星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2017-02-24 [ Fri ]
七色に輝くコース728の彼方。
その時、やさぐれ男の若き指揮官は、
「マジかよ…」そう一言つぶやいたという。

時に西暦2017年、
人類はまたもやとある恒星系に惑星を発見し。
一つの恒星系のハピタブルゾーンに、七つもの惑星が集中とは、、、

驚きであり。。。

記事にもあるように、
この星々は、いや宇宙は、多くの生命に満ち溢れているのかも知れず。
そう、それはいつも御船の物語で冒頭に語られていた宇宙の真実、世界の摂理。

遠きアクエリアスの子らは、
いつぞや出会い、そして真実を知ることとなり。。

多様性など多くの命の姿を、
社会全体が認め合うことが大事という昨今、
それは来るべき大宇宙規模での今まで知らされていなかった、
本当のMIBの世の中を、すんなりと受け入れられるようにするトレーニングなのか。

七色の虹のごとく、
輝ける宇宙(そら)の彼方に、
生命の根源と神のみぞ知る、宇宙の摂理を垣間見る。
(観たい)
2017-01-09 [ Mon ]
"ヤマト"を含む検索結果
三月末日まで一日三作品まで投票可能。

今日は、
第一作、方舟、復活篇 を投票。
五月の三日に生放送で結果発表らしく。

楽しみであり。
さあ、皆、レッツ投票!!
2016-12-11 [ Sun ]
10年ほど前か。
まだ自家用PCも所持なき頃、
いろいろと二次創作の構想もとい妄想を練り、、、

某機動歩兵作品のように、
もっと自由な時間軸で様々に放射状に展開できたら!?
そんな思いつきから始まった妄想メモは支離滅裂に連想展開。

中でも具体的になったのは沖田艦の処遇。

ヤマト発進のその後、無防備となった太陽系を、
たった一艦でその留守を守る為、急造したショックカノンを搭載し、、、
といろいろ思いめぐらし。

ヤマト型の砲身付ショックカノンを換装装備、
波動エンジンの簡易型も搭載し、近距離ワープも可能、
新造戦艦アンドロメダのまさしくそれは波動実験艦となった沖田艦。

2199でいうところのキリシマだが、当時そんな妄想を。

今度、古代はこのキリシマに乗艦してまず物語に登場するという。
艦名やその艦種は変わっているようだが、、、


この妄想は全て第一作を基調としており。

もう一つ、
復活篇に繋がる別の物語も妄想メモを発見。
引っ越しの荷物整理の中で様々の再発見となり。
2016-10-30 [ Sun ]
神戸に以前から野外展示。
これが最後で撤去というならば、行かねばならばぬわけであり。

「ヤマト1」及び「疾風(はやて)」のパネル展等の開催について
パネル展、そして俯瞰視点からの鑑賞可能ともなれば是非。

紹介文にその名があればそれはもう、御船そのものであり。
ヤマト1号

まだ御大展もやっており、
こちらはヤマ伴さんだ第二回鑑賞募集中~行くべ~(笑)
松本零士・牧美也子 夫婦コラボ展

ついでと言ってはなんだが、これも!?
川崎重工創立120周年記念展

楽しみがひとつ出来た。
2016-09-04 [ Sun ]
し~ぃばっしのわかれ~ぞ いまーはー♪
持つべきは友というべきか、、、

小学校時代の元同級生。
オジオジには気高き我が故郷に幾人かの友が居るが、
今日久々に逢うは、わずか二年、気高き我が故郷に居た御仁であり。

中学卒業以来二十数年、ようやく開催された、
あの十二年前の同窓会、その日が再会・再開となり。

昨日は再会以来三度目(かな?)の邂逅。
話せばいろいろ思い出すこともあるもので。

1:手塚治虫のブラックジャックが大好物やった
2:銀河鉄道999は勿論大好物やった
3:火の鳥2772、一緒に観に行ったね!(そうやった!)
4:24時間TV最初の手塚アニメ(マリンエクスプレスみたいな?)良かったね(みたみた!)
5:火の鳥は過去と未来から順に交互に話が進み、最後は現在で繋がる構想だったんよ
(え!知らんかった、、、しかし志半ば、、、残念だ、本当に残念です)

なんでも神戸での御大の夫婦コラボ展の広告は見たらしく、
彼から、こんなんあるけど行くん!?ときたもんだ。

行くも何も〜(笑)
(往復はがきがまだ帰ってこんなそういえば、、、)

愉しい時間はあっという間にすぎ、新幹線の時間が迫る!!

