうだ!これが我々の待ち望んでいたヤマトだぁ!」
=丁度、「大河ヤマトのテーマ」がかかりだしたので、、、

あと一日。
必至のパッチで耳に焼き付け。。。
移動性ブラックホールじゃなくて、
移動性音楽再生機器を所持していないので、、、


画面奥から下るように進むヤマト。
この角度は実写版と同じ、旧作ファンからすると新しめのアングル。
しかしこのボリューム感だとサントラもっと出そうですな。
2012-11-07 [ Wed ]
二年前の新聞記事だったか、、、
この世にあの時代にまさかの“御舟物語”を届けてもらい。
実写版が航海(公開)の直前でしたな。

そんな、、、
あまりにもそれは突然過ぎて。
これは何かの間違いでしょう!とも脱ぎ切れぬ現実感。。。

ヤマパから案内メールを送っていただき、
想い至らずとも献花の微力だけはさせていただき。
あれからもう。。。まさかの2199世に船出ですよ、西﨑さん!!

御舟を送り出し、
自らも御舟と伴に、

そんなこともあるのだと、
思うが勝手、思わぬも勝手、

こんなこともあろうかと、
嗚呼、真田サンさえ居てくれれば、

ヤマトよ永遠に!!
2012-11-06 [ Tue ]
コメントいただきありがとうございます。
いやはやの立て込み状況続いておりまして、、、
かと思えばサントラも思いがけず今日届きなどなど、、、
リアクションが追いつきませんが少しお待ちをいただきたくーm(__)m
2012-11-05 [ Mon ]
おつかい ならぬ おふかい=オフ会。

人生お初はいろいろヤマトで達成なエピソード数々。
初めての(友人と見に行った)映画。=宇宙戦艦ヤマト劇場版
初めてのLPレコード。=宇宙戦艦ヤマト ドラマ編
初めてのゲームソフト(PS2)宇宙戦艦ヤマト 遙かなる星イスカンダル
初めての、、、といろいろあれど。

今日は人生はじめてのオフ会参加!!!
自分含め6名の皆様とご一緒し、楽しい時間を共有。
カラオケボックスでの2199全話再生は、まさにオーディオコメンタリー。

けーじ様
数々のオリジナルDOGA、素晴らしいデキ映えですね!!
毎月のお茶会!?ですか、是非今度お邪魔しますょ!!
待ち合わせで最初にお見かけした瞬間クルー感!でわかりました。

頑ツ様
メカニック・マシーンな知見とバックボーンに敬服。
舞浜も行かれるとのことですのでまたの再会を期待しています!
本編観ると“アレ”は確かに左回転と右回転で敵味方違いますね。

篤乃様
お名刺ありがとうございます。
2520の情報量には敬服いたしました、今度是非お茶会で!!
思い出して帰宅後、探してみるとVOL.0のレーザーディスク発見!

香月様
ツッコミどころが大人な渋さであふれており。
まさに同感なご指摘が満載でした、流石ですね!
ご家族様でトリオなファンファミリー、羨ましい、、、

あおい様
今回は本当に急遽な大阪、お疲れ様でした。
確かにヤマパでコスプレってらしたのを思いだし。
あと初参加した2004年でビンゴの時にあてていただいたのを思いだし。
(オフ会じゃなくて今かよ!と自分でツッコミを入れつつ)


実は9様から岡山でお誘いコメントいただいたのが今日参加へのキッカケです。
今回、こうして“ヤマ友=ヤマ伴”にお会いできたのも、
あれがなければ“その気”にならなかったのかもしれません。
9様にはそういう意味で感謝です。

皆様、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

というわけで、オジオジも久しぶりに!?
新しい友達が出来たのであった。。。やっぱりほら、
大人になると仕事等以外で中々広がらないでしょう、、、

ともに同じヤマトを観て、ともに同じ時間だけそれが過ぎ、
初めてお会いするのに、もう十分“御舟”については“出来上がった”
状態から「フルスロットル!」なレベルに一気に到達・理解できる幸せ。

オフ会とは不思議な催しでした。w(^^)w
次は11/10舞浜や11/23大阪でまたお会いしましょう。


あおいさまからいただいた、
アキバ限定版週刊アスキー0円。
こういったレアアイテムは首都圏以外在住の我々には本当に貴重品です。
ありがとうございます。
2012-11-03 [ Sat ]
2199グッズを見なおしていると、
ピンズコレクションにゆきあたり。
五種類あるので買い足さないといけん。

そうか中身はランダムに。
開けてみれば我らがヤマト。
向かって右向きなので地球帰還編か!?

全部揃えなければ。
あと第三章航海(公開)時、
揃えきれなかった“しおり”も一種まだ。。。

買い足し買い足し、
補完補完、保管保管。

このピンズコレクション、
紙袋に小さく入っているのが、
昔のオマケみたいで雰囲気ありますな。

造形というかプリント技術は進んでおり、
小さなアイテムでも非常に精密な絵柄を維持。
ピンズってしかし、どこに付けるもの!?

帽子とか鞄!?
バッジみたいなもんやろうからねえ。
この五種の中からなら、やはり沖田艦(キリシマ)かな。

2012-11-01 [ Thu ]
ヤマトといえばドラマ編。
レコードやCDで画像も無いのに愉しむ。(める)
ドラマといえばラジオドラマ。

台詞とSEとBGMで奏でる宇宙浪漫。
それが今度(2199)では艦内放送になりましたワ。
このやり方には正直びっくり、おやおや大丈夫かい。

いえいえなんのなんの。
アナログなチューニングや、
元気なパーソナリティのおかげで、
現実世界の十六回と第三章の中での日常がリンクし。

しかもそのYRAラジオヤマト、CDまで出た。
これはやはり買わねばならぬ。期待の人がオジオジならば。
音楽で愉しむヤマト、SEや音声のみで愉しむヤマト。

たまに聞かれる、
「何がそんなに面白いの!?」
いや、面白いというかなんというか。

奥行というのかな、
空気感・透明感のあるSEと、
一見無機質になりがちな鋼鉄の家城を、
命の息吹舞う血の通った空間に変えてしまう多くの劇伴。

ヤマトはねぇ
やっぱり音楽なんですよぉほとんど。

でも設定やメカもいいですよぉ
物語は断然第一作がダントツで。

そのリメイク2199。
よくぞ作っていただきました。
作り手の皆様、ありがとう。

伝統のカウントダウン方式「あと〇〇回」が
ちょっと寂しい、、、もっと続いてほしいなあYRAラジオヤマト。。。

 | HOME | 

2012-11

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆航続距離(光年)

◆拙画廊

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
907位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
429位
アクセスランキングを見る>>