星ゆけば   宇宙戦艦ヤマトよ伴に

過去・現在・未来…不滅の宇宙伝説“ヤマト”よ永遠なれ!

2016-08-20 [ Sat ]
昨夜Eテレで、
モーガンフリーマンが案内役の、
時空を超えて選というのをやっており。
(選なので、おそらく本編シリーズからの抜粋ということだろうかと)
よく昔からある英BBC放送などの系列の海外科学ドキュメンタリー。

その中で、宇宙そのものを生命に例える理論が面白く。
(たとえば都市も生命とすれば、朝と夕のラッシュは大きな鼓動のひとつと)
番組中の、“宇宙は生きている”というセリフから、
「死んでいく星もあれば、生まれてくる星もある」というヤマトナレーションを思いだし。


イエチカの蕎麦屋が今日閉店。
添加物一切ナシの手打ちオンリーで、
超シンプルな店内と実に優しい大将の人柄で実は人気の逸品・逸店であり。

今年で御年62と仰っていたが、
接客から、調理、無論蕎麦打ち、洗い物、掃除などまで全て一人でこなしていた大将としては、
「体力的にかなりキツイ、この夏で丁度10年ということもあり、定年・隠居・閉店します」と。

» READ MORE...
2016-06-02 [ Thu ]
先日の日曜。

コピーライターで今や作家でもある、山蔭ヒラク氏と。
数年前に仕事をしてから随分ご無沙汰をしてしまい。

今年のオクトーバーフェスタ2016は再会の場となり。
御作品の シモジイ にもサインをいただいた。
もう一方は西亀女史(山蔭氏のブレーンでもあり)

金なし家族なし「下流老人」のサバイバルを描いた小説を出版!


もう一人ブレーンのライターも加わり、
そのまま二次会の居酒屋へと流れ込み。
日曜の夜はこれまたいとたのし。
2016-05-18 [ Wed ]

唯一の大阪支店で。
地銀の伊予銀行にもお世話になった。
そのショーウインドウには菊間瓦のバリィさん三態。
またいつか。
2016-05-15 [ Sun ]
いこい茶屋あしあと。
松山市本町にあるこの道四十年以上の老舗居酒屋。
SNT-060.jpg
かつて数年間で約百回、いや百五十回は通った道も足跡の道。
看板は以前、電柱上部にあったものが古くなり、新しくしたもだと聞く。

SNT-061.jpg
店はカウンターに8席、奥に畳の小部屋がひとつ。
カウンター一番手前にはいつも季節の生花が、今回はアジサイ。

SNT-062.jpg
以前引いていた問屋とは違うらしいが、
相変わらずその魚、肴はいと旨し、いとおかし。
刺身は角が立つほどに新鮮味、美、身溢れており。

六年ぶりの再会からの数時間、
あの日あの時あの頃を、まるで録画再生したようなひととき。
大将、奥さん、先輩、、、あの輝ける日々を、素晴らしい日々を想い出し。

奥さんは2、3年前に脳溢血、
今は回復らしいが痛み止めは今も恒常。
御子さんも大きくなり、もう歳だし引退したら!?と助言もあると。

SNT-063.jpg
高知、愛媛のラーメンなどを土産。
そう、今住むイエチカの居酒屋ご夫婦にはいつも。

今は浪速の春団治。
いつかまた、伊予の殿様となる日は来るか。
三度目の正直か!?二度あることは三度ある!?

神は天にいまし  すべて世は事もなし。
新たな あしあと はまた一歩、歩み出し。
2016-05-15 [ Sun ]
正岡子規の有名な句碑。
SNT-057.jpg
在任中にはまさかこれを撮影することになろうとは到底。

正に千と千尋。
SNT-055.jpg
道後温泉本館。
在任中についぞ一度も行かなかったが今回ついに。
中は撮影禁止なので外観だけ。まさに千と千尋の世界があり。

すっかり定番。
SNT-056.jpg
温泉地は市街地からもすぐ近く。
訪れるには是非この坊ちゃん列車でどうぞ。
自分はと言えば旧型の車両を選んであくまで外見だけ愉しみ。

砥部焼観光センター近く。
SNT-058.jpg
街並みの該当も砥部焼の柄で。
観光センターでは小皿やオチョコをゲットー。
ぽってりした独特の器はこらから長い付き合いとなるだろう。

