星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

08月 « 2012年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

夕日に眠る“生まれ変わったヤマト”の勇姿

2012年 09月30日 21:24 (日)

ディアゴスティーニの戦艦大和を作る。
数年前にも発売されましたが、また再販ですな。
ヤマト2199にあやかり再販か!?

1/250というサイズなので、
なんと一メートルくらいありやす!!
とても陳列できるようなスペースは無く。

しかし、欲しい。(冊子の資料的価値も魅力的なので)
小学生の頃、30センチシリーズとかウオーターラインシリーズ。
何隻も何隻も建造しましたねぇ戦艦大和。

当時から一メートルサイズの戦艦大和はありました。
当然バカデカいパッケージに幼心に圧倒され。
そのうちヤマトの一メートルサイズも。
(確かメーカーはイマイとか)

数年前には29万六千円もするモデルや、
バンダイの1/350モデルは記憶にも新しく。
(この1/350モデル買わないと!まだ買える?)

「夕日を浴びて死んだように沈黙しているやまと、、、」
とは旧作パート1の第一話終盤の名ナレーションですが、
2199ではこのシーン、SEやBGMのタイミングは違えど、
忠実にリメイクされていましたな。

艤装(装備を取り付ける)と偽装(相手の目を誤魔化す)
を上手くかけて新しい解釈で挑んでいただいてましたが。
オジオジ的には違うアイデアがありました。

あくまでサイズ違いの新型は地下で建造し、
そこがバレて爆破されたゲートからズンズンとせり上がるNEWヤマト。
そこで古代・島が驚き発見、次の回でジャンプして飛び立つみたいな。

そう、夕日に映えるのは宇宙戦艦の姿で、がリメイクイメージでした。
YAAMATO2520でも先代の宇宙戦艦ヤマトが夕日に映えていたシーンも。
“旧日本海軍戦艦大和”との連想イメージはダイレクトに描かないという、
そういうオマージュでもよかったなんやないんかなあ、、、という思いも。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

まるでそれは、イスカンダル・サーシャ号のように

2012年 09月29日 21:01 (土)

富士フィルムの化粧品アスタリスク・ディスティニーのTVCM。
いつまでも美しいアンチエイジングの“肌時間旅行”というわけで、
未来人な設定の松田聖子さんと小泉今日子さん。

往年のオジオジも懐かしい永遠のアイドルですが、
(そんなお二人はさておき=失礼!)
何やらワープ的な背景を進む流線型の航行物体!!
ん!?このフォルムは!?ああ!また妄想が!!

まさか二人がイスカンダル姉妹とはいいませんが、(^^;)
いかにもなフォルムに、ヤマト気分を味わっておる次第であります。

ガミラスっぽくもあり、白色彗星のイーターⅡ戦闘機のようでもあり、
いや、やはりここは、イスカンダル宇宙船でしょうなあ、、、
http://shop-healthcare.fujifilm.jp/sp/astalift/

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

処は彼方400光年への甘いイザナイ

2012年 09月28日 20:28 (金)

南米チリの電波望遠鏡群が観測。(25日の新聞記事から)
生命の構成要素となる糖を含んだガスを伴う星があるとの事。

へびつかい座の星が誕生しつつある場所に、
グリコールアルデヒドという物質が星から28億7千万キロの処に。

宇宙に砂糖!?
星(ほし)は宇宙(そら)の子、人(ひと)は星(ほし)の子。
宇宙での命の神秘と連鎖に触れた宇宙ニュース。。。

400光年などと割と小さな距離を聞くと、
どうしてもヤマトⅢを思い出してしまい。。。
リメイクヤマト2199いい感じですが、他に作るならヤマトⅢじゃないかなあ。。。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト!ぶらぶら美術・博物館で発見?