そこで、トドメの布教活動。

勿論、宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟はメモ書いておススメを。
概要と旧作との関係性の説明も付け加え。

まあ、騙されたと思って一回みてみそ?
うん、必ず観るわ〜

最後は しばしの別れ バリに握手、
さーきーくーまーせーわーがーとーもー♪

いつの日かまた遭おう、、、


先日御大出席のイベントで得た戦利品の一部、
再会を祝して御進呈。
2016-08-25 [ Thu ]
と、いうのはとある書籍のタイトルなのであり。

純粋なヤマト本もさることながら、
アニメ、サブカル、文化文学の知見から、
ヤマトや関連作品を研究した書籍がいくつも存在。

いろいろここ数年で買い集めたので、
こちらでも順次紹介していきたいと思い。
(ま、ヤマト大好きな皆様なら、そんなもん持ってて当然、
みたいなモノばかりかも知れませぬが(笑))

御船物語批判もあり、
ニュートラルな分析のものもあり、
モロ御船大絶賛ものもあり、、、いろいろ。

例えば、
1:方舟や2199で初めてヤマトに触れた新ファン
2:往年のファンだがそれは知らなかったというサプライズ
3:それって純ヤマト本やんけ(笑)なところもあり
な、方々に向けて少しでも情報共有になればいいなと思い。

というコーナー(カテゴリ?)を作りたく。
キッカケはやはり、シンゴジラを視て、彼のタイトルの本を思いだし。
(先日のいただいたコメントもヒントになりました、感謝です)

ボチボチとゆる~く。
2016-08-14 [ Sun ]
行ってきた。
灼熱炎の炎天下の中、いざ出撃浪速の街中ど真ん中。
模型、フィギア、コスプレの関西限定イベントとでもいうのか。

目玉企画は松本零士氏と石破茂氏のトークショー。
(なんやか名前聞いた段階では収拾つかなくなるのでは!?と心配に(笑))

数十店舗の展示では、
ゴジラ、他特撮もの、ヒーロー系、ホラー系と様々。
一番奥に松本零士コーナーなるものもありそこへ何度も足運び。
YIV-536.jpg
まずは銀河鉄道系のクリアファイル。
最初のはよく観たし、映画も知っているが。
エターナルファンタジーなる新作にはEDで御船が飛んでいたな。

メーテル物語や銀河鉄道物語はちゃんと観ないといけん。

YIV-537.jpg
開催時間の後半ゲットーはかつて所持していたイラスト集。
これ、同じ体裁で幻想イラストうんぬんみたいなの、黒い表紙でもう一種あったはず。
今回はこちらの白い表紙のほうをゲットー、実家でも残ってないかなーと。
凄く状態がいい、しかもほとんど原価のまま=税抜600円

右側は石津さんの小説、
その初版の装丁本のほう。(上下巻)
ひとつにまとまった文庫本のほうしか所持していなかったので、即買い。
第二巻の表紙や背表紙は松本零士氏のイラストのはず。

以下詳細、長いので畳みます。
» READ MORE...
2016-08-09 [ Tue ]
いや、参戦といっても、
観てるだけ~♪
アメージングエキスポ 2016

とても、自らはエントリーする実力などない。
買ったプラモは積プラ、罪プラ、摘みプラ!?
プロ、アマ、いろんな人々の作品を拝見しに行く。
(一般販売ものではなく、ガレージキットの祭典らしく)

楽しみであり。
2016-08-08 [ Mon ]
来月、このような。
9月11日、作家来場との記載もあり。
松本零士の世界

神戸であれば、至近距離であり。
最近よく出ているあの超美麗発色の版画だとは思うが、、、
行ってみるべしか~
2016-04-20 [ Wed ]
昨秋から激務の案件を、
東京からわざわざ転勤してきた、
五歳も年上の超ベテラン男性に引き継ぐことに。

なんでも北海道出身と。
この三週間でもう数度となく呑み。
いろいろ聴くと波乱の人生ひととなり。

「〇〇さんは、休みの日には何をされているのですか?」
とてもとても真面目な御仁であり。
(ええ、大概映画か音楽か、昔から宇宙戦艦ヤマトが大好きでしてね)

「そうなんですか。あれは中学くらいでした。
初放映の時は視聴率低迷で半ば打ち切りだったんですよね」
(そうそう、そうですとも、よく存じておりますですよ)

「実は私の住んでいた北海道で当時の青少年に人気の、
ラジオパーソナリティの女性が無茶苦茶押してましてね、
それで北海道ではヤマト熱に火が付いたといわれているほどです」

(そんな人がいたんですか?そういえば最近だかいつだかうろ覚えですが、
北海道に我々とほぼ同輩の大ヤマトファンが北海道に居て、
結構地元メディアも取材していたりするんですよ)

「その人なら、そのラジオ聞いていたでしょうね」
(同じヤマ伴さんでも北海道の人がいて、その人も聴いていたかも?)
「ああ、きっとそうかもしれませんよ、ラジオっていいですね~」

仕事は引き継ぐが、
ヤマトや映画についてはまた酒でも酌み交わし語り合いたいもの。

 | HOME |  »

2017-07

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

◆航続距離(光年)

◆拙画廊

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
685位
アクセスランキングを見る>>