明屋書店。
SNT-059.jpg
四国では宮脇書店につぐ、地元資本!?
この大街道店が新しくOPENしており、ペッパー君も居た。
なかなか近未来的ないい本屋であり。

次回最後に いこい茶屋あしあと をご紹介予定。
また、一昨日、昨日と 台場deヤマト なイベントもご紹介予定。(汗) 

PS
このところPCの調子が悪く、
ようやく復調しつつありなんとか追いつきUPしていく。


2016-05-10 [ Tue ]
愛媛二泊三日では、
かつての行きつけの店も目当て。

初日の昼食、写真が撮れていないが、
松山城すぐ西にある カフェ青山 はおすすめ。
居た当時新メニューだった トルコライス を注文。
すっかり定番になっており、相変わらず素晴らしく旨かった。

二日目の夕食、写真が撮れていないが、
松山城すぐ南にある 瓢太 ラーメン もおすすめ。
松山独特の甘いとんこつ醤油スープが魅力であり。

しかし、何と言っても在任中、100回以上はお邪魔したであろう、
最優先に行くべきは、“いこい茶屋あしあと”であり。初日夕食に訪れ。

SNT-050.jpg
数年間のあいだ、ほぼ毎週通った酒の道。
いつも会社からそこへ向かう 足跡 をつけながら、、、

大将と奥さんとは、実に六年ぶりの再会を果たし。
嗚呼、愛媛よ松山よ、何もかもみな懐かしい、、、

SNT-051.jpg
“いこい茶屋あしあと”の話はまた改めて。

二軒目は“寿司 江戸幸”に。
ここはもう毎回、旧知の年上の友人=今日もまたその会社社長におごってもらってばかり(笑)
ま、このあと スナックエチュード(長身美人ママ)や、花未来(着物ママのクラブ)へは同行お約束。
=相方は相方でそれは百も承知なのでお許しを(彼女は彼女で旧友数名と旧交を温めたのであり)

SNT-052.jpg
二日目は 愛媛FC 対 大阪セレッソの対戦を。
その前に砥部焼観光センターに立ち寄り地元の窯元に。
オチョコと小皿を購入=シンプルな絵柄とその ぽってり した特徴の器は改めて。
=写真は売店での伊予柑ソフト さっぱり柑橘系の味がGOOなオヤツタイム

SNT-053.jpg
三日目、いよいよ大阪に舞い戻る日の昼食。
松山市民のソウルフード デュエット のミートスパゲッティを。
相変わらず巨大な物量(おそらく三人前)と甘いミートソースでがっぷりといただく。

SNT-054.jpg
愛媛在住時、愛媛FCの試合を観たことも。
その時、屋台で出ていたのが じゃこカツバーガー。
じゃこ天(魚のすり身を小判状に成形して揚げたもの)が愛媛名物だが、
それにさらに粗めの衣をつけてカツとして揚げたものをバーガーにしたものが当時。

今回はバーガーは絶滅していたようで、じゃこカツだけは生き延びていた!!
=JR四国運営の ウイリーウインキー というパン屋でパンを買い挟んで喰らう。

とにかく愛媛は魚が旨い。
四国全体で魚は旨いと思うが、一位は高知、二位は愛媛かな。
香川と徳島は同率三位かなー、、、もともと魚好きだがあれほど魚を喰らった日々もなく。

他に閉まっていたり、無くなっていた店もあり。
六年という時間の流れも感じつつ、あまりにも違和感のない、
慣れ親しみ、そのまま溶け込んだ三日間であり。
2016-05-09 [ Mon ]
GW後半、
相方と思い立って愛媛に二泊三日。
数年前まで数年間、慣れ親しんだ居住地。
オジオジにとっては第二の故郷とも言っていい素晴らしい処。

元々は大阪セレッソと愛媛FCでも観る!?
というところから始まり、旧友や縁の場所巡りも兼ねてということになり。

SNT-044.jpg
我らが歌姫、水樹奈々さんも今や紅白歌手。
その効果もあってか地元企業(愛媛銀行)のキャンペーンキャラに。
スマホ口座に入るとクリアシートがもらえるらしいが、、、
第七章のエンディング、聴くだけであの、ああ、2199が終わってしまう!
のとてもとてもセンチメンタルな雰囲気を思い出し。

SNT-045.jpg
愛媛のキャラは他に みきゃんちゃん とかも居るが、
やはり今治市の バリィさん には誰も敵うまい。
ふんどしもとい腹巻が妖怪バリに可愛い。

SNT046.jpg
ちょうどこんなものが県立美術館で開催中。
販売コーナーには多くの作品とグッズがひしめいており、
それを見ただけで十分、展示会は鑑賞した気分となり中にははいらず。
=できれば我らが御舟もこれくらい、充実したグッズ展開をしてほしいもの

SNT-048.jpg
エレベーターにも居た。
このあたりは撮影禁止ではないようで。

SNT049.jpg
階段にも、、、
か、可愛い、、、

原画展よりはパンチがないので今回は入場せず。
(レイアウト展、らしい、、、絵コンテ祭かい!?)