2012年 09月27日 20:43 (木)

BS日テレで“ぶらぶら美術・博物館”という番組が。
(18日放送されていたのを録画していて観ました)
山田五郎さんオギヤハギさん相沢沙世さんがパーソナリティ。
今回は特撮博物館として、円谷プロの偉業が紹介され。

ウルトラマンやゴジラ、他にモスラ・ガメラ・ミラーマンなどなど、
当時オジオジも夢中になった巨大ヒーローものがずらり勢揃い。
録画した目当ては、庵野秀明さんが手がけた“特撮巨神兵”を観たく。
いやあリアルでした。ある意味CGやアニメより臨場感たっぷりで。

様々な作品展示の中では「万能戦艦マイティジャック」というのがあり。
あの二谷英明さんも出演され、番組当初はかなり渋めの作りだったとか。
パーソナリティの相沢さんが出演者に聞かれて思わず「宇宙戦艦ヤマト?」
と半信半疑に答えたのも納得。(なんせシルエットなどイメージがどうしても)

水上航行から飛び立ったり、海面に着水したり。
1968年の作品ということなので、ひょっとしたら西崎さんもヒントにしたかも!?
なシチュエーションが一杯のようです。=ウルトラセブンから継承されるメカ
デザインということですが、非常にハイセンスで恰好いいですな。

海底軍艦などからもデザイン思想が引き継がれているようで、
何かこのあたり、“空飛ぶ夢の巨大戦艦”の系譜みたいなもの、、、
脈々と息づいているような気もなきにしもあらず。。。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

京都マンガ・アニメフェア2012行ってきました-2

2012年 09月26日 06:10 (水)

午後二時からはヤマトーク。
出渕監督と西井メカ総作画監督で。
それぞれのカット解説やスタッフの思い入れなどに。

艦底ミサイルのカットは実は実寸より長く描いて、
迫力を出しているなど、現実視線とは違い演出上大事な
ところは誇張を含めてやっているという話も。

その艦底話題の中では“第三艦橋”話が盛り上がり。
「皆さん本当に第三艦橋は心配していただいて」と。
今回では木星浮遊大陸や冥王星への着陸!?シーン。

痛い!というか、あ!潰れた!感が。
ただ、浮遊大陸は泥沼だったり冥王星は氷だったりで、
グシャっと潰れないように受け取れる感じの設定にはしてありますと。

あと後半戦のネタバレ寸前ネタを少々。
3000隻のドメル艦隊はどこへ行ったんだ!
ドリルミサイルはもっと説得力がないとダメ!
自爆してあれだけえぐれたらそれは沈没でしょ!
など旧作のド派手な演出のところを味のままのリメイクネタも。

あっという間の一時間でした。
丁度監督が入退場するときの通路すぐ横の席だったので。
今回、最接近できました。(嬉)

2199の五人娘も展示。
一緒に写真を撮れるスペースでしたが、
ちょっと恥ずかしくて流石に無理。(^^;)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

京都マンガ・アニメフェア2012行ってきました-1

2012年 09月25日 07:02 (火)

オジオジ四十ウン歳。
この手のイベントには初参加で。
(ヤマパは三回いきましたがそれは別格ということで)

うかつにも前売券を買っておらず、
まずは当日券売り場に行列30分、入場に30分。
死闘一時間でようやく入場出来、真っ先に向かうはヤマトブース!!

朝9時半頃でしたが、90番台でヤマトーク整理券をGET!
120番までが制限だったはずなので後半でしたが何とか入手。
よかったあ。。。

ヤマトブースには、5mヤマト、加藤直之さんの巨大イラスト、
そして第一話の各メカニックの詳細なディティール画が展示。
いやあ、手が込んでますなあ、、、

あと第一章から第三章までのPV画像が繰り返し流れて。
当日朝まで入場ないしはヤマトークチケットが入手可能かどうか、
非常に不安定だったので今回は単独参加。
(本当は前にお会いし損ねた未来のヤマ友!?のみなさんにも、
お声掛けしたかったのですが)多分いらしてた方も!?

いったん昼食に出て、ヤマトーク時、再びの来場となります。

↑22日の土曜開催。
ヤマトブースは黒くて渋い大人の雰囲気。
すぐ近くに宇宙兄弟や名探偵コナンがありました。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

その日は朝から、真っ赤なスカーフ♪

2012年 09月24日 07:46 (月)

阿川佐和子さんがパーソナリティの“サワコの朝”。
土曜の朝、何気なくTVをつけており。
突然!真っ赤なスカーフが!!

