星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2017-09-18 [ Mon ]
艦隊戦といえばヤマト、
海もの=ヤマトなメカ描写が歴史。

それが作画崩壊、演出稚拙により、
今や機動歩行兵器の専門外である、
艦隊戦表現にも太刀打ちできない状況にあり。

彼らは陸戦だぞ。
御船は海戦だぜ。
超時空要塞は空戦であり。

その海戦専門店が、
陸戦専門店の海戦メニューに負けたのであり。
ある意味御船物語史上、記念すべき月となったのでは。

機動戦士ガンダムヲリヂン Ⅴ(第五章)
激戦 ルウム戦役

かつては、セル画横滑り、
静止画で光線が交差するだけ、
どっかんぴかぴか破裂光が繰り返し。
(無論モビルスーツの格好よさ速さを表すために、
 艦艇は鈍重でなければならない、、、という事はあり)
それが機動歩行兵器物語の水準であり。

それがどうだ。
今日観たヲリヂンはどうだ。
艦砲射撃、光束の残光、爆発の噴煙、
兵士の所作、報告の緊迫感、指揮官の思惑、
ドラマ、ディティール、台詞、キャラ、動き、表情、
艦隊同士の戦闘シーンという表現では完全に22Φ2は敗北。

別に22Φ2をコケ落とすつもりがなくても、
2199を擁護するつもりがなくても、
ガンダムを応援するつもりがなくても、
これは完璧にその表現レベルにおいて完全に22Φ2は敗北。

完膚なきまでに敗北を喫した。
いや、別に勝負をしているわけではないが、
見比べると明らかに技術的に劣っていると言わざるを得ず。

何度も書くが、22Φ2では、隊形も何もない、ゴチャマゼの
烏合の衆のような静止画の艦艇の群れが移動しているだけであり。
ひとり古代の乗艦だけがウリャウリャと飛び回る、、、
(艦隊決戦としてありえない)
それに比べれば今日のルウム戦役はマトモな艦隊戦だったと。

着弾、爆発も細かい。
もわん、と風船みたいに膨らんで四散するガミラス艦なぞ、
手抜き表現の極みとしか思えぬ、、、

やるなヲリヂン。
おそれいった次第。

いや、これはこれで安彦さんの、
時代遅れも恥ずかしい大げさな人物描写や、
今現在に通用しないギャグのセンスなど問題もあり。
だがそれはまあ、許せるだけの全体のクオリティがあってのこと。
(ヲリヂンは全編をやる、という噂もある、それはそれで恐ろしいものを観ることになり)

2199とて、
第一話後半のびゅんびゅん飛び回る沖田艦はいただけない。
今日観たヲリヂンはいたってフツーのレベルであり、上記を含む、
2199の第一話艦隊戦には到底及ばないのであり。

それにも関わらず、
その程度のヲリヂンにも22Φ2第一話は敗れ去ったのであり。

しかし安彦さん、
(演出の一部過多な個所は除くとしても)
自ら描き起こした原作ヲリヂンをほぼそのままアニメにして、
さぞ大満足な晩年でしょう=幸せでありましょう

そしてガンダムに対する、
作り手の、理解と愛と、やる気と情熱が感じられ。
魂込めて、好きな作品を、素晴らしく取り組んでいると感じられ。

申し訳ないが、
今の22Φ2にはそれは一切感じられない、、、
物語の最初の入り方があまりにもアンチョコすぎたのでは!?
練って練って練って、、、
いや、まだそこまではいうまいて。

さあ、来月。
これを観てからの22Φ2第三章鑑賞ともなれば、
一体オジオジの目には御船物語最新作はどのように映るのか、、、

もはや、これまでか。

ヤマト2最終回:藤堂長官
新たち中盤:デスラー総統(声優、同じ(笑))
2017-09-01 [ Fri ]
それは今から半年前。。。
ついに始まってしまった、コレじゃない続編物語。。。
(以下、肯定派や否定派様々なヤマ伴さんのコメントを集約しております)
かつ、勘助見解で言う、言う、言う~

以下、長いので畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

» READ MORE...
2017-08-28 [ Mon ]
都市帝国攻防戦。
激戦に空間騎兵は倒れ、
航空隊は数機しかない。。。

玲「もう空間騎兵は何人も残っていないんでしょ」
(戦闘中、赤く塗り替えられるパワードスーツ)
榎本「女の子ってのは、わからんなあ~」
助手「…はい」

無数のカブトガニ来襲。
被弾しそうになる古代のゼロ。
玲「古代さん、私、ずっと古代さんを…」
(キャノピーをかばい、散華する玲)
ちゅどーん!

それを見た篠原機、突進。
篠「あんたにはわかんないだろうけど、、、」
ナスカ型の艦底へ垂直で向かう機は火炎に包まれ。
篠「悲しいけどこれ、戦争なのよね」
ちゅどーん!!