作品としてはやはり ラピュタ が一番好きだが、 ナウシカ は別格。
あとは 千と千尋 と もののけ姫 が同格かな、、、
ついでと言ってはなんだが、 海がきこえる や 耳をすませば もいい。

別次元だと 紅の豚 と 風立ちぬ は趣味で好き。
コクリコ坂から と 思い出のマーニー もいいね~
あとは妖精のヤツ、、、←タイトルが失念

ナウシカの原作漫画、久しぶりに読んでみるか。
いろいろ想い馳せつつの二日間となりそうであり。

復活篇もこの地で初見だったのう~
次回はグルメ編を予定~
2016-04-17 [ Sun ]
勤続25周年ご褒美の旅行計画。
6月いっぱいで実施したく長崎遠征を考えて。

ちゃんぽんを喰い、佐世保バーガーを喰い、
トルコライスを喰い、皿うどんを喰い、、、と目論んではいたが。
(喰いもんばっかりかい!)

今回の地震で断念。
行先を変え再検討しており。
まあ、狭い日本どこへいっても今の時期いろいろあるだろう。

さあ、支援を考えないと。
明日は我が身、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
YGD-064.jpg
ちょっとなの知れた土産屋らしく。
ベストスリーに我らが御船がランクイン。
是非ともいつかいってみたいものであり。
2016-03-08 [ Tue ]
日曜は久しぶりの早朝出勤ローテーション。
十月以来、キツイ物件がやってきてこなしているうち、
いつしか交代でやっていた日曜仕事はある同僚に任せっぱなしに。

それもようやく先月下旬あたりから落ち着き、
別の同僚とシェアできるようになりお蔭で日曜も元の交代制にというわけ。
食後は近くの百貨店で開催中の福井フェアに突撃。

SNT-027.jpg

地元名物というソースかつ丼。
ミンチとエビ、とんかつの三種類が盛られたスペシャル丼。
甘いソースが特徴、旨い!美味い!ウマイ!

カツ丼といえば時節柄縁起担ぎ。
ヤマト乗組員も、縁起かついでカツ丼を喰ったのだろうか。
オムシスでカツ丼のメニューはあったのだろうか。

太田、藪、遠山あたりがガツガツ喰って、
そして臨んだ冥王星攻略作戦とか。

必ず勝つ、
カツと誓って挑む戦もあり。
しかしその時、冥王星大艦隊はなぜ出てこなかった!?
2015-11-02 [ Mon ]

ついに二軒メを見つけた。
市内のとある場所で二十年前からの名物店。
会社の事務所が移転した今となってはそこにはあまり。

で、探し求めて幾年月。
(いや、そんな真剣に探してマセンが)
同じ市内だが別の場所にまた新たな名物店を発見。

やはり関西、薄味のだし汁、昆布、一切れのレモン。
熱く白くふるえる豆腐に香り立つ雲のような湿気ある湯気。
うまーい!!

店は静か、客層も良く、何しろ店の大将以下スタッフが素晴らしい。
また来ると 誓って去るも 引かれる気持ちと無き後ろ髪
お粗末、、、
» READ MORE...

 | HOME |  »

2017-04

◆ようおこし♪

ようこそ!過去・現在・未来が繋がる永遠の宇宙伝説…


…愛と浪漫・知恵と勇気・夢と希望の物語「宇宙戦艦ヤマト」との日々を綴ります。(時々、勝手気ままに寄り道)

◆プロフィール

勘助

Author:勘助
■性別:男性
■年齢:四十路
■職業:会社員

◆カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

◆航続距離(光年)

◆拙画廊

◆波動コアキー

QR

◆航海アーカイブ

◆メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆検索フォーム

◆エネルギー充填

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1099位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
508位
アクセスランキングを見る>>