ゲストの思い出の音楽をというコーナーで、
旧作パート1の静止画とともに一番が流れました。
(あまりに突然だったので画面も写真に収める間もなく)
ちなみにゲストは動物学者の遠藤秀紀さんという方。

“京まふ”イベント参加の朝に、
始まりを告げるファンファーレのように。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト来るー!(クルー)プレミアム会報誌第1号

2012年 09月23日 15:33 (日)

数日前ですが、まずはメールにて知らせが!!
発送が9月29日でお届けが30日から31日、だそう。ん?
(でも9月は 西向く侍 で30日が月末ですよ、ヤマトクルーさん!)

結構ヤマトクルーの告知は誤植多し。(上記は修正済のようです)
折角の吉報も白けるというか、他のアニメのファンから見られたら恥ずかしい。
校正・校閲はしっかりお願いします、ヤマトなのですからね。。。
これからも応援していきますから、作品同様。

さて会報誌、中身やいかに!?
前号をゼロ号としたのはヤマトっぽくていいですな。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

GETのCDで安心!!と、未GETな当日券の賭け!!

2012年 09月21日 18:53 (金)

意外と!?言っては失礼ですが、(ヤマトクルー様スンマセン)
ヤマトクルー SOUND ALMANACⅡ 三枚セットが早くも再入荷!!
速攻GET!!申し込みました。。。(後先考えず、これが後で財政難を呼ぶ^^;)

なんせやっぱり、オリジナルトレーディングカードは揃えないと。。。
(今のうちに第二章までの分を整理しないと来月とんでもないことになる予感)

ただこのCDリリース。
ヤマトクルーでの扱いが直前で、しかも特典付きとなると、
先に他の販売先で押さえておかれた方々も多く、ちょっとチグハグな状況。
第三弾からは、ヤマトクルーならではの特典が早めに告知されるようにならない!?

あとは「京まふフェア2012」 での、ヤマトーク入場券。
うかつにも前売り券購入を怠ったまま、ついに今日にいたり未GET。
整理券は当日だし、そのフェア自体の入場券ももはや当日券しか無く。
ヤマトークどころか、フェア入場もままならない状況にならないだろうか不安。

行ってみるしかない。。。明朝。。。
行けばわかるさっ!!(猪木流)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ショックな砲身(方針)!復活篇ヤマトのショックカノン 

2012年 09月20日 18:58 (木)

長い。
どう見ても。
比べてみても。

主砲の砲身、長い、、、ですよね。例えば、
二番砲塔の砲身が一番砲塔の砲身中頃まである。
ついでにパルスレーザーの砲身も長い!長い!!長すぎる!!!

復活篇ヤマトはヤマトアニメ史上初めてCGで制作されましたが、
(1996年ごろ!?のカレンダーやNECのCG版、プレステは別として)
アオリの遠近やパースの迫力感から逆算したりすると、
どうしてもあの長さが必要!?だったのか、どうなのか。。。

その割には復活篇当時発売の、
例えばスーパーメカニクスの艦体造形を見ていても、
プロポーションは過去ヤマトとそんなには変わっておらず。

純粋に復活篇ヤマトのプロポーションを再現した立体生成物はまだ無し!
キッチリとムチムチに幅のある砲身根元や、艦体そのものの横幅でっぱり。
極端に細い艦首と艦尾や、ハリネズミのように宙を突くパルスレーザー。

ちょっと逆に弱弱しい。。。
主砲の三連装もキッチリ行儀よく左右せせこましく居るので、
旧作のような一本一本が「くわっ」とイキリ立った迫力に欠けますなあ。

ディレクターズカットでSEが旧作に戻って、
重量感が戻ったのでまずは良しとすべきなんでしょうけれども。

ヤマト的に考えれば、かつてヤマト2で射程が伸びたように、
今回の砲身延長でより、衝撃砲の威力が増した、とかいう!?