加藤「(だから)カブトガニはほっとけって(いったのに)!」
動けなくなったゼロから古代を救出する加藤。
加藤「乗ったか、行くぞ、、、」
(ヤマ2よろしく帰還して絶命)

激戦すんでボスキャラ登場、次はどうするヤマトよ。
(の、場面ですね)

テレサ「ズオーダーとの闘いには私がまいります」
古代&ユキ、白いパワードスーツ(戦死したキーマンが二人に託した)
に乗って、ヤマトを脱出!!

古代「ごめんよテレサ、ボク(ら)にはまだ、帰れるところがあるんだ、
こんなに幸せなことはない、、、」

22Φ2 第十三話(完)
22Φ2 (完)

(爆)


2017-08-25 [ Fri ]
波動砲艦隊構想により戦列復帰と。
その構想、核兵器装備推奨と根は同じか。
それはただ悲しみのメタファ。

劇j中で全面改修と。
改修される必然性!?
それが物語と台詞の前後関係から後で理解。
直線的時間軸では理解しにくいのか!?
(逆に自分がアホなのか心配になり)

側面ビュー。
塗装色彩はともかく、縦縞が、縦縞がダメ。
気色悪い、、、、、

水位?を示す目盛は排除。
続編のほうが水面に接する場面が多いはず。
せっかくの目盛がなくなったのは残念無念であり。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』より、復活した「ヤマト」が発進!『2199』版との違いを徹底検証!

以下長いので畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
» READ MORE...
2017-08-16 [ Wed ]
バスタオルだ!泣け!に被弾、ネーミングとロゴに炎上、
特報に誘爆し、第一章に操舵不能、 第二章に機関停止状態になりつつも、
かろうじて沈没回避中、、、「なめるなよー宇宙戦艦ヤマトをなめるなよー!
思い知らせてやるー!」(復活篇:大村さん)
判定偏の偏は、偏屈・偏重の偏で(笑)

さあ、第6話
死闘・第11番惑星
(というほど死闘でもなんでもない内容だが(笑))

以下、長いので畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
» READ MORE...
2017-08-06 [ Sun ]
バスタオルだ!泣け!に被弾、ネーミングとロゴに炎上、
特報に誘爆し、第一章に操舵不能、 第二章に機関停止状態になりつつも、
かろうじて沈没回避中、、、「なめるなよー宇宙戦艦ヤマトをなめるなよー!
思い知らせてやるー!」(復活篇:大村さん)
判定偏の偏は、偏屈・偏重の偏で(笑)

さあ、第5話
激突!ヤマト対アンドロメダ

ヤマト2=第5話準拠の、
主砲全開!目標ヤマト!!かの。
しかし第二作ってのは内容が元々薄いもんやから、
一話づつの密度でいうと第一作には遠く及ばないんよね元々。

以下、長いので畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
» READ MORE...
2017-07-30 [ Sun ]
バスタオルだ!泣け!に被弾、ネーミングとロゴに炎上、
特報に誘爆し、第一章に操舵不能、 第二章に機関停止状態になりつつも、
かろうじて沈没回避中、、、「なめるなよー宇宙戦艦ヤマトをなめるなよー!
思い知らせてやるー!」(復活篇:大村さん)
判定偏の偏は、偏屈・偏重の偏で(笑)

さあ、第四話
未知への発進

◆サブタイトル
これはヤマト2の第四話と一緒。
監督と脚本がさらばさらばと言っているが、
いい意味でミスリード、実は2準拠なんですよ。

っていう狙いがある!?ならこれはOK!!
(オジオジはそもそも さらば× 2〇 なのであり)

以下、長いので畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
» READ MORE...
2017-07-26 [ Wed ]
https://www.youtube.com/watch?v=U3ot4hnHtfk

https://www.youtube.com/watch?v=OVdM4cJ6xds

なかなかオモロイ。
また引き続きキャンペーン貼って(張って)いきましょうわい。

SNT-067_20170726215526a81.jpg
スシローだか、くら寿司だか、
コラボして“大戦艦巻”とかやってみては!?(笑)
2017-07-23 [ Sun ]
バスタオルだ!泣け!に被弾、ネーミングとロゴに炎上、
特報に誘爆し、第一章に操舵不能、 第二章に機関停止状態になりつつも、
かろうじて沈没回避中、、、「なめるなよー宇宙戦艦ヤマトをなめるなよー!」(大村さん)
判定偏の偏は、偏屈・偏重の偏で(笑)

さあ、第三話
衝撃!コスモリバースの遺産

◆オープニング~タイトルイン
やはり吹奏楽はダメ。シオンに罪はないが、ヤマトOPとしては
全くの迫力不足、これからヤマトが始まる!感が全くない!

以下、長いので畳みます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
» READ MORE...

 | HOME |  »

2017-09

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:五十路
■職業:会社員

◆カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◆航続距離(光年)

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
519位
アクセスランキングを見る>>