その辺の設定というか説明含めて、明日への希望を!!
復活篇のMOOK、コンプリートBOXやディアゴスティーニ以外
は存在しないので、第一部を総括したMOOK、出版されんかのう。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

いつかは“喫茶ヤマト”の夢いかに

2012年 09月19日 18:54 (水)

う、埋もれる~、、、
という引越し屋!?か何かのCMがありましたが。
今まさに、わが部屋はヤマトグッズに押しつぶされそうになっており。

まるで倉庫のような状態。。。
折角の立体成型物もこれでは展示も何もあったもんでは。
書物や映像関連、音楽関連などもズンドコ増え続け。

「もはや、これまで、か。。。」
ああ、持家で巨大ショーウインドーに、
全ヤマトグッズを陳列できる日はいつか!!

博物館みたいにしたいなあ。(夢いかに)
併設で喫茶店とか、ヤマト専門グッズ販売店でもいいかな。
どっかの商店街で活性化に一役買いながら、とかー。。。
でも、商売は無理やな、性格的に(^^;)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

YRAラジオヤマト第13回拝聴

2012年 09月18日 18:48 (火)

高校生カップルで第一章から見続けていると投稿コメントが。
身の回りは自分たちの親ほどのオジサン達が多数だそう。

復活篇以来、中高年男性率高し、の傾向は否めず(^^;)
ただ2199は親子連れや、若い世代も率的には多く見られ(^^)

自分はついにこの歳まで子供も作らず、
我が次世代へ、このヤマトを引き継ぐことはもう出来ない。
違う形で、後世に残すやりかたを今から考えておかなければならないとも。

たかがアニメじゃないか。いいえ。
たかがヤマトじゃないか。いいえ。
人生には永遠に忘れてならないものがある。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ノーチラス!ナディアの海に今沈む!

2012年 09月17日 07:49 (月)

夕方六時前。
連休初日土曜日鑑賞。

な、何だ、何が一体っ!
(ノーチラス号)は完全に沈黙しました!
例えわずかな可能性でもそれに賭けるのだ
反撃の機会を掴むにはそれしかないと、、、
などなど、旧作パート1後半戦の名台詞の、オマージュオンパレード。

そして、
たまたまその放映前に見ていたガレージキットのサイト様で発見した、
巨大宇宙戦艦のフォルム。。。

後半は宇宙戦艦が登場するとのことでしたので今日はその布石?
なんせ今回、敵巨大要塞にボコボコにされ、大破~沈没してしまい。
=ちなみにこの空中要塞はガミラス十字空母のオマージュらしいです

来年一月頃まで放映は続くはずなので、
もうひとつのMYブーム巨艦物語として。
週末のささやかなお愉しみになっており。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

サブタイトル&マイブログ コピー変更

2012年 09月16日 17:00 (日)

更新記録ではありませんが、
サブタイトルとようこそマイブログへのコピーを変更。

ちょっと“飽き”がきたので気分転換。
少しシンプルに短くしてみて。
無論、大綱は変わりません。

三連休ですが天気も悪く、予定もなく、暇な日々。。。
また重要なアイテムを買い損ね、、、(注文殺到なヤマトクルー)
総統(相当)落ち込み、、、はぁ(:;)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

夢幻に広がる大戦艦

2012年 09月16日 16:14 (日)

本そういちさんが描く漫画、「夢幻の軍艦 大和」。
全14巻が講談社イブニングKCから発艦(発刊)され。
連載時から単行本を続けて買っており。

いわゆる架空戦記もので、
もしあの時こうだったら、という歴史のifが主軸。
従来の小説などでよくある、一つのifだけでないのが一味違い。

現在からタイムスリップした少年が、
歴史と戦いながら結果を出せば、その度に様々な未来が現出。
しかし最後は“夢落ち”的に完結するので、歴史そのものは変わらず。

自らが連合艦隊の運用をコントロールするような、
まさに夢幻・幻想を抱かせる戦術・戦略の面白さも。
=男子たる者、どうしてもこのへんは夢描くこともありますな

しかし、物語や設定よりも、
そもそも魅かれたのは、その表紙絵をコレクションしたく。
巨大戦艦大和の咆哮が聞こえてくるようなアングルと色使い。
新鮮な視点からのそのイラストは、脳内で宇宙戦艦に転換も(^^;)

計画中か夢想戦艦の図面的なサブイラストもあり、毎巻愉しみでもあったなと。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

日本縦断航海の5メートルサイズヤマト

2012年 09月15日 10:32 (土)

勝手な予想ですが、
イベントによく登場あの5メートルヤマトは、
かつてヤマトクルーカフェにあったもの!?
(結局、クルーカフェには未だ行けず、そしてヤマト~ではなくなり、残念)

いろんな情報では、
徳島でのイベントに海を渡り、
京都でのイベントにも登場してくれそうで。
日本国中で航海(公開)していくようですな。

どこかで観たい。。。
おそらくかじりついて、しばらくその場を離れないでしょうなあ笑

そういえば、実写版の時はもっと巨大なヤマトありましたね。
あれは競売にかけられたという話だったと思いますが、、、
入手された先方はまさに羨望、、、博物館できますよ、エエなあぁ

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト!カラオケBOXで歌い上げろ!

2012年 09月15日 10:19 (土)

旧作パート1は別格として、
旧作の中では最も好きなヤマト2的なタイトルで。
昨夜、カラオケに。

歌うは、
・宇宙戦艦ヤマト
・星に想うスターシャ
・好敵手
そして、宮川泰さんの 無限に広がる大宇宙
=といっても最後のコレは歌うよりもBGMとして聞いてました

音源的にはプレステのモノと同様でしょうか。
普段に比べると電子的な音質のような感じがしましたな。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト!Rの法則でコメント発見!

2012年 09月13日 19:42 (木)

TOKIOの山口達也さんがメインパーソナリティ、
NHK ETVの Rの法則 でアニソン特集をやっており。

ゲストは水木一郎大権現。
(アニソンの大魔王やったかな!?)
鋼鉄ジーグ、グレートマジンガー、コンバトラーVを熱唱。
最後には勿論、マジンガーゼットも!!

そんな中、新橋!?のアラフォー世代アンケート。
一位はエヴァンゲリオン:残酷な天使のテーゼ
二位はマジンガーゼット
三位はアルプスの少女ハイジ
=で、投稿コメントに「ヤマトないのか!?」

どこのどなたか存じませんが、
ありがとう、ヤマトのカタカナ三文字が、
TV画面に登場しましたよ。感謝感激雨あられ。

今回のランキングは、
選択できる曲目が限定されており、
その中でのランキングなので未登場。
最初から選択肢にあれば無論一位でしょう。

かつて数年前、(といっても七、八年にはなるかなぁ)
色んな番組でアニソンランキングが特集されることが多くあり、
どれも一位を獲得していたのが、何を隠そう我らが“宇宙戦艦ヤマト”!!

アニソンの帝王!?(やったかな)
と言われていた、我らが ささきいさおさん が登場し、
一番、二番を熱唱する姿が一、二年のあいだに数度見られましたよ。

嬉しかったなあ。
まだ復活篇もなく、全然新作の登場気配もない時期。
唯一公共電波でヤマトに触れた貴重な体験でした。=録画しとけばよかった

そんなことも思い出しながら見ており。
偉大なるヤマトソングよ永遠なれ!!

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

水害の年、顧みた国内外の「明日への希望」

2012年 09月11日 20:00 (火)

毎月11日は震災関連備忘録。
今回は少し視点を広げて想い巡らせ。
今年も凄い雷雨が突然夕方襲う日々が続いた中で。

去年の大地震による東北の大津波。
台風暴風雨による我が故郷の土砂崩れ。
そしてタイでの大洪水、と水害とともにあった2011年。。。

そのタイへは2005年から、ラオスやカンボジアも合わせて、
過去合計7人の児童の就学支援を修了。(里親制度ですね)
今回は水害被災地学校向けということで、「タイ洪水お見舞いセット」を寄付。

セット内容は本一式で、今回はアユタヤ県の学校に寄贈され。
(寄贈結果と感謝状も=半年くらい後ですが、キチンと届くのはとてもいい)
=別にスポーツ用品セットもありましたが、今回は本で

そもそもこのタイ里親制度への参加ですが、
通販生活という雑誌に、一般財団法人民際センター:ダルニー奨学金
http://www.minsai.org/daruneeとして紹介されていたのがきっかけで。

このダルニー奨学金制度の特徴は、
ドナーと支援する生徒が一対一でお互いを認識でき、
一人一年一万円の毎年定額で支援が継続的にやりやすくなっていること。
今現在継続中なのは、高校進学意志のあった生徒一人に追加支援。
あとはもう一人、新中学生を支援することになっており。
児童らから届く、手紙や毎年事務局から届く進学証書も継続のモチベーションに。

実際事務局からは、震災もあり、里親制度への寄付が去年は減ったそう。
自分はなんとか年間通常ペースの2人以上同時支援の目標を維持でき。

人類みな兄弟。。。あと数十年もしたら、
今度はオジオジらが彼らに助けてもらわないと
生きていけない日々が来るかもしれない。国際ならぬ民際交流、これからも続けて。


数年前始めていたこの里親制度の体験と発想が、
すぐ東日本大震災で被災した児童への支援という活動へ結びついた。
=分類は震災関連備忘録でこのジャンルで

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

見続けてナディアの海

2012年 09月10日 21:00 (月)

先日拝見した大阪芸大プロムナードコンサート。
司会の森川美穂さんが歌われた主題歌の不思議の海のナディア。
庵野監督の名作がNHKで再放送中。

今日は第20話。
こんなこともあろうかと
ネズミが袋に入っていく
の二つのセリフがオマージュよろしく入っており。

数々のシーンやエレメント、セリフにヤマトが登場。
それに遭遇した時、思いがけずの嬉しさに浸りつつ。

さてこの秋、
9月、10月とまたまた2199関連イベントも多し。
吟味しつつ対応していかないとちょっとしんどくなってきました。
(いや、時間うんぬんより、軍資金が笑)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

38歳アラフォー俺!古代のベストショット!!はここ

2012年 09月09日 10:54 (日)

アニメ界初!?
38歳中年ダンディが主人公なヤマト復活篇。
昨夜どうしても観たくなり、眠気眼に鑑賞、、、

復活を知った当時、(2009年)
小さな広告バナーの中にいる劇画調古代と、
(湖川さんキャラとはつゆ知らず)
設定が38歳、そうか、大丈夫かなという一株の不安。
(年代設定は知っており、しかし主人公はあくまで古代なんね!?)

観てみると難なくマッチ。(2009年当時)
年齢も特に気にすることなく物語は終盤へ。
ここで復活篇ベストショットの古代が登場!!
=当時も思いましたがDVDやBDで見返すたびにやはりこのシーン!!

雨交じりの強風の中、なびく長髪!輝く瞳!
美雪を助け出し、妻ユキの帽子を渡す古代。
「…この宇宙のどこかに居る!次は必ず見つける!一緒に行こう!」
カッコいいぞ古代!!

勝手な記憶では、
「俺は母さんをあきらめていない!」
と言っていたと勘違いしており笑

いやあ、この台詞のこの古代、
めっちゃくちゃ恰好いいですな。
そしてエンディング、地球の未来や人類の無力に思い馳せ語り。

劇場公開版は、「復活したけど、これっきり」な終わり方。
(いろんな謎は残しておくからまた何十年たったら解決してね的な)
ディレクターズカット版は地球が吸い込まれて大変な中、
「明日への希望」が感じられ。次への展開への“救い”もあり。

第二部の冒頭は、すでにヤマトが発進しているので、
ある程度、話が進んだところから遡りつつ始まるのか!?など妄想。
=たとえば古代の放浪のきっかけとか、家族の束の間の幸せとか、、、

映画の大画面に耐えうる、背景の動きや細かい描写などは驚嘆の域。
最後の地球に向けて発進!のアイコンタクトも素晴らしい。
元祖ヤマト継承者の復活篇、第二部が愉しみ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

戦慄(旋律)の!復活篇ディレクターズカットサントラ盤

2012年 09月08日 12:25 (土)

聞きながら(サントラ)
読みながら(解説書)
書きながら(ブログ)。。。

過去の宮川泰さん作曲の未使用曲が初登場していたり、
羽田健太郎さんのお弟子にあたる山下庸介さんの新楽曲や、
アレンジバージョンがあったり、解説書では新たな発見も多く。

2199では宮川彬良さんのニューアレンジが絶好調ですが、
復活篇では過去曲や新録音など、また違うヤマト音楽の系統・継投がここに。
豊富な音源と復活篇の劇場版とDC版の並行世界的な展開から、
今回はまた違う解釈のサントラとなりましたな。

ヤマト復活篇だけでアルバムは四種あることに。
交響曲ヤマト2009
宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラックアルバム
宇宙戦艦ヤマト復活篇コンプリートボックス未公開トラック集
そしてこの、ディレクターズカット版サントラ。

このサントラ、二枚組で手に持てば結構ずっしり。
ストーリーに忠実にプログラムされているので映画映像が走馬灯。
今こそ見たい!復活篇・劇場公開版とディレクターズカット版!
しかし、時間がない!!(笑)


今回付属のポストカードは劇場公開版メインビジュアルヤマト。
ジャケットの表紙はディレクターズカット版という憎い演出?ですなあ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

雑種系の!?偉大なるガミラス艦隊に栄光あれ!

2012年 09月04日 22:00 (火)

ガミラス艦←メカコレ名称、
ガミラスで最も一般的な戦闘艦。
同型艦が多数大量生産されている。と資料。旧作パート1では、
ドメル貴下3000隻の大艦隊出現など超メジャーなガミラス艦達。

ヤマト2199を観ながら、ひおあきら先生の漫画旧作パート1を。
読み返しているとこれがなかなか附合するところもあり面白く。
物語に関するところはまた別で綴るとしまして。

“緑色の剣”(りょくしょくのつるぎ)ガミラス艦隊にスポットを。
(緑色って平和とかエコとかいいイメージもありますが、実は病名とか
いろいろ多く、敵のイメージ。緑=敵もヤマトで定着化しましたな)

旧作では、デストロイヤー・クルーザー・ミサイルの各タイプ。
以前から気になっている病院船や新型駆逐艦というバリエーションも。
2199では、デストリア級・ケルカピア級・クリピテラ級へと衣替え。
これからどんなバリエーションが出てくるか楽しみですが、第三章PV、
観ておりますと何やら水中のようなところでヤマトと正面にらめっこ!?

次元断層のくだりだと思いますがひょっとしたら、“ヤマトよ永遠に”の
暗黒星雲のように「水ほどの濃度」的なオマージュも期待のシーンか。
そのヤマトの正面にいるガミラス艦、どうも既出の3クラスではないような。
砲身も出ているように見え。

無骨な感じはひょっとしたらガミラス艦・ラフデザインの再現か!?
旧作パート1で確か決定稿に至る前にラフ稿であったアレですかな!?
同じ第三章PVで迷彩色のガミラス艦も確認出来ておるのを考えると。
=迷彩色ガミラス艦はTV局売込用の企画書?などに登場しており

そんな遊び心的にいろいろ出してもらえるなら、
どうですか、ひおあきら先生版オリジナルガミラス艦も映像化で!!
漫画版を見ると二種類確認可能。=漫画版終盤で登場
(旧作パート1:本編でのアステロイドでの作画ミス!?は除外しますYO)

一種はゲル艦隊(ゲールでなくゲル、本編より更に“下品な男”ですが笑)所属。
戦艦級の大型艦ですが、ボディはデストロイヤー+艦橋はシュルツ艦、
といった風貌で。舷側の武装が簡素化されてますな。

もう一種はロメル艦隊(ドメルではなくロメル、このヒトも名将扱い)所属。
前項の艦橋のデザイン違いといったかんじ。幼心にフルスクラッチではないですが、
立体での再現も夢見たことも。(今ならできる!?いや、ムリ笑)

これら、本編映像では登場していない、雑種系ガミラス艦や、
あとヤマトⅢの総統閣下回想に登場したガミラス艦とかも是非。。。
勝手な妄想か(笑)いや、ガーレ・ガミラス愛!?

緑=ラフ稿版
赤=ゲル艦隊
青=ロメル艦隊
(いずれも色は不明=勝手解釈、
 ひお先生は同じスクリーントーン使用されていたので、基本緑と思われ笑)
宇宙は海、ガミラス艦はお魚さん♪

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

キャラ多し2199!ヤマト操艦(相関)図やいかに!?

2012年 09月03日 20:21 (月)

YRAラジオヤマト第12回視聴。
なんでも第三章は人間模様が中心とのこと。
確かに第二章はほぼ全編が戦闘シーンで、正直疲れました。。。

思えば旧作パート1のイスカンダルへの旅の魅力は、
ドンパチ一切ない、(あっても間接的な)人間ドラマの話数の多さ。
第一艦橋の面々の人となりがじわりと伝わってきましたな。
=一部サブキャラはそれでも取り上げてもらえませんでしたがそれは強弱

今回は登場人物も多く、どう展開していくのか?(追う話が多すぎても困惑)
そのあたりのバランスに注目ですが、第三章PVを観ていろいろ妄想が。

おそらく捕虜になるガミラス女兵士は今後しばらくヤマトに居るのでは!?
ガミラス帝国の背景の濃密さを観るに、この帝国は滅びないのでは!?
当然、予想もしないラストが待っているという!!
岬百合亜と接触しているあの女性はユキ?ユリーシャ?それとも?

まだ一カ月以上先ですからのぅ。
妄想にも限界が(笑)

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト!あの麗しき時代に!

2012年 09月02日 11:46 (日)

YAMATO SOUND ALMANAC を聞きながら。
やはり1977-Ⅰ:交響組曲 宇宙戦艦ヤマト。
無敵。もう今後アニメ楽曲でこのアルバムを超えるものは出ないでしょう。
世紀の一枚に巡り合った、この時代に生まれたことに感謝。

思えばオジオジが生を受けたのは、
まだ終戦から二十年ほどしか経っていなかった時代だったのだと。
無論、当時は歴史など訳わかりませんでしたが、今となっては思う時。

やがて物心ついたその時に、強烈なインパクトで目の前に現れた、
その物語の名は“宇宙戦艦ヤマト”。なんと透明感あふれるネーミング。
夢と浪漫の大宇宙冒険物語!漫画雑誌冒険王の裏表紙の流線型筋肉質なヤマト!

再放送をカセットテープに録音し、繰り返し聞いた日々。
音とともに、物語は勿論、時代そのものも思い出してしまい。
オジオジ的には序曲、誕生、出発、イスカンダルあたりが最高ですな。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

ヤマト来るー(クルー)プレミアム会員証

2012年 09月01日 12:27 (土)

プレミアム会員証一式が届き。
艶消し黒にシルバーのロゴいり会員証。
トレーディングカード=裏面の初期企画書ヤマトがGOO!
ドッグタグも。(今後イベント参加時は装着していかないと!)
シリアルナンバーはイマイチ覚えにくいというか、
うまく語呂合わせできない数字で。(泣)

届いたこの封筒、
半年前よりグレードアップされてますな。
(発進式のチケットが届いた時よりも)
半年前はブルーにノーマルな感じの書体でしたが、
今回は白地にちゃんと“ヤマトクルー”のロゴタイプ。
前回と同じく簡易書留ですが、料金別納郵便の意匠も錨マークで。
“らしく”なって良いんではないですか。

この錨マーク、
最初は“ヤマトよ永遠に”で大々的に登場したんかな。
旧作パート1では沖田さんの帽子や制服の襟・袖口などくらい。
“さらば”や“ヤマト2”でも艦長や司令クラスの衣装にしか登場せず。

最初、“ヤマトよ永遠に”で艦体に錨マークがつくことになった時には、
うーん、なんだかなあ、と違和感があったもの。白ペンキがかっちょ悪い的な。
まあ、それにも“ヤマトⅢ”で慣れたと思いきや“完結編”では主砲の参戦章のみ。
(艦首や舷側の錨マークは取れていて)それも復活篇ではマークも復活してましたな。

2199では、“宇宙海軍”という設定なので、海の軍隊=錨がキービジュアル。
旧作、復活篇、2199と微妙に異なるデザインの錨マーク。
2199のは流石にリアルなフォルムをしておりますな。

最近ではカバンやTシャツ、扇子や手ぬぐい、靴下やハンカチまで、
錨マークモチーフを見つけては購入しているという。
(ヤマト商品でないのに)妄想と自己満足で身に着けて。
いろんな雑貨などで、“ヤマト型”錨マークモノが出てほしいもんです